基礎に欠陥があってはいけません!! ~髙橋先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2020年 10月 30日 基礎に欠陥があってはいけません!! ~髙橋先生~

お久しぶりです。髙橋です。

今週ブログを書いたスタッフがみんな書いていることを、
週の終わりの金曜日に、僕も言います。

 

「全国統一高校生テスト、お疲れさまでした。」




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんてのんきなことを言っている場合ではありません!

「何をしたか」ではなくて「何をするか」が重要ですから。

 

今回の模試を振り返って

夏休み後の2か月間、
二次私大レベルの難しい問題をたくさん解いてきたのに・・・
どうして、共通テストレベルの問題で点数が伸びないの?
と思った受験生。

共通テストってこんな問題が出るんか!?
と思った高校1,2年生。

(③「受験会場のある品川に行ったのに、行きたかったラーメンストリートが無くなってる!!」
とビックリしたわたくし髙橋。)

いろいろと感じたことはあると思います。

 

だけど全受験生に感じてほしいことは、
ズバリ“基礎力の大切さ”です。
言い換えますと、基礎がどれだけ盤石か誰もが取れる問題で落としていないか
ということです。

どんなに高級な木材を使って豪華な家を建てようとしても
基礎に欠陥があったらそれは「欠陥住宅」ですよね?

どんなに高く積みあがっているジェンガも
下の方に積んである土台が重要で、
それを抜いたら崩れますよね?

今回の模試で点数が取れた人も、点数が取れなかった人も、
基礎に欠陥がないか、
もう一度よぉ~く確かめてください!!

そういえば受験生は11月に、最後の
全国有名国公私大模試」、
早慶上理・難関国公立大模試」、
その他、冠模試
がありますよね?

ここで合格レベルの点数を超えるための方法が、
基礎の徹底なのかもしれません。

結局、共通テストも二次私大も、
「ほとんどの受験生が正解できる問題を落とさなかったか」
これが勝負の分かれ目ということです!

 

ここまで読んでくれた高校1,2年生。

基礎力って大事なんだってことがわかりましたか?
早くガチガチの基礎を固めようって思いましたか?

東進に普段通っている1,2年生は、
講師の先生が指示しているやり方で、予習・受講・復習しましょう!
遠いように見えてもそれは錯覚。指示されたやり方が意外にも近道です!!

それ以外の1,2年生は、
まずは「これから何をするか」決めましょう!
ちなみに僕のおすすめは、東進の「冬期特別招待講習」です。
これを受け終わったとき、自分が何をすべきかわかると思います!!

 

明治大学法学部法律学科1年
髙橋 遼太朗

★明日の開閉館時間★
10:00~21:45