『How to study?~自分に合った勉強方法探しの旅~』vol.12 | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2013年 6月 9日 『How to study?~自分に合った勉強方法探しの旅~』vol.12

こんにちは!

担任助手2年の池内みなみです!

だんだん暑くなってきましたが、風があるので今が心地よい気候ですね★

 

今日私が紹介する勉強法は歴史科目の勉強法です!

今日は私が受講していたスタンダード世界史の講座を例にとって説明して行きたいと思います。

 

①受講

予習が必要かどうかは講座によるので、先生の指示に従って下さいね!

受講する際には、必ず資料集をテキストの傍らにおくこと!

荒巻先生は口すっぱく言いますが、授業で出てきた都市、地名を地図上でその都度確認するのはとても重要です!

なので時には、一時停止したりして確認しながらやっていると、気づいたら受講に2時間を要することも…。

 

②授業直後の復習

これがとっても大事!歴史科目の講座は1コマの情報量がとても多いので、受講直後に暗記事項を整理しつつインプットすることが必要です。

ここで私がみなさんに強調したいのは、

講座の進み方と同じ構成の問題集をみつけること!

たとえばスタンダード世界史なら、各国・地域ごとに古代から現代史まで一気に進みます。1講目はインド史、2講目はアフリカ史…というイレギュラーな構成!

なので、私は本屋で各国別に構成された問題集を見つけて、それを受講後に必ず解いていました。

たとえば今日1講目のインド史を受講したら、その日のうちに問題集のインド史の部分を解く、といった感じで!

問題集の種類としては、入試問題の過去問やテスト形式のものよりも、穴埋め式のものが良いと思います。

 

この授業直後の復習で、目的としているのはずばりインプット

 

そこで問題集をただ解くだけではなく、頭に入れるために、

同じ部分を2~3回解いてみる!

(このとき直接問題集に書き込まないで、裏紙などにやるのがいいです!何度でもできるように!)

 

1回目 → 受講直後で初めて知識に触れた状態で解く → 5~6割くらいしかできない

2回目 → 1回目に解いて間違えたところ、埋められなかった所を赤ペンで埋めてから解く → ほぼ8~9割埋まる!

3回め → 2回目同様、出来なかった部分を埋める・直す → 10割に少しずつ近づく!

 

たいてい3回やればほぼ10割埋まるようになると思います!

 

私はこの方法で、同日で50点未満だった世界史が4月のセンター模試で75点に!

なので試してみる価値ありだと思いますよ~~

 

復習にここまで時間を裂けないよ~という人もいると思いますが、自分なりにアレンジしてやってみてください★

 

担任助手2年 池内みなみ

 

体験授業申込はこちら↓

資料請求はこちら↓

Web体験授業はこちら↓