鶏が鳴く前に。~黒田先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2018年 3月 21日 鶏が鳴く前に。~黒田先生~

こんにちは!好きなアイドルの卒業ラッシュに心が痛いです、黒田です!

春は出会いと別れの季節。大学にも新しい一年生が入ってくるのが楽しみですが、先輩方の卒業が寂しかったり…。

一年間苦楽を共にした受験生たちが去っていった校舎も、とても感慨深いものです。

何だか人生の縮図みたいですね。

 

さてさて、もう春休みも中盤に差し掛かった頃でしょうか。

何かと忙しい時期だったりもしますが、勉強の調子はいかがでしょうか。

この頃になるとさすがに「勉強しなきゃ!」「志望校に受かりたい!」と思う方は多いですよね。

皆さんもそのはずです。

 

では、皆さんのなかで朝からしっかり勉強できている方はどのくらいいるでしょうか。

もちろん、自信を持ってうなずける方もいるでしょう。

校舎でも開館と同時に来校して勉強している方もいますね。

朝を活用できる方は一日が長く使えるため、時間の使い方が上手いとも言われています。

でも、「うっ…!」と心当たりがある方もいるのではないでしょうか。

そんな方々、「いきなり早起きはちょっと…。」「だんだん勉強時間を増やしていけばいいかな…。」などと思ってしまっていませんか??

いまいち気持ちが本気になりきれない、これからの自分に期待したい、そんな場合もありますね。

でも、これらは全て甘えです。

受験生には一瞬の妥協も許されません。

ここでいう「受験生」というのは、新しく高校3年生になる方々だけではなく、大学受験を目指している方全員のことです。

 

「受験にはフライングもスピード違反もない」とはよく言いますが、本当にその通りなのです。

早く受験に勉強に本気になれた人の方が合格への可能性は広がるし、逆に本気になるのが遅ければ遅いほど合格は遠のきます。

ましてや、今は学年が上がる直前のタイミングです。全国の多くの受験生たちが勉強に本腰を入れ始めます。

ここで後れを取ってしまったら、いつ取り返しますか?そんなタイミングはもう残っていないと考えてください。

GWや夏休みから追いつこうとしても、周りの皆も同じくらいもしくはそれ以上頑張るので、いつまで経っても差は平行線のままです。

 

いろいろ書きましたが、第一志望校に合格したくない方なんていないはず。

大事なのはきっかけではなく、タイミングです。

気持ちは後からいくらでも付いてきます。

まずは朝登校から始めてみませんか?

★明日の開閉館時間

8:30~21:45

 

法政大学 社会学部 社会学科

担任助手一年 黒田英里馨