模試の受け方 | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2012年 12月 21日 模試の受け方

炎の決起会も終わり、校舎には新高3生の活気がでてきましたね。
 
次の一大イベントは、今週末23日(日)のセンター試験本番レベル模試
大学での受験ということもあって、本番さながらの受験になると思います。
受験生はもちろん、新高2.3年生も、入試本番のつもりで受けましょう!!!
 
ここで、私から模試の受けかたについてアドバイスです。
 
★どんなことがあっても、最後の最後まで諦めないで!!!★
 
当たり前のことだけど、もう一度意識してみてください。
 
新高2.3年生は、問題を解き終わってから「試験終了!」と言われるまで、最後までちゃんと見直ししてますか?
受験生は、模試でどんなに思いがけないミスをしたとしても、途中で切り替えて最後まで頑張れますか?
 
センター試験本番、および同日体験受験前最後の模試。
本番の試験だと思って、模試にむけて勉強して、試験会場に勉強道具を持っていって、緊張感を自分で作って、
受けてみてください。
 
広い会場で、室内の空調や、
隣の人の貧乏ゆすりや、
センターの科目の解き間違えや、
初歩的な問題での間違えや、
いろいろな思いがけないことがあっても、最後の最後まで諦めずに、あと1点!と貪欲に求めて、最後までがんばって!!!
 
 
さあ!模試まであと3日!基礎の総復習をして模試に備えよう!
 
 
 
P.S. 実は手作りの【試験本番必勝法プリント】があるので、気になった人は校舎で気軽に私に声をかけてください:)☆
 
担任助手2年 大島早貴子