この時期に大事にしてほしいこと~中島先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2016年 1月 24日 この時期に大事にしてほしいこと~中島先生~

最近とても気温の変化が激しいですね、みなさんは風邪などひいていないでしょうか?

こんにちは、担任助手の中島です!

今日は東大模試に難関大・有名大模試と校舎の雰囲気も一段と緊張感漂う感じになっています!新学年を迎える皆さんも来年の今頃は笑うことすら許されないくらいの緊張感を持っていることでしょう。

さて、この時期にみなさんに大事にしてほしいことということで、新学年を迎える皆さんと受験生の皆さんにわけてお話しします。

 

まず新学年のみなさん!

まだ受験まで少しだけ時間があります。しかしながら、受験生として大事な習慣を身に付けるには意外と時間は少ないです。

習慣をつけることはどんな人であれ、どうあがいても時間が必要だからです。余裕は決してないのです。

模試後の自己分析、軌道修正、これも数少ない機会です。習慣の実践と、その習慣がいかに結果に結びついているか、そしてそれに応じて修正を加える。これこそが合格への最短のルートです。

だから、みなさんには今から継続して何かを実践する、そしてそれを振り返る自己分析を特に大事にしてこれからの時間を過ごしてほしいです。

 

次、受験生のみなさん!

今日で最後の模試が終わります、あとは自分で勉強を進めるしかありません。しかしながら、これまでに積み重ねてきた努力、そして自己分析をもってすれば、これからどうやって志望校に合格するかなど見えていることでしょう。

勉強面はいいんです、ぜひ自分を信じて最後まで走り抜けてください!

しかし、体調管理はどうでしょう?ちゃんとできていますか?

体調管理は試験本番の配点ではゼロです。それゆえ、無理をしてでも詰め込んでいこうと夜中まで起きて、試験に向けてがんばっている人もいるかもしれません。しかしそれは実はあまり意味はないのです。

アメリカのペンシルバニア大学などの実験によると、1日6時間睡眠を2週間続けた人は、2日間徹夜で過ごした人と同じ程度しか頭が働かない、という結果が出ています。

「夜中まで頑張ったのに結果が出ない」そういった経験をした人もいると思います。夜中まで頑張っているから結果が出ないのです。睡眠も実はこういった理由から大事だといえるのです。

ましてや、風邪をひくなど論外です。みなさんの第一志望校は、必死に努力をし、貪欲に結果を求めてこそ合格できるところでしょう。ならば、風邪をひいても合格できるほど生易しいものではないはずです。

これだけ長く書きましたが、それほどに睡眠を含め、体調管理だけは徹底してほしいのです。

 

第一志望に合格して笑顔でみなさんと会えることを心から祈っています!それでは!

 

担任助手1年 中島 黎