担任助手のお勧め勉強法 ~中島先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2015年 7月 4日 担任助手のお勧め勉強法 ~中島先生~

みなさんこんにちは!昔も今も数学大好きな中島です!

さてみなさん、夏休みが近づいてきましたね(`・ω・´)

受験生の皆さんにとってはここで大きく勝負が分かれてくるところです!!そんな受験生の皆さんにこの時期だからこそお勧めしたい勉強法が…

ずばり模試を受けることです!

え、それ勉強って言えるの!? そう思う人も多いかと思います。

しかし実際にはこれもれっきとした受験勉強です。というのも、模試には次のようなことが内包されているからです。

①アウトプットの練習 ②苦手分野の発見 ③復習による苦手分野の克服 ④場馴れ

皆さんは模試を受ければ、だれもが①は絶対やっています。しかし②、③についてはどうでしょう?

苦手なところは得点ができないものです。得点できなければやる気が下がって復習にも身が入らなくなってしまう人も多いと思います。

残念ながらこのようになってしまうといわゆる「受けっぱなし」の状態となり、せっかくの貴重な勉強ツールが活用できなくなってしまいます。

皆さんにはぜひとも「苦手分野だからこそ」その解説と向き合い、そして理解し、解き直しなどによりその成果を実感してほしいです!

成果を実感できれば勉強が楽しくなります!そうやって皆さんにぜひとも勉強の楽しさを知ってほしいです!

さらに、④で紹介した内容もまた重要だったりします。言ってみれば、「本番の雰囲気を勉強する」ということです。

どれだけ実力がある人でもプレッシャーに負けて本来の実力が出せなければ意味がありません。

でも、本番の雰囲気に似せてある、模試をたくさん受ければ本番が近付いてきても大して緊張しません。(実際僕はセンター本番前夜はぐっすりと眠れたし、本番も緊張せずに受けられました。)

 

これからの時期、模試がたくさん受けられます。皆さんにぜひその機会を最大限よいものにしてもらえるよう応援しています!

 

担任助手1年 中島 黎