後悔とは~田中先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2020年 3月 19日 後悔とは~田中先生~

こんにちは!田中です。

本日がラストになるかもしれないので、そのつもりで書こうと思います。思いの丈を叫ぼうと思うので長くなるかもしれませんがお付き合い下さい…!
さて、突然ですが後悔したことありますか?
私は後悔ばかりの人生です。19年間生きてきて毎年何かしら後悔している気がします。演奏会当日になって「もっと練習しておけばよかった」、卒業式が終わって「やっぱり言っておけばよかった」、試験当日になって「あの時どうしてもっと頑張らなかったんだろう」等々、本当に後悔ばかりです。
中でも一番の後悔は第一志望校を受験しなかったことです。

私はセンター試験で絶望的な失敗をしました。第一志望だった東京学芸大学の合格最低点に届くには2次試験でほぼ満点を取らなければいけない状況になってしまい、そのまま出願するか他の地方教育大学に出願するか非常に迷いました。東進の担任・担任助手の先生にも何度も相談し、学校の先生とも話し合いをした結果、地方教育大学に出願しました。合格可能性があり、がっつり教育を学べる環境に身を置きたかったからです。それが間違っていたとは思いませんし、導いて下さった先生方には本当に感謝しています。ですが、高校生になってからなんとなく目指し始め、受験生として1年間向き合った第一志望校に挑戦することすらせず、後期試験までやりきる訳でもなく受験を終わらせてしまったことはすごく後悔しています
後悔は文字通り後からやってきます
その時はそれで精一杯やったつもりでいても、後から考えたらもっと頑張れたかもしれないどうしてもっとやらなかったんだ自分を責めること

それが後悔です。

 

今は別に頑張らなくてもどうにかなるだろう
今はまだ2年生だし、、、

今も十分やっているつもりだし…


そう思っていませんか?

心の中で自分に甘えていませんか?

不慮の事態で春休みが延びているみなさん。

今本気でやらなくていいんですか?本気でやってるつもり??もっとできると思いませんか?

東進生なら1日15時間勉強、毎日登校・受講当たり前です。高マスを頑張るのも当たり前。

なんだかんだやればできます。

まずやってみなくていいんですか?

数年後に「どうしてあの時…」と後悔したいんですか??

19年間後悔ばかりの私(胸張って言うことではありませんが…)が言うので説得力はあると思います。

後悔の味は最悪です。(後悔を味わう大森先生…)

私は二度と味わいたくないし、これからそうならないように全力で生きているつもりです。毎日よりよい自分を目指して積極的に生きているつもりです。

今全力で頑張ってエンジンをかければ、数年後の自分に成功させてあげることができます。今頑張れば後々成功できるのが東進だと思いますし、今頑張る皆さんの成功を支援し一緒に頑張るのが私たちです。ぜひ、自分の「全力でやっているつもり」の天井をぶち壊して、ありえないくらい勉強してみて下さい(あり得ないくらい頑張った大森先生!)

 

やればなんだかんだできます。やってみることが大事です。頑張れ。

 

受験を終えたみなさんへ
私と違って大成功をおさめた人、油断しないでください。どの大学に行くかだけでは人生は決まりません。4年後に自分はこれを頑張った!と胸を張って言えるように、精一杯大学生活を送ってください楽しむ時も頑張る時も全力でやれる素敵な大学生になってください!頑張れ!


私と同様、少し後悔の残る人、大丈夫。過去は変えられないけれど、今から自分がどうしていくかは変えることができます。今の悔しさを忘れないで。毎日を精一杯頑張ってください。自信をもって4年間を終われるように、全力で生きてください。頑張れ!!

長々と書いてしまいましたが、私の思うことは書ききれたと思います。

1年間読んで下さったみなさん、ありがとうございました!!!!!!


國學院大學文学部中国文学科1年 田中千晴

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45