担任助手の夢と模試の活用法~中島先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2015年 6月 8日 担任助手の夢と模試の活用法~中島先生~

こんにちは!担任助手の中島です!

今日は僕の将来の夢と、模試の活用法という2つのテーマについて紹介していきます!

ではまず僕の将来の夢から…

僕は将来ファイナンシャルプランナーを目指しています。ファイナンシャルプランナーとは、お客さん(個人でも会社単位でも)が、どのようにお金を使っていけばいいかをアドバイスするお仕事です!

その夢をかなえるために、将来は銀行に勤め、その後色々な会社で働いてから金融事情を勉強し、ファイナンシャルプランナーとして頑張っていくつもりです。

それで、その過程をしっかりと歩めるように、今通っている慶応義塾大学の経済学部で一生懸命勉強し、知識をたくさん身に付けることが今のところの目標です!

このように、大きな夢も、逆算して今の自分がどうするべきか考えると、やる気も出てくると思います。

皆さんもやる気がでない時は自分の目標や夢を思い出しつつ頑張ってみてくださいね!

 

それでは、今日の2つ目のテーマ、模試の活用法について紹介していきます!

模試は、センター試験本番レベル模試だけで年5回あります!今回は、特にこの模試の活用法を紹介していきます。

まず、模試を受け終わると、解答冊子をもらいますよね?(緑色のあの冊子です)

それに書かれている解説は非常に丁寧であるだけでなく、今後の学習にも大きく活かせます!

例えばこれ↓

僕は日本史が大の苦手で(高校時代は学年でワースト3に入るほど…)模試でも30点ほどしか取れていませんでした。

しかしこの解説書のこういった「参考」の部分もノートに自分なりに要約して書いてみたりすることで、70~80点で安定するようになり、90点にのることもありました。 

解説書を自分なりに活用するのも、模試の活用法としておすすめしたいです!

 

 

 

とはいえ、これくらいならみなさんもある程度はやっているかもしれません。

では、これ(↓)の存在をみなさんは知っていますか?

合格指導解説授業です!!

この冊子の解説ももちろん丁寧に書いてくれていますが、どうしてもわからない時はこれに頼りましょう!

講師の先生たちがイチから丁寧に解説してくれます!

しかし…なかなかこの存在に気付いている人がいなくて…(もったいない…泣)

きっとこれを活用することで、みなさんの今後の勉強もとっても実り多いものとなるでしょう!

では僕から最後に一言!! 

模試は受けて終わりではなく、解説まで吸収してこそ意味がある!!!

それではみなさん、これからも頑張っていきましょう!

担任助手1年 中島 黎