来たれ、東進へ~田中先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2020年 3月 1日 来たれ、東進へ~田中先生~

こんにちは!出演予定だった海外でのギター合奏の演奏会が中止になり、途方に暮れている田中です…(  ; ▵ ; `)さらにお手伝いさせてもらう予定だった母校ギター合奏部の定期演奏会も中止になってしまいました。この日のために努力してきた後輩たちの気持ちを考えると、やるせない気持ちになります…。テーマパークが臨時休園したり、学校も休校になったり、卒業式や入学式といった晴れ舞台ですら中止になる昨今、やむを得ないとは思いますがとても残念です。

さて本題です。(本題に全く関係ないことを導入で書くと自然に繋げるのが難しくなりますね…)
実は私、2年前のちょうどこの時期に東進に入学しました。部活も忙しいし、大学受験のことなんて何も知らないし、とりあえず毎日のほほんと学校生活を送っていた私ですが、高2の冬になりようやく「そろそろ勉強しなきゃ」という気持ちが芽生えたのです。それまで全く塾等に通ったことがなく何も分からなかったので、とりあえず色々な所に行きました。一言で予備校、と言っても色々な指導形式がありますよね。自分には個別指導が合うのか、はたまた集団指導がいいのか、映像指導はどうなのか、、本当に迷いました。その中で何故東進を選んだのか、何故武蔵小杉校を選んだのか、今回はその理由について書きたいと思います。


理由その1:授業が分かりやすい&面白い!
集団や個別でも分かりやすくて面白い先生はいると思います。ですが、遠い校舎の先生だったり、近くの校舎にいても担当してもらえなかったりして、なかなか巡りあえないことが多いと思います。その点東進は映像なので「有名講師の授業を生徒全員が受講することができる」というのがよかったです。また、体験授業で受けた今井先生の授業が…!強かったです。今まで「理解できていない」ということにすら気づけていなかった文法事項について楽しく理解することができました。

 

理由その2:自分で予定を立てられる!!

東進ではどの講座をいつどこで受講するかを自分の都合に合わせて決めることができます。私は部活が忙しかったので部活が終わってから校舎に来て2講座受講するという感じでしたが、自宅で受講することもでき、時間も選ぶことができるのが魅力的でした。

 

理由その3:友達が通っている!

実は私、部活で「学生指揮者」をやっていました!コンクールや演奏会で指揮を振るだけでなく、毎日の合奏練習を取り仕切る重要な仕事だったので大変な日々を過ごしていたのですが、同じ役職の相方がいたおかげでなんとかやり切ることができました。その相方こそが、私に東進を教えてくれた大の恩人です。その子が武蔵小杉校に通っているということで体験にも気軽に来ることができました。(実は私めちゃくちゃ人見知りで見知らぬところに一人で行くのが大の苦手なので本当に助かりました…)さらには入学してからも部活の時みたいに励まし合ったり競い合ったりすることができたことがすごく良かったです。なので現在予備校選び中の人は周りの友達も誘ってぜひ東進に来てみてください。今もう東進に通ってるよって人は、予備校選びで迷っている友達がいたらぜひ東進に誘ってみてください!校舎では友人招待カードを配っているので、心当たりがある人はスタッフに声かけて下さい!!

 

理由その4:スタッフが明るく、優しい!

体験に来たとき、授業後に感想や困ったことがないかどうか聞かれたりする時間があると聞き、人見知りの田中は大いに緊張していました。ワセダダイガクやケイオウダイガクに通っているというすごい人と会話なんて…ひええ、と思っていたのですが、明るく自己紹介をし、私の部活のことを聞いてくれて、さらに私の志望にあった話をしてくれて…とリラックスして話せる環境を作ってくれたり知らなかったことを教えてくれたりする有意義な時間を過ごすことができました。入学後も教科に関する質問から受験校の選定等まで幅広くサポートしてもらえました。もちろん、ただ優しいだけでなく私がやるべきことをやれていないときはきちんと指導されることもありました^^;

 

 

東進の、そして武蔵小杉校の魅力は分かっていただけたでしょうか??新年度特別招待講習も実施中なのでぜひこの機会に体験してみてください!