演技力~大貫先生~ | 東進ハイスクール 武蔵小杉校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 21日 演技力~大貫先生~

 

こんにちは!!

 

最近、自分の涙腺の緩さにビックリしづけている大貫です

というのも、ここのところは映画を見るたびに泣きそうになっているからです

特にミュージカル映画なんて見るとすぐに泣きます

直近では「IN THE HEIGHTS」、ミュージカル映画版の「CINDERELLA」、あと古い映画ですが「HIGH SCHOOL MUSICAL」シリーズあたりを見ていたのですが、感動的なシーンの曲ではすぐに泣いてしまいました(笑)

考え抜かれた演出や、プロの俳優、女優の演技力には、映画を見るたびに感心させられるものです。

 

さて、皆さんは「演技」をすることはありますか?

 

自分は、受験生の頃はかなり演技をしていましたし、猫を被っていたと思います(笑)

自分が「生徒」ではなくなった今だからこそ言えることなのですが()、自分はひたすらに「真面目な生徒」を演じていました。

 

勉強していたのも、最初は「自分が受験に合格したい」よりも、「いい子でいるため」でしたね(笑)

他にも、「グループミーティングの人たちに下に見られたくない」

「『勉強してないやつ』として先生に見られたくない」「親に怒られたくない」

 

そんな理由で勉強していたにも関わらず、先生に対してそんな事は口にも態度にも出しませんでした。

・・・自分で書いてて少し嫌になってきましたね。

 

 

ですが、嫌々ながらやっていた、真面目ぶるための「演技」としての勉強でも、実際にやらなければバレますし、やらざるを得ません・・・

そして、そんな勉強でも続ければ実力になります。

実力がついて勉強が出来るようになってくれば、勉強に対する苦痛・苦手意識も少しは減ってくれます。

 

これは賛否両論あると思いますし、自分個人の勝手な意見ですが、

 

演技でもいいんです!!

 

 

勉強が大好きな人なんて中々いません。

ただ、大学に行くためには勉強が必要です

 

自分は、「真面目な生徒」を演じ続けて何とか受験に合格しました。

どんなに本心では不真面目でも、勉強が嫌いでも、演じ続けて結果を出したなら、それは立派な「真面目な生徒」です。

 

 

本心から真面目にはなれなくても、その「演技」なら誰でもできるはずです

 

今はどの学年にとっても大事な時期!

 

心は入れ替えなくてもいいので、今日から「真面目」になってみませんか?

★明日の開館時間★

13:00 〜 21:45