数学命!! | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2013年 6月 17日 数学命!!

こんにちはー担任助手1年の木村でーす(≧∇≦)

6月17日のブログは僕が担当します!


僕は金土日で所属している大学のサッカーサークルで大会合宿に参加してきました! 金曜の授業後に横浜駅に集合してレンタカーで長野まで行ってきました(・ω・)ノ

 時間にして4時間半でした笑

でも大会も優勝できて楽しく充実した3日間でした! 詳しいこと聞きたければ僕まで直接聞きにきて下さい(^_^)
今日からのブログはリレー形式ではなく書く人が書きたいことを書くという方式になりました! なので僕は前回のブログリレー 『How to study?~自分に合った勉強方法探しの旅~』で伝えられなかったことを書こうと思います!

 今回もまた数学の勉強方法なんですが、今回は二次、私大数学のことにします!

 みなさんはまだ二次、私大の問題がどんな感じでどのレベルなのか分からないと思います

 そこで!!!

 

今のうちに第一志望の去年の問題を解いてみて下さい !

これを夏前にすることで夏休みの勉強のモチベーションがガラリと変わると思います

 でもまあ初めてだし正直点は取れないと思います 僕も初めて横国の問題を解いた時は3割いくかいかないかレベルでした笑

でもそこから対策していけば取れるようになります! 僕は横国の本番は8割くらいだったし青学に関して言えば満点でした( ´ ▽ ` )ノ


ではこんな僕がどのように対策してきたかを今からお教えします!
①とっている講座を『100』にする


これはどの教科でも言えることなんですがまずは講座を完全に理解して下さい

そのためには講座の問題を解きまくることが大事です

 僕は受験数学ⅠAⅡB(応用)と受験数学ⅢC(応用)をとっていたんですがテキストに載っている問題を何周も解き直しました!今同じ問題を出されても解ける自信があります!


②過去問を何度も解く
これはセンター数学の時にも書いたんですが各大学好きな範囲というのがあります!

 例えば横国であれば大問5つあるうち3題は微積分から出題されます。さらに言うと1つは必ず不定積分です。

 このように何が出やすいか知っていればどの分野を重点的に勉強すればいいかわかりますよね? なので過去問をやるときは得点も大事なんですか分析することも忘れないようにして下さい!

 過去問を解きまくるのは夏以降なので頑張って覚えといて下さい


③問題集は多く手を出さない
これは聞いたことあるひと多いと思いますがなんでだかわかりますか?

簡単に言うと 広く浅く手を出すなら狭く深くやりきったほうが伸びがいい っということなんです!
『あっ,この問題見たことあるけど解き方忘れた………』
っていうのは1番もったいないです! なので時間が有り余ってる人はたくさんやってもらっても構いませんが上みたいなことにはならない様に注意して下さい!

 ちなみに僕は4STEPという計算系問題集以外やってません笑

 


以上の事を実践してもらえれば必ず解けるようになります!

でもまあ大体の人は夏はセンター対策をするんでこれは夏以降になるとおもいます(・・;)


 でも問題慣れしても計算が遅かったら終わりませんよね……
しかし!!

それを悩みを解決してくれるツールがなんと東進にはあるんです!

 わかりますよねー

それは(もちろん)数トレです!←またかよ笑
みなさんやってますかー? やっぱさぼってる人多いですよねーー?笑
そろそろやってる人とやってない人で差が出てきますよー

というわけでまとめると

二次、私大数学で点とるためには

 ①とっている講座を『100』にする

 ②過去問で特徴を分析

③問題集は自分の容量を越えない程度まで

 ④数トレ等で計算練習

です( ̄▽ ̄)
参考にして下さーい


なにか質問等あれば木村までお問い合わせ下さい(^∇^)

 喜んで対応させていただきます( ̄^ ̄)ゞ
以上!

 

担任助手 木村


 

体験授業申込はこちら↓

資料請求はこちら↓

Web体験授業はこちら↓