自分の力を最大限に!~関端先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 30日 自分の力を最大限に!~関端先生~

最近はお菓子作りにハマっていて昨日はチーズケーキをつくりました。でも今は焼肉オムライスが食べたい食べ盛りの関端です!(^_^)/

横山先生、川埜先生、畑先生、吉田先生に引き続き、私も担任助手になった理由について話させて頂きます。

1年前のこの時期の私はというと、、、

「受験が終わったらぜっっっっっっっっっっっっっっっっっっったい中目黒のパン屋さんでバイトする!」

の一点張りでした。(笑)1年前に限らず、受験が終わって担任助手をやらないかと声をかけていただいた時もそれを理由に1度断ったんです。アプリで探してお気に入り登録までしてました。おしゃれなところで働いてみたかったんですよね。

ではこんなに固く誓っていた私が、なぜ担任助手になったのでしょうか。

それには受験が終わってから感じることがたくさんあったからです。

私が東進に入学してよかったと思うことの一つに「出会い」があります。GMのメンバーやたくさんの同級生など、刺激的な出会いがありましたが、なによりも担任助手の先生方に出会ったことが私の受験生としての生活に大きな影響を与えたと思っています。

わたしの受験生はメンタル的に山あり谷ありで、「なんでこんなしんどい思いしてまで勉強なんかしなきゃいけないの、、、」と思ったこともありました。差の激しい私の話をいつもきいてくれて、親よりも身近な意見でやる気を維持させてくれたのは東進の担任助手でした。担当外の先生にもアドバイスをもらったり、学校の愚痴を聞いてもらったり、気分転換にお話しをしてくれたりと、本当にお世話になりました。

私の受験は受講をして学力が伸びたこともそうですが、東進での出会いが今の結果につながっていると、受験が終わってから気付いたのです。

高3の4月に「このままじゃ大学生になれない」なんていいながら半べそで東進に入学してきたわたしを、ここまで成長させてくれた担任助手の方への感謝の思いが膨らみ、わたしもそんな存在でありたい考えました。

今自分の持っているものを、人のために十分に使うことができるのは、東進の担任助手になることだな」と思い、やろうと決めました。

始めは不安だらけでしたが、今は担任助手になって本当によかったと思っています。パン屋じゃなくて。笑

 

自分の力を十分に活かせて、とてもやりがいのある仕事です。あなたも来年、受験で培った力をここで活かしませんか?

 

☆明日の開閉館時間★

 11:30~21:45

明治大学経営学部1年 関端里菜