受験生につたえたいこと~岩村先生~ | 東進ハイスクール 武蔵小杉校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2021年 11月 13日 受験生につたえたいこと~岩村先生~

皆さんこんにちは!

 

最近くしゃみが止まらない岩村です。

本当に最近は、朝起きても、歯を磨いても、ご飯を食べていても、お風呂に入っていてもくしゃみばかりしているのが悩みです。

家族にも「あんた風邪〜?やめてよほんとに。」と毎日言われていてとても悲しいです。(風邪ではありません)

季節の変わり目にくしゃみが出てしまうというものがあるらしいのですがそれかもしれないですね(笑)

私は風邪ではありませんが皆さんも寒くなってきたので風邪には気をつけてください!

 

前回までのブログで沢山の先生方が書いていますが、まずは私も、、皆さん全統お疲れ様でした!

他の先生方も言ってくださっていると思うので長々とは言いませんが、全統が終わってそろそろ1週間経つので復習が終わっていないという人は早急に済ませてくださいね。

 

受験生の皆さんは、全統が終わって、二次私大の過去問演習に戻った人が大半だと思います。

今回はそんな受験生の皆さんに伝えたいことがあります。

これは、つい昨日の私の受験生GMでも言ったことですが

「二次私大対策ができる時間は実はもう多くないんです。」

今回の全統に向けて、皆さん1週間程前から共通テスト対策へと勉強内容を切り替えたと思いますが、

 

12月12日(日)には最後の共通テスト本番レベル模試があります。

そして、1月15日(土)2022年の共通テスト本番です。

 

ということは、またその1〜2週間程前からは共通テストに対策を切り替えなければなりません!

 

つまり!!残り皆さんが入試シーズンを迎える前に思う存分二次私大対策を行えるのは、今日から最後の共テ模試の対策を始めるまでと、最後の共テ模試が終わってから本番の対策を始めるまでの合わせて5〜6週間ほどです!!(人によるかとは思いますが。)

これが多い少ないと感じるのは人それぞれかもしれませんが、私は多くないと思います。

 

そして私が1番伝えたいことは、とにかく先を見越して計画を立てて過去問演習をしてください。

できている人もいると思いますが、

具体的には、「明日はこれくらいできそうだから○○大学を○年分と〜」という計画を立てるのではなく、

入試が始まるまでに自分がどこの大学を何年分演習しなければならないのかをしっかり把握し、そこから逆算して、

「それを終わらせるには明日はこのくらいやらなければ間に合わないからやろう」

という意識で計画を立てて欲しいと思います。

 

今の時期、人それぞれやらなければいけないことは違ってくると思いますが、受験生の皆さんが万全の状態で受験を迎えられるように応援しています!!ファイト!!!

立教大学観光学部2年 岩村文

 

明日の開閉時間

13:00~21:45