私のsummer~後期につなげる夏にするために~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2013年 8月 9日 私のsummer~後期につなげる夏にするために~

 

夏休みもいよいよ後半戦ですよ~

みんな中だるみはしてないかな??

OCなどで志望校には行ってみたかな?

そこに通ってる自分を日々妄想、いえ

想像して毎日全力で頑張っていこうね!!

 

さて私はこの夏休み、

“India”

に行ってきます!

信仰と神々の国、喧騒と貧困の国…インド!!

インドに興味を持ち始めたのは高校1年生の時、

遠藤周作さんの『深い河』を読んだことがきっかけ。

様々な宗教、カースト制度、日本とは全く違うその環境に

いつか行ってみたいと思ったのを今でも覚えています。

あれから早5年…ついに行ってきます!

向こうで何をするか簡単にお話すると…

現地でボランティア活動やインドの学生との交流をしてきます。

色々なことを肌で感じて帰ってきたいと思います。

 

さて!本題の私の受験生時代の夏の話をしたいと思います。

題名の通り

『後期につなげる夏にするために』

私がやっていたことは、、、

今までやってきたことの

徹底的な復習

です。

とにかく

復習 復習 復習!!!

 

他の先生の話にもありましたが、

苦手なところの克服はもちろん

前期にやってきた基礎の勉強をもう一度

徹底的に体にしみこませました。

 

基礎なんて簡単じゃん

できるよーやっててもつまんないしー

 

とか思ってるそこのあなた!!

その考えは危険ですよ!

 

センター試験はもちろん、

国公立二次、私大の試験でも

今みんなが身につけようとしている基礎の力は

かなり問われているのです。

むしろ基礎事項もわからない人には

大学の門は開くことはないといっても過言ではない。

 

少し夏以降の話もしましょう。

受験生のみんなはこの夏を超えたら

国公立の子は二次対策、

私大の子は私大対策と

応用問題に取り組んでいきます。

この応用問題をこなして

成績をぐっと上がらせるための絶対条件

それは基礎力が徹底的に身についていること

私が意識していたのは

基礎力の徹底度×演習量=伸び率

基礎力が半端なままだと

同じ量だけ演習をやっても伸び率は少なくなります。

 

後期は学校も始まって

やることも多くて時間の経過がぐっと早くなっていくでしょう。

だからこの夏しか今までやってきた基礎事項を

完璧にする時間はない!!

 

基礎の力なしで

第一志望に合格するなんてことは

不可能!

 

基礎事項に関しては100%

聞かれた時に0コンマ何秒くらいで

答えられるくらい!!徹底的に身につけて

いきましょう。

 

そして、もう一つ大切なこと、

それは、

常に自分を客観視して分析をする

 

今の自分に足りないものはなにか、常に分析して更新してください。

そしてそれを元に計画を立てる

また分析するためにやったことや気づきは記録しておく

一日中自由な時間のある夏休み。

有効に使わなければもったいないですよー

 

多くの受験生が夏を終えるとこう言います。

“夏、もっと勉強しておけば良かった”

 

でもその中で

 

“私は夏、最大限やりきった、後悔はない”と

胸を張って言える人は強いです。

 

残りの夏休み期間

最大限の努力をして

受験の天王山といわれる夏を

乗り切りましょう!!!!!

 

武蔵小杉校担任助手 山本栞