夏の成功談・失敗談 ~小川先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2015年 8月 6日 夏の成功談・失敗談 ~小川先生~

こんにちは!

 今週末から12月まで中高生向けの施設でボランティアをすることになり、新しい出会いにワクワクしている小川です\(^o^)/

 私からは「夏休みの成功談失敗談についてお話しようと思います。

 さて、知っている人もいるかもしれませんが

 実は私は受験生時代は第一志望が2つあり、

私立の第一志望として今通っている早稲田大学教育学部生涯教育専修

国立の第一志望として横浜国立大学教育人間科学部人間文化課程

 を目指して勉強していました。

 

結果としては、どちらの第一志望にも合格しました。

 

最終結果こそ綺麗に見えるかもしれませんが、途中経過は全然綺麗なものではなくて

 8月模試の帰り道も英語が全然うまくいかなくって泣きながら帰ったし

 センター試験本番も数学で大失敗してセンターリサーチで横国E判定とるし

 でなかなか苦労して合格を勝ち得たわけなのですが(苦笑)

 

そんな私の失敗談としては、

 

好きと得意を混同してたこと

 私にとっては数学がそうでした。

 

結構好きだったんですよね、数学(笑)

好きだったから点数的に少し微妙でもあんまり苦手意識を感じずに後回しにしがちだったり

後でぱぱぱっとやれば何とかなる

 

って過信してしまっていたんですよね。

結果私の入試での一番の後悔になりました(E判定の原因が主に数学でした)

あの夏もっとちゃんと数学と向き合っていればよかったと。

 なさそうである話なのでみなさんも気をつけてくださいね。

 

成功談としては

 1日1日を全力で頑張ることを前提に、ある程度割り切って夏過ごしたこと

 

具体的に言うと、夏休みやるべきことは山ほどあるんです。

時間が許すのであれば、全部満足のいくまでやりたい。

でもそうはいかないときに、優先順位をつけて納得して勉強していたということです

 

優先順位をつけることは、ある意味で切り捨てるものを作ることでもあります。

 

それって妥協じゃん!

 

って思う人もいるかもしれませんが、私は

 

これは妥協ではなく作戦だ

 

と思っていました。

 だから夏休みは、

 やり残したこと、後悔することもあったけど

 総合的にみれば納得できる夏休みを過ごすことが出来たし、だからこそ8月模試でうまく結果は出なかったけど腐らずに自分を信じることが出来ました

あとは、生活リズムを安定させることも夏休みを成功させる鍵だと思います!

ちなみに私は4時30分起床10時30分就寝を徹底させてました!

 

8月模試まであと17日

納得のいく1日1日を過ごしてください☆

 心から応援してます(^O^)

 

担任助手 小川愛媛

 

 

↓お問い合わせは東進ハイスクール武蔵小杉校まで!↓

 

フリーダイヤル

電話番号0120-165-104

【開館時間】夏休み特別時間割実施中

平日・土曜 7:00~20:30  休日・祝日 7:00~19:00