地歴千題テスト虎の巻~黒田先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2017年 12月 5日 地歴千題テスト虎の巻~黒田先生~

こんにちは!そろそろ来年度からの大学での専攻やゼミを決める時期になってきて、色々と悩んでいる黒田です。
 
やりたいことが決まっているとはいえ、いざ決定させるとなると迷いが生じますよね…。
 
皆さんも出願校などについて本格的に考える時期になったと思いますが、悩むことは決して悪いことではありません。
 
でも、一度決めたからには最後までその答えに責任を持つ覚悟が必要です。
 
中途半端な覚悟では何も成し遂げることはできません。
 
だから、皆さんも沢山悩んで納得のいく答えを出してくださいね。
 
人生、決断と覚悟の連続です。
 
 
さてさて、今週末には受験生対象の地歴千題テストがやって来ますね。
 
私は日本史選択でしたので、去年のこの時期に受けました!
 
皆さんご存知の通り、この地歴千題テストは、ほとんどが記述問題…国立二次・私大対策をやっているとはいえ、不安な人も少なくないのではないでしょうか。
 
私は私立文系志望でしたので受験科目は英語・国語・日本史の3科目だったのですが、とにかく日本史が苦手でした…。
 
 そのため、テスト開始前に貼り出される自分の目標点の目安(自分の志望校に合格した先輩方の平均点)を見て、「私はこんなに取れないな…」と早くも落ち込んだ記憶があります。
 
でも、心配はいりません。
 
実際に千題テストを、そして大学受験を終えた今となっては、「千題テスト当日に目標点を取る」ことよりも、「どうやってセンター試験までに苦手分野を克服するか」が大事だと思います。
 
だから、このテストに対してネガティブなイメージを持たずに堂々と受験して、テスト後の復習に力を入れるようにしましょう!
 
そんなわけで、一足先に私なりの地歴千題テストの復習方法についてお伝えしようと思います。
 
 
①間違えたところに印をつけておく。
 
まず、テストの答え合わせと採点が終わった後に、問題冊子を開き、完全に分からなかったところには☆をつけ、「正解だったけど、答えに自信がなかった…」もしくは「答えは分かったけど漢字を間違えた…」というところは△をつけました!
 
これで、自分の苦手分野を洗い出すことが出来ます。
 
(何度も解き直すうちに、完全に理解できるようになった問題からは印を消し、逆に何度も間違える問題にはさらに濃く印をつけるようにしました。)
 
 
②暗記ペンで答えを書き込む。
 
 ①で印をつけた問題だけではなく、全ての問題の答えを暗記ペンで書き込み、復習&解き直しの際に回答と照らし合わせる手間を省かせました。
 
何より、地歴科目は「書いて」覚えることが大事だと思うので、この作業が実は点数を伸ばすカギだったりします。
 
ちなみに難解な漢字が登場した場合は、別の開いているスペースに(同じく暗記ペンで)大きめに書いておくといいですよ!
 
 
③文にマーカーを引く。
 
1000題って量が多いように見えて、実は日本史で扱われる単語の一部しか取り上げられていないんですよね。
 
そのため、問題にはなっていない、文中に登場する単語や文章重要です。
 
私は文中に登場する人物名をピンク地名を黄緑政策や出来事を水色のマーカーで目立つようにして、復習の際に必ず目を通すようにしました。
 
 
このようにしたテキストを何周も解き、読み込んでいました!
 
千題テストは基本的に単語で答える問題が多いですが、問題に使われている文章は日本史の流れが分かりやすく書かれているので、しっかり読み込むようにするのがオススメです!!
 
以上が私が実際にやった地歴千題テストの復習方法です。
 
これで、私は直後に会った12月模試で苦手だった日本史を20点以上上げることが出来ました。
 
 
最後にアドバイスですが、千題テストに向けて特別な勉強はしない方がいいいます。
 
千題テストはあくまで自分の今の実力、そして弱点を知るためのテスト
 
その場しのぎで高得点を取っても何もメリットはありません。
 
先程も書きましたが、大事なのは千題テスト当日の点数ではなく、テスト後にどれだけ地歴科目の実力を上げられたかどうか、です!
 
以上を踏まえての皆さんの健闘を応援しています!!
 
 
2018年 大学入試センター試験まで あと 38日
 
 
★最後にこばなし
 
~こんな授業受けてます。~
 
「大学では自分の学部に関することしか学べないの?」と思う人がいると思いますが、実はそんなことはありません。
 
自分の学部の授業のなかに教養科目として別の分野の内容のものがあったり、同じ大学の生徒なら誰でも受けることができる他学部の授業があったりします。
 
例えば、私が今学期に受けている「自然科学特講(地学)」という授業では、GPSを頼りにキャンパス内を歩き回って、その道のりを記録して地図を作ったり標高図を頼りに山を3Dで再現してみたり広くて立体感があるという多摩キャンパスの特性を活かして地学について学べます。
 
また、「プログラミング入門」という授業では、プログラミングを使って絵を描いたり、マウスを追いかける円のプログラムを作ったりと、とても楽しいです。(コードを組み立てるのには苦労していますが…。)
 
大学の授業は、座学だけではなく実践型の授業も多いので、高校までの知識をより深めたり、未知の分野を一から新しく学ぶこともできますよ。
 
皆さんも大学の授業を是非楽しみにしててくださいね!
 
 
法政大学社会学部 一年 黒田英里馨
 
 
★明日の開閉館時間
 
11:30~21:45