『How to study?~自分に合った勉強方法探しの旅~』vol.7 | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2013年 6月 3日 『How to study?~自分に合った勉強方法探しの旅~』vol.7

こんにちは! 梅雨の季節ですね~

 僕は最近湿気の影響で朝起きると髪が素敵なことになってます(笑)

 鏡の前で格闘する日々・・・

はい!雑談はここまでにして、今回の担当は佐々木智章です!

僕からは苦手としてる方が多いであろう英語長文の速読の勉強法を紹介しちゃいます

 

皆さんが苦手とする原因は主に3パターンであると分析します

・速く読もうとすると頭に入ってこない

・単語や熟語、文法がわからない

・読んでいるうちに飽きてしまう

どれかに当てはまりませんか?

英語という科目は日々の積み重ねが顕著に現れる科目です

ある日起きたら突然読解のスピードがあがることはありません

長いスパンで捉えてください

僕も初めから英語が得意だったわけではありません

特に2年次はセンターの大問5と6は諦めてました  (オイ!)

そこで毎日続けたことは

①長い文でなくていいから毎日英文を読む

②音読を続ける

③高速マスターを見直す

④センター英語はテクニックを覚えて練習する

って感じですね

解説しましょう

 

英文を読むには感覚が必要です

例えば野球選手が1か月練習をサボったら体の感覚を忘れますよね

それと同じで英語もしばらく読んでいないと読む感覚を忘れてしまい、以前のように読めなくなってしまいます

ですので、速読英文の本を使ったり学校の教科書を読んだりして少しでもいいので毎日英文に触れることをオススメします

 

音読についてですが、これも有効な方法です。自分で声に出して音読ができる文は普通に読んでもすらすら読めますよね

とにかく音読。10回じゃ足りません。20回30回音読。 (笑)

 

高速マスターは習得はもちろんですが、やり方も重要です

例えば意味が0.5秒で分かる単語と、10秒くらいかかる単語では定着度が違いますよね

後者は画面上では正解ですが長文で出てきたときは大きなロスになります

なので僕は高速マスターを完全習得した後にもう一度見直すときは一瞬で意味が出てこなかった単語は「分からない単語」として扱い、未習得にしました

同じ要領で熟語も定着するまで取り組んだ結果、読むスピードは格段に上がりました  (いいと思った人は試してみてね!)

単語、熟語、文法の目標は「習得」ではなく「定着」です

放っておくとすぐに抜けてしまうので、定期的に見直しましょう!

※1日1ステージでもOK!

 

センターのテクニックについては様々な方法を聞くと思うので自分に合ったものを取捨選択してください

僕からアドバイスをするとすれば

・大問ごとに細かく制限時間を設定する(大問5,6どちらも15分以内が理想)

・設問と関係のない無駄な部分は集中して読まない

・設問を先に読んでおく

こんな感じですね

 

少々長くなりましたが、いかがだったでしょうか?

最初にも言いましたが速読力はすぐに身に付くものではありません

しかし、粘り強く続ければ成果は出るはずです

頑張っていきましょう!

また、質問があればすぐに来てください!

 

担任助手1年 佐々木智章