量×質の最大化~田中先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2018年 2月 19日 量×質の最大化~田中先生~

こんにちは、立教大学の田中峻介です。

最近花粉が多く飛んでいますね。早めに対処して辛くないようにしたいですね。

 

先日は模試ということで、僕なりの計画立ての方法を話したいと思います。参考になれば幸いです。 今回は、1日の計画立てのやり方ですが、これは1日の勉強時間を最大化するためのものであり、前提として、受験終わりまでの長期計画(東進生で言えば、前回の池内先生の勝利の方程式)を決めて、毎回の模試後に次回の模試までの中期計画立てを立てていることです。なぜならば、これからやっていく計画の空白には中期計画で立てた勉強が入ってくるからです。

計画を立てた時に「こんなに出来る時間が…間に合いますかね!?」なんて聞いてくる人がいます。自分がこのレベルまで勉強しないと第一志望に受からないと考えたならば、「出来る出来ないなんて考えないで、そこまでやらなきゃ受からないだから、やるしかないんです。間に合わせるんです。」そのために量と質が重要になってくるのです。そのための計画です。

 

では、やっていきましょう。 今回は平日部活生verです。

まずは寝る時間から決めましょう。

↓24時:就寝

6時間は寝れば人間の頭は働くのですが、6時間半寝るとしましょう。

↓ 6時30:起床

↓ 8時30分~16時:学校

↓ 16時~19時:部活

↓ 19時40分:校舎到着

↓{2時間:ここで自分で決めたものをやる。

↓ 21時40分:帰宅

↓ 22時:家到着

↓ 22時~23時:風呂&晩飯

↓ 23時:勉強開始

↓{1時間:ここで決めたものをやる。寝る前は暗記科目がオススメ!

↓24時:就寝

的な感じで自分の手帳を買って、1週間おきに計画を立てると勉強するときに無駄な時間が減りますよ!!

しっかり計画を立てていれば、部活生でも1日3時間は勉強できます。電車の時間に単語をやったり。授業の隙間時間や休み時間を活用すれば1日4時間程度は勉強できる計算になります。

部活もやりたい、勉強もやりたいと考えた時に何かを捨てない限り(ゲームやテレビの時間)、すべてを達成することは難しいと私は受験本気になって気づきました。だってドラマやアニメってレンタルであとから見られるじゃん!?ゲームも後からできるじゃん!?なにも捨てたくないなら早く受験勉強を始めてしまうしかないんですね。私は感じました。

いまからでも遅くない!計画性人間になりましょう!

 

{高校生の自分に伝えたいこと}

やっぱり受験勉強の早期開始ですかね。。。

部活が平日は20時まで、休日は9時から19時まで練習があったかなり厳しい部活でしたが、自分は部活がきついからできないと最初から決めつけてしまっていて、時間を切り詰める努力をしていなかった自分がいたことに受験勉強本気になって気づきました。

基礎基本だけでもいいから1,2年生のうちに勉強しておけと言いたいですね。

 

★明日の開閉館時間★

8:30~21:45

立教大学理学部 1年 田中峻介