モチベーションについて~塚田先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 13日 モチベーションについて~塚田先生~

皆さんこんにちは、塚田です。今日は勉強のモチベーションについて書きたいと思います。皆さんはどんな時に「勉強しよう!」という気持ちになりますか? 例えば友達が猛勉強を始めたり、成績が上がったり、様々な理由で勉強へのモチベーションが高まりますよね。逆に成績が伸びなかったり、問題が解けなかったりするとモチベーションは下がりますね。僕自身も、特に低学年のうちは「部活で疲れたから」「友達と遊びたいから」とかいった理由で受講の予定を後回しにしていました…

そんな時は切り替えて、翌日にサボってしまった分まで勉強する事を心がけていました。また、週間予定の初めに気合いを入れて勉強することで後半はゆとりができて遊びも勉強も気持ちよくできました。そんな感じで、何日か集中して勉強する事でその前後にゆとりを生み、結果的に長期的に勉強モチベーションが低下する事を防げていたと思います。

 

さて、受験学年になって流石に勉強をサボる事は減りましたが、それでもモチベーションがない日(期間)はありました。そんな時はある程度簡単にできる勉強(受講など)を優先してやって潔く寝ていました。受験生のこれ以降の勉強は集中してやらないと意味が無いと思っています!単に勉強時間だけ長くても集中していなければ勉強の「質」はとても低く非効率的です。モチベーションが無いときは、好きなものでも食べて気分をリフレッシュして、集中して勉強できるようにしましょう!時には気分転換も大事ですよ。それでは~

 

東京大学2年 塚田遊磨

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45