受験生の今後の展望と「大学生」について~岩男先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2016年 5月 19日 受験生の今後の展望と「大学生」について~岩男先生~

皆さんこんにちは、担任助手1年の岩男です!
暑くなってきましたねぇ、もうすっかり夏だと思いきや梅雨が近づく今日この頃です。。

今回はタイトルに書かせていただいた2点についてお話ししたいと思います。

まず、受験生の今後の展望について。

「夏休みが受験の天王山」と言われている通り、確かに夏休みの努力量は受験の結果を大きく左右します。しかし、“夏休みだけ”でいいのでしょうか?
夏休みにしっかりと受験勉強に専念するためには、その前段階での準備が必要不可欠です。

つまり、この5・6月に勉強の習慣化、つまり「ルーティン」を自分のなかで確定することが何より大事なのです。五郎丸選手がW杯で活躍し一躍有名選手になったのは、成功の裏に隠されたルーティンがあったからです。
通学の電車内でリスニングをする、就寝前に音読するといったことを毎日継続してできるようになりましょう。

次に、「大学生」について。

今回特にフォーカスしたい話題は、“大学生は本当に暇なのか”についてです。巷では、大学生活は人生の夏休みだという声が聞こえます。本当に大学生は暇しているのでしょうか?答えは、
「人それぞれ。。」です。
個々人が自分の生活を設計し実行するのが大学生活です。サークル・体育会に専念するもアリ、勉学に励むもアリです。大事なことは、無駄に時間を過ごさないことだと思います。これが一番難しいのです。今やるべきことを見つけ、それに一生懸命になることの素晴らしさを最近改めて感じます。

私が言いたいことは、
学校行事や部活に没頭できる高校生活は素晴らしい!
ということ、それだけなのです。。。

今この一瞬を大切に!!!!

慶應義塾大学 商学部1年 岩男智也