理系こそ国語を気にしよう!! ~近藤先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2017年 12月 24日 理系こそ国語を気にしよう!! ~近藤先生~

こんにちは!近藤です。

冬至(12/22)も過ぎてこれからは春に向けて昼が長くなるそうですが未だに寒いですね。

風邪を引かないように気を付けていきましょう!!

さて、本題です。

今回はどちらかというと理系向けの話になっているかもしれません。

先週の日曜日にセンター本番レベル模試がありましたが、皆さん結果はどうだったでしょうか?

東進生はそれぞれ担当の担任助手と模試後面談を行った人もいると思います。

その中でも今回自分が注目したいのは国語の点数です。

特に高2生で理系の皆さんなど、「どうせ勉強したところで点数につながらないし」「二次試験でも使う理数系科目の方が大事だし」などという理由で国語の点数をかなりおろそかにしがちだと思います。

 

しかし、それで本当にいいのでしょうか?

 


ここにあるのはとある国立大学のセンター試験の圧縮後の点数配分です。

実はこのようにセンター試験の国語の配分が少し多めになることが多々あります。

そして「自分は理系だから・・・」などと言いながら国語を無視しているとせっかく理系科目でいい点数が取れても高3のセンター直前になって文系科目点数が全く取れない。

もしくは、センター直前に詰め込むから大丈夫だと思っていても実際に12月半ばになってみると、理数系などの抜けている個所をやり直していたりするとそこまで多くの時間的な余裕がなく、意外と国語さらには社会などに回せる時間は多くなかったりします。

こうなると焦ってしまう人が多くいます。

 このようなことが起こらないためにも、さらには、1点でも多くセンター試験で点を取って合格に対する確率を少しでも上げるためにも、国語を少しづつ勉強してみてほしいと思います。

 

 

★最後にこばなし
受験前に病気にかからないように本当に気を付けてほしい!!
少し前のブログにも書きましたが他の受験生に移すとか以前に
・集中力が落ちる
・そもそも勉強で切るような状態でなくなる
・絶望感がすごい(メンタル的に負ける)
などほんとにいいことないです。
体調管理だけは気を付けて!!
もし体調が少しでも悪いと感じたら、悪化しないように無理しすぎないようにして体調が戻るように全力を尽くして。

 

★明日の開閉館時間

8:30~21:45

 

北里大学獣医学部 1年 近藤和音