『How to study?~自分に合った勉強方法探しの旅~』vol.18 | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2013年 6月 15日 『How to study?~自分に合った勉強方法探しの旅~』vol.18

みなさんこんにちは!担任助手3年生の太田です。

明日はセンター試験本番レベル模試ですね!

4月悔しい思いをした人はその悔しさを明日の模試にぶつけてください!!また明日の模試で自分の成長した所や課題点をしっかり見つけて夏休みに向けていいスタートを切りましょう!!

さて夏休みまであと1ヶ月ちょっととなりました。そこで今回は夏の勉強法を伝授しようと思います。

まず夏休み毎日やってほしいことは基礎!!!!

基礎の勉強はしっかりと取ること。例えば、高速マスターの単語・熟語・文法の定期点検を毎日実施するとかしてとにかく毎日基礎の勉強をして下さい。(最低でも1時間)

東進生のみなさんならわかると思うのですが9月になったら過去問演習に入ります。基礎がしっかりとできているかいないかで問題演習の質も大きく変わってきます。そのため夏休みは基礎の勉強を集中して取り組めるラストチャンスなのです!!

高速マスターの文法まで終わっていない人は夏までには必ず終わらせましょう!基礎が固まっていると思っている人も1時間とかでもいいので自分はしっかりと基礎ができているか確認する時間を取りましょう!

この夏休みの基礎の固まり具合で秋以降の伸び変わってきますよ~

そして夏休みは40日間という長丁場です。計画を立てるのも一苦労だと思います(汗)

そこでオススメするのが毎日なるべく同じことをすることです。

どういうことかというと寝る前にお風呂に入ることや歯磨きをするのと同じように自分のルーティンワークを作ることです。

僕が現役の頃の勉強スケジュールは午前中に受講とその復習をやる。お昼休みを挟んで午後から夕方までは問題演習(センター過去問演習講座とか自分の持っている問題集等)、夕方は単語会に出席した後に基礎の勉強(自分の場合だと、高速マスターの復習、日本史の1問1答の頻出用語の暗記等)という感じで夏休みの間は勉強していました。

毎日同じ事をやることによって余計なことは考えずにいまやっている勉強に全力で取り組めるのでオススメです!

勉強法というのは人それぞれ違います。自分に合う勉強法もあれば、合わない勉強法もあります。色々な勉強法をこのブログでも紹介して来ました。その中から色々な担任助手の勉強法を参考にしてみて自分のオリジナルの勉強法で夏休み乗り越えて下さい!

そして明日の模試全力で臨んで下さい!!

担任助手 太田海一朗

 

体験授業申込はこちら↓

資料請求はこちら↓

Web体験授業はこちら↓