ちょっと息抜きに、、、~川埜先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2020年 8月 4日 ちょっと息抜きに、、、~川埜先生~

こんにちは!川埜です!やっと長かった梅雨も明けましたね〜 今年も暑い夏が始まります、、

室内にいても水分補給!!忘れずに!

さて、今年の夏は旅行に行ったり、学校の海外研修に行ったり、帰省したり、、と色々考えていたのですが、、全て厳しそうです、。

悲しい!ですがこの状況がいつまで続くかな〜と見えない将来を不安に思うより、少しでも明るいことを考えましょう!!

ということで、楽しい話を。

 

 

最近はどこにもいけていないので、去年の今頃大学1年生の川埜が経験したことをお話しします。

(少々個人的なお話になります、ご了承ください笑)

 

去年の今頃わたしは海を渡り、、インドネシアに行っていました。学校の海外研修の一環で1週間行っていました。

現地の学校での交流や、歴史的建造物をみたり、博物館に行くことで日本との違いや歴史的な考え方を学ぶことができました。

そこで1番印象に残ったのが、【宗教】です。日本ではあまり宗教について触れられることがないですよね。

インドネシアの空港ホテルにはお祈りするスペースがあったり、まちにお祈りがスピーカーで流れてきたり、学校の生徒はヒジャブをつけていたり、いなかったり。

(ヒジャブとはイスラム教徒の女性の肌を覆う布)

宗教は生活に組み込まれていることを肌で感じました。

 

またインドネシアは宗教の多様性も両立していました。交流した学校の生徒たちはヒジャブをつけて長袖の服を着て完全に肌を覆う人もいれば、ヒジャブのみで半袖を着ている人、ヒジャブをつけないキリスト教徒の人もいました。

インドネシアにいき、宗教の重要性と、多様性を受け入れる寛容性を学びました。

 

今まで宗教にあまり興味がなかったのですが、去年の研修で宗教・海外の歴史・言語に興味を待つようになりました。

海外での短い経験でも「大きなものを得た」という、私の一年前の経験談です。

 

大学で学びたいものの分野の幅が広がり、さまざまものに興味を持ち学生のうちに多くのことを経験をしたいと思うようになりました。

 

今大学受験を目指して頑張っているそこのあなた!!

大学では多くのことを学べます。「学ぼう!」「学びたい!」と思っていたこと以外も知ることができ、興味の幅も広がります。

ちょっと疲れたら大学生になって、やりたいことや新しく興味を持ったことに没頭している将来の自分を想像してみるのもいいかもしれませんね☆彡

 
 
中央大学 総合政策学部 2年 川埜真希

★明日の開閉館時間★

8:00~20:30