大学紹介~染葉先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2016年 5月 6日 大学紹介~染葉先生~

みなさんこんにちは&こんばんは!

染葉です。

今日は雨が降ったために湿度が高いですね。自分の天然パーマのうねり具合が2割増しくらいになっています。

「湿気」と「(お世辞とはいえ)天然パーマってうらやましい、とか言ってくる髪サラサラさん」は天パの永遠の敵です。

 

今日は自分の通っている一橋大学について紹介したいと思います。

 

一橋大学は文系の単科大学で国立市にキャンパスがあります。国立市とは東京の西の外れに位置する市で、特に一橋大学付近は文京地区に指定されており落ち着いた雰囲気があります。

ところで、あまり知られていませんが、医科歯科・外語大・東工大・一橋の4大学は、四大学連合というものを結成して、相互のカリキュラムを履修することができるようになっているんですね。

なんともロマンあるラインナップじゃないですか?(笑) ぜひとも以後お見知り置きを。

一橋大学の1番の魅力は洗練された少人数教育圧倒的な就職力だと思います(あるデータでは医学部を除く大学別卒業生の平均年収が一位だとか…)が、今回はそういった話は置いておいて大学の景観などを紹介します。

 

大学を東西に分断する国立通りは、春には桜並木が満開になります。

 

校舎は国の重要文化財に指定されており、外観のみならず内装も非常におしゃれです。過去には多くのドラマで撮影場所として利用されています。

 

図書館は国内の大学の中で圧倒的な蔵書数を誇ります。

 

 大学内はほとんど公園みたいな雰囲気になっています。子連れのお母さんと遭遇することも日常茶飯事です。

少し奥に進むと森があります。

 

 

ざっとこんな感じですかね。

知名度の低さに起因する大学の地味なイメージに比べて(笑)、意外と校舎はおしゃれですよ。

一橋大学にはここには載せた以外にももっと素晴らしいところがあるのでぜひ遊びに来てみてください。

 

一橋大学商学部2年 染葉量大郎