受験校について~岩村先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2020年 11月 14日 受験校について~岩村先生~

こんにちは!もうすぐ19歳になってしまう岩村です!!(笑)

大人になるのは嬉しいような嬉しくないような、、でも17,18歳の高校生がキラキラしていて羨ましいのは確かなので皆さん高校生活を無駄の無いように過ごしてください!!!!

 

最近本格的に寒くなってきましたね~朝布団から出るのが辛くて仕方ない、、、私の大学の授業は未だにオンラインなので授業開始20分前くらいまでは布団に入っています。(笑)

コロナウイルスの流行もめちゃめちゃ怖いですが寒くなってきたのでみなさん風邪にも気をつけてくださいね。

私も手洗いうがいはもちろん、乾燥などにも気をつけてウイルス対策しています。インフルエンザの予防接種もつい1週間前くらいに行ってきました!!!

 

話は全く変わりますが、今回のブログでは担任助手の受験生時代の併願校についてお話したいと思います。受験生の皆さんは11月中に合格サポートシステムへの受験校の打ち込みをするように言われていると思うので是非参考にしてみてください!

今回のブログでは文系志望の深水先生、北原先生の受験校と受験校を選んだ際に気をつけたことについて聞いてきたのでそれを紹介します。学部単位では書かないので、どの学部を受けたのかなどが気になる人は是非それぞれの先生方に聞いてみてください!

深水先生

・慶應義塾大学

・早稲田大学

・上智大学

・立教大学

・青山学院大学

・法政大学

・明治学院大学

・國學院大学

・立教大学(センター利用型)

・明治学院大学(センター利用型)

・日本大学(センター利用型)

*気をつけたこと*

日程を見て3日連続入試は作らないようにした。

慶應が第一志望だったので早慶レベルは日程的に受けられる分は沢山受けた。

 

北原先生

・早稲田大学

・上智大学

・立教大学

・中央大学

・明治学院大学

・東京外国語大学

・立教大学(センター利用)

・中央大学(センター利用)

*気をつけたこと*

志望度の高い実力校などの試験日が来る前に1校は安全校を受けて入試の練習をしておく。

日程間隔はなるべく空ける。北原先生は2日連続以上は作らず、全ての試験が1日以上は空いていたそう。

 

 

このように武蔵小杉校の担任助手の先生方はそれぞれいろいろなことを考慮しながら受験校を決めています!もちろん連続受験の限度は人によってどこまでなら実力を発揮できるかというのが違うため一概には言えないので担任の先生などとも相談してみてください!受験校のことで困ったことや分からないことがあったら色々な先生に相談して意見を聞いてみることをおすすめします!!!

 

それでは合格サポートシステムへの打ち込みを忘れずに!!!!!

 

立教大学観光学部交流文化学科1年 岩村文

 

★明日の開閉館時間★
  10:00~19:00