大学の実験~相原先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2019年 7月 15日 大学の実験~相原先生~

みなさんこんにちは!2年の相原です。前回のブログでやっと中間テスト終わった!みたいなことを書いていた気がしますが、今は今月末の期末試験の勉強に追われています、、

がんばります

 

さて、最近色んな担任助手が大学で学んでいることについて書いているので、自分も書いてみようと思います!

 

まず、私が大学でどんな授業をとっているかといいますと、

・電磁気学Ⅱ

・電磁気学演習

・量子力学Ⅰ

・関数論

・解析力学

・物質と量子

・物理科学と先端技術

・回路理論

・幾何学

・情報処理概論

・アルゴリズムとデータ構造

物理工学実験情報演習Ⅱ

 

このほかにも英語などの教養科目などを現在履修して勉強しています。やっぱり物理工学EPという名前だけあって物理や数学、情報系(プログラミング)に特化した授業がほとんどです。

物理が好きでこの大学に入った自分にとって学年が上がるにつれて専門性が上がっていくのでとても楽しいです。

 

せっかくなので、先ほど挙げた私の履修している授業の中から一つ軽く紹介してみたいと思います。一番下に書いた、物理工学実験情報演習についてです。

簡単に言うと、理系のほとんどがやっている実験の授業ですが、この授業はちょっと違っています。文科省?からよくできている授業ということで賞を頂いたこともあるらしいです!

一般の授業とどういうところが違うかといいますと、一つのテーマに4週間かけるということです!!

普通は1日で一つのテーマについて終わらせて、来週はまた違うテーマといったように構成されていますが、この授業はその4倍の時間をかけて一つのテーマについて詳しく物理現象について調べていきます。

1日に4~5時間ぐらいなので4週間で20時間近くになります。

1,2週目:実験室で実験、

3,4週目:PC室でプログラミングを用いて1,2週目に得られたデータをもとにデータ解析

 

というように、物理を学ぶ上で欠かせない実験とプログラミングを同時に体系的に学ぶことができるのです!!おかげで、プログラミングが結構上達しました。

 

理系に実験はつきものです。ぜひ他の担任助手にも聞いてみてはそうでしょうか?みんな喜んで答えてくれるはずです。(笑)

 

横浜国立大学 理工学部

2年 相原悠大

 

★明日の開閉館時間★
 
13:00~21:45