切り替え ~大槻先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2017年 10月 25日 切り替え ~大槻先生~

★昨日のブロガーからの質問

大槻先生は学校行事が盛んな高校出身ですよね。両立やメンタル面での切り替えなどどういった形で行っていましたか?

おはようこんにちこんばんは!ついに僕の出番がやって来ましたね。大槻です。今日は、夏休みに受けた社会人としての基礎力を試すテストの結果が返ってくるので、少しドキドキしています(笑)

では、昨日のブロガー秋山先生からの質問に答えていきたいと思います!この時期の皆さんにとって大事なお話もあるので、ぜひ最後までご覧ください!

 

僕の出身高校は、県立多摩高等学校というところで、質実剛健・自重自恃を校訓としている学校です。「文武両道」を目指す教育が行われている高校でした。また秋山先生の言う通り、学校行事がとても盛んな学校でもあります!

上の図は、三年時の主な学校行事のスケジュールとなっています。冬の直前まで行事がたくさんありますね。

 

特に力を入れていたのが、9月に行われる文化祭・体育祭です!第1.2週目の土日を使って行われるので、夏前から本格的な準備が行われます。(ちなみに、細かい準備などの動き出しは、一年前の今の時期から始まっていますよ。)

↑↑こんな感じで全力で楽しみました!笑

受験の天王山と称される夏。ただただ行事に打ち込んでいたわけではありません。準備のために学校に行き、合間を縫って東進に来て勉強したり、1日の時間の使い方を意識して勉強に取り組んでいました!

 

とは言っても、やはり校舎に来れない日もでてきてしまいます。そんなときは、高速マスター&センター試験の過去問演習を毎日かかさずやるということを条件に、思い切って家に直行!!たまには勉強場所を変え、新鮮な気持ちで勉強が出来る!と、割り切って勉強していました。

そして、行事が終わった時に襲われる、燃え尽き症候群を脱するために僕が取った行動は、黒染めでした。(笑)

行事の時に起きた変化を元に戻すことで、ずるずる引きずらずに、気持ちを切り替えることが出来ました。

 

まとめると…

一日の時間の使い方を意識すること

②ある程度は割り切ってしまうこと

行事感を残さないこと

ポイントはこの三つです!!

加えて、高校三年生は行事も忙しく最後の高校生活となってしまうので、早くから勉強しておくことが重要になってきます。自分自身、この東進ハイスクールに入学したのは、高2の8月でした。武蔵小杉校では現在冬期特別招待講習を実施中です!!お問い合わせは、下記のバナーをタップ!!

 

★明日のブロガーへの質問
仁科先生は千葉大学とのことで、毎日遠くまで通っていますよね。第一志望を地方の大学に決めた理由を教えてください!
 
 
ためになる答えが返ってきそうですね!!
 
 
 早稲田大学教育学部英語英文学科2年 大槻 陸