併願校の選び方・その他~高橋先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2015年 10月 4日 併願校の選び方・その他~高橋先生~

みなさんこんにちは!

すっかり秋になりました。
秋はお腹がすきますね!
大学の学食に季節の食材を使ったメニューを提案したいなあと思っている高橋です。
栗が食べたいです。
最近色々な分野での学習意欲がわいてきて他学部の授業も受けています。
大学の授業は新しい発見ばかりで面白いです!
皆さんも1年後のビジョンを思い描きながら、ぜひ今の勉強を頑張ってください(^O^)

そして今日は2点ほどお伝えしたいことを書かせてもらおうと思います。

①なぜ一般受験をしたか
②併願校の選び方

まず、一般受験を選んだ経緯から話していきたいと思います。

知っている人もいると思いますが、私は大学附属の高校に通っていました。
指定校推薦や内部進学を選ぶ人が多いなかで一般受験をするのは楽な道ではありませんでした
一般受験を選んだ理由は色々あったのですがそのいくつかをあげると、

・自分の行きたい大学・学部は高校に指定校推薦がきていなかった
・今までの自分の受験の失敗の反省を生かして、もう一度頑張りたいと思った
と、いうような理由がありました。
結果からすると、100%満足のいくものにはなりませんでしたが、

自分をよく見つめ直し、成長する良い機会にもなったと思います。

次に、併願校の選び方についてです。
私は、第一志望は明確に決まっていたのですが、
第二志望以下が全然決まっていませんでした
しかし行きたい学部は明確であったので、

その学部がある大学、かつ自分がなじめそうな雰囲気のところを選びました。
オープンキャンパスに行けていないところは
パンフレットや学校案内など資料をみたり、HPをみたりしました

個人的に併願校選びで重視していたことは、
この大学に通って、自分は4年間学びたいことが学べるか
ということです。通いたいと思わない大学は選びませんでした。
だから、今実際に通っているのは第一志望ではありませんでしたが、冒頭にも述べたとおり、とても楽しく通って勉強できています。

あとは、レベルや日程などで細かい調整もしなければいけないので気をつけましょう。
私は自分の意思をもとに、親や担任の先生方と相談して決めました。
まずは候補として気になる大学は、
合格サポートシステム合格サポートシステムに登録しておきましょう!!

担任助手の通っている大学の様子など気になることがあったらいつでも聞きに来てくださいね!☆

 

 

 

 

 

 

 

 担任助手1年 高橋愛美

 

お問い合わせは東進ハイスクール武蔵小杉校まで!↓

フリーダイヤル

電話番号0120-165-104