有限実行~秋山先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2018年 1月 17日 有限実行~秋山先生~

 
おはにちこんばんは!
担任助手最年少(誕生日が最後なんですびっくり)、秋山です。
 
ここ数日メンタル面でのお話が続いていたので、今日は具体的なお話をしたいと思います。
 
テーマはズバリ「計画」です。
 
受験生はセンターも終了し、いよいよ私立受験の人はもうすぐ本番が始まりますね。国公立の皆さんもあと1か月ちょい。
 
時間はどんどん限られていきますよね、、!そこで大事なのが勉強における「計画性」。
今日は計画(主に過去問演習)を立てるのが苦手な人に向けて、計画を立てる際の手順を説明します。
低学年の皆さんも来年・再来年に役立てて頂きたいと思います。
 
__________
 
手順は①と②だけ。カンタン!
①徹底的にやるべき過去問と向き合う
第一志望校の併願から滑り止めまで、何年分を何回やればいいのかリストアップしましょう。
そして、その過去問の難易度・所要時間を元に分類分けしてください。
 
 
 
 
②手帳・カレンダーに書いていく
月曜に1群2つと3群一つ、火曜に1群一つと2群二つのように、時間のかかる難しい過去問と簡単な過去問を組み合わせましょう。
滑り止めの過去問ばかりやって気が緩んだり、難関校のものを連続してといてキャパオーバーになるのを防ぐことができます。
実際に過去問を解いたら斜線で消すなり、やったとわかる痕跡を残すように
 
 
__________
 
 
私は受験生時代、このように事前に計画を立てて物事を遂行するようにしていました。
 
直前期になればなる程時間がないことに焦り、このような作業をおろそかにしがちですよね。
しかし!直前期こそ計画を入念に立てて、実行することが大切なのです。
皆に与えられている時間は限られています、有限です。
限られた時間を有効に使うためには、ただがむしゃらに勉強するのではなくある程度作戦を立てて行うことが必要とされます。
そして計画を立て、実行したことは紙などに残しておくようにしましょう。
自分が何をやってきたかきちんと把握できている人は本番に強いです。
 
最後の最後まで、一緒に頑張り抜きましょう!!
 
★最後にこばなし★
 
~こんな授業を受けてます。~
私は大学で、「俳諧」を書く授業を取っていました (「俳諧」は和歌だとか川柳とかのことです)。
教授が季語の入れ方や韻の踏み方等を教えてくれ、それを元に和歌等を書いて毎時間提出していきます。
そして授業の最初には先週集めた俳諧の中で面白いものをいくつか紹介してくれるのです。意外と、型にとらわれない面白いものが沢山あります!
日本文学科だからって本読んでばっかなわけじゃないんですよ~(^^)
 
 

今日の開閉館時間

8:30~21:45

法政大学文学部日本文学科1年 秋山奈菜子