計画的に頑張るってどういうこと?~池内亜美先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2018年 1月 21日 計画的に頑張るってどういうこと?~池内亜美先生~

みなさん、おはにちこんばんは!
池内です。
寒いですね。今週大学のテスト期間でしたが、そのテスト期間にインフルエンザにかかってしまった友達がいました・・・流行ってきていますね。
予防には細心の注意を払いましょう。また、少しでも体調悪い場合は、無理しないこと!

 

ところで高012年生のみなさん、
みなさんが「今一番頑張っていること」は何ですか?

勉強?部活?習い事?趣味?

 

私の場合は、ずばり、部活でした。

私は中高6年間、陸上部中距離(800,1500m走専門)をやっていました。
この時期は試合がないため、練習は、寒空の中ひたすら体力強化。
走りこみとサーキットトレーニングの繰り返し。

一日の練習メニューはこんな感じ・・・


【AM】
アップ(1200jogging)
ストレッチ&体幹トレーニング
サーキット10周(総距離約6000m)
100×5(体を温めるためのやつ)
3000m走
ダウン(800jogging)
体幹トレーニング
ストレッチ

【PM】
アップ(1200jogging)
ストレッチ
100×5(体を温めるためのやつ)
300m×5本×3set
ダウン(800jogging)
体幹トレーニング
ストレッチ

 

とてもきつかったです。
よくやってたなぁ・・・今はもう出来ない、絶対。

それでも乗り越えられたのは、その過酷なトレーニングを乗り越えた時の達成感と、

「来シーズンベストタイムをたたき出すぞ」という気持ちが大きな要因でした。

 

部活に限らず
①小さなゴール

②長期的な目標

この両方があると、どんな目標も達成しやすいと思います。

どういうことでしょう?個人的な意見ですが説明します。

 

まず1つ目。
『①小さなゴール』がないと、
地道な訓練をしている時や、自分の思うように結果が出ない時、やりきれない気持ちになってしまいます。今、頑張っていることの成果がすぐに出ないのは仕方のないこと。
それでも何か達成感を得るためには、1つのタスクをこなすのにも、その中で小さいゴールを決めて、「今日はこれを達成出来た!」と自分を褒める事が出来るポイントがあるといいですね。

 

2つ目。
逆に『②長期的な目標』がないと、
今やっている努力の成果が発揮されるビジョンが見えていないるので、「今日はちょっと疲れたな、頑張れないな」という時、つい、怠けてしまう場合もあるのではないでしょうか。

必ず達成してみせる!という大きな目標があると、少しきついくらいでは諦めることはなくなると思います。

 

具体的に大学受験に置き換えるなら、
「将来〇〇になるぞ!」「〇〇大学に絶対合格するぞ!」

     ↓

「受験に合格するために、8月までに模試で△点とろう」

     ↓

「8月までに△点とるために、英語の基礎は3月中に完成させよう」

     ↓

「3月までに基礎を完成させるためには、1日当たり最低◇◇個単語を覚えよう」

といった具合でしょうか。

 

いわゆる逆算ですね。長期的なものから小さなゴールまで、段階的に計画を立てていきましょう。

多少時間がかかってでも、これをやることには大きな意味があります。

 

計画・目標を考えていく上で、不安点や悩む点があったら、いつでもスタッフに相談してくださいね♪

 

★最後にこばなし★

~3年前(高校2年生)の自分へ~

部活も、習い事(ピアノやってました)も、勉強も、と欲張って頑張っていた時期ですね。

疲れているのは分かりますが、机で寝落ちするのはよくないので、なるべく布団で寝てください。(笑)

でも、なんとかそのまま、貪欲にいてください。きつい時も踏ん張ってください。この時培った体力と粘り強さが、大学受験でも大学生になった今でも、自分の強み・自信になっています!
頑張れぃ!!!

 

東京外国語大学 言語文化学部2年 池内亜美