ゲーム感覚~川内先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2020年 2月 21日 ゲーム感覚~川内先生~

どうも、こんにちは。担任助手2年の川内です。

突然ですが、皆さんはまってるゲームってありますか?

どうやら最近は小学生でもスマホを持ち歩くようで、スマホゲームがだいぶ流行ってるんですかね?僕が小学生の頃は、ガラケーですら持っている人が少なかっんですけどね・・・果たして今の小学生はガラケーという言葉を知っているのだろうか。。。

話を戻しましょう。そうそう、ハマってるゲームの話でした。こんな話題をふっといて申し訳ないのですが、僕はハマってるゲームがありません。というより、そもそもゲームにハマったことがほとんどない。スマホゲームは、インストールして5分でアンインストールするほどです。決してゲームが嫌いなわけではないんです。小学生の頃は、みんなと同じようにDSを持っていたし、うちにはWiiだってあります。古いですかね。。。

僕がゲームにハマらない理由は、単純に飽きてしまうからです。そして、飽きるまでのスピードが異常に早い。なんせ5分でアプリが消えるんですから。

それでも、さすがに僕だってゲームを全くやってなかったわけではありません。RPGゲームの一つや二つぐらいやったことあります。

(どれも、最後までクリアした覚えはありませんが)

特にスマホのRPGゲームは、何回かトライしようとしましたが、ソッコーで飽きました。最初の弱い状態から強く育てていって、最後にラスボスを倒すのがだいご味だと思うんですけど、もう最初の弱い状態で飽きる。どうやら、僕は強くなるまで待てないというゲームには向いていない性格のようです。

 

はい、ここまで読んだ皆さんお疲れ様でした。おそらく興味もないであろう僕のゲーム事情に付き合ってくれてありがとうございます。しかも、ここまで話しておいてハマってるゲームの一つも上げられない始末。

じゃあ、なんでこんな話をしたかって?

それは、こんな僕でも唯一最後までクリアできたRPGゲームがあるからです。

ここで教えるのはもったいないような気もしますが、ここまで読んでくれたお礼に紹介しましょう。

それは、

 

受験勉強です。

 

はい、画面上とはいえ、大すべりした感覚が伝わってきます。もしかしたら、ドン引きしすぎて寒気を覚えた人もいるかもしれません。

でも、ちょっとだけ待って!お願いだからこの画面を消さないで!!!ここから先は、多分ためになる話なので!!

 

僕は受験生として勉強している時、ふと、受験勉強ってゲームっぽいなと感ました。よく、受験とは〇〇である。みたいな感じでたとえられますが、僕は「受験とはRPGゲームである」という風におもいました。

よくいうRPGゲームって、ほぼ何も持っていない状態から強い武器を手に入れ、自分自身をレベルアップして、敵を徐々に倒していき、最後ラスボスを倒すゲームですよね。

受験で言ったら、

主人公→自分

強い武器→知識

中ボス→模試、過去問

ラスボス→試験本番(特に第一志望) だとおもうんですよね。

 

強い武器の集め方は、東進で言ったら受講だと思いませんか?これから入試問題を倒すための武器を集める。そのために、たくさん受講してたくさんの知識と言う名の武器を手に入れますよね。そして、その武器を持って模試に挑みます。じゃあ自分のレベル上げってどうするの?といったら、受講で得た知識を演習と言う形で、レベル上げをしていきます。知識と言う武器が無ければ演習をすることはできないし、強い武器を持っててもそれを試す機会が無ければ宝の持ち腐れですよね。

 

そう考えたら、ますます受験ってゲームっぽいですよね!!勉強がきついと思ってる人も、ゲームだと思えば、もしかしたら楽しくなってくるかもしれません。楽しめたらもうこっちの勝ちです。ドンドン勉強してプレイ時間を伸ばして、自分のレベル上げをしていきましょう!このゲームのポイントは、レベルの上限が無い所です。誰よりも勉強して、このゲームをクリアしてください!

 

早稲田大学法学部 2年 川内優人

★明日の開閉館時間★

10:00~19:00