行ってきました、混沌の国India!!! | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2013年 9月 19日 行ってきました、混沌の国India!!!

こんにちは-!!

担任助手の山本栞です!

 

夏も終わりですねー今日は中秋の名月ですね!

中秋の名月は今年の次は8年後だそうです。

今日は少し空を見上げて帰ってみましょう~

下を向いている暇はないですよ!!!

上を向ーいてあーるこーおーおーう

私もよく帰りに空を見ながら帰ってました!笑

 

そんな2013年夏

私は20歳にして初めて海の向こうへ渡ってきました!

初海外にして初インド!!(笑)

 

 

内心ドキドキで行った私のIndia放浪記を

今日はちょこっとお伝えしたいと思います。

 

インドは一言でいうと

”混沌”

 

本当になんでもありな国でした。

 

インド一周すると世界一周した気になると

以前知人に言われていたのですが、

町を移動する度に

”本当にここはさっきと同じ国なのか!?”

と目を疑いました。

 

宗教はばらばら、

貧富の差もばらばら、

民族も違う、食べるものも違う、

カースト制度も完全に消えたわけではない、

生贄の習慣がある。

路上で寝ている人の多さ。

近代的なショッピングモールを背景に家とはいえないような建物が並んでいる。

裕福な人のそばで指がなかったり、がりがりの物乞いが

money,moneyもしくはジェスチャーで訴えかけてくる。

子どもたちが物乞いをしている。

 

日本とは全く違う文化、環境に毎日驚きを隠せませんでした。

 

インドでは最初の3日間

マザーテレサハウスでボランティア活動をしてきました。

 

みなさん”死を待つ人の家”はご存知ですか?

そこの施設に入りきらない人達を受け入れているプレムダンというところで

3日間私は世界各国から来ているボランティアの人達と過ごしてきました。

一日になんと9カ国!!くらいの人と話をしました!

 

このような施設では

unknownの人が多く1人では生活できない人たちが集まっています。

 

つまり生まれてから名前がないのです。

インドで英語が通じるのは教育がある人のみです。

ですから施設では英語が通じない、もちろん日本語も・・・

 

だけどなぜか通じ合えるんです。

 

言葉も通じないおばあちゃんがボランティア最終日

満面の笑みで自分の腕にしているブレスレットを

私の腕に通してくれたのです。

 

ここで学んだことそれは

大事なのは

 

笑顔  と  伝えようとする気持ち

 

だということです。

 

言語はあくまでコミュニケーションツール

 

でももっともっと相手のことを知りたい

 

私はそう思いました。

 

だから密かに英語だけではなく

ベンガル語の勉強を始めてみようかと思っています。

 

その後はインドの大学生と

文化交流をし、教育についてdiscussionしました。

こちらは英語で。

インドの教育問題と日本の教育問題、

お互いびっくりするような制度や状況を知り、

とても勉強になりました。

 

そしてあのタージマハルをはじめとする

世界遺産を見てきたりしました!

もう言葉じゃ表せないくらい

均衡で壮大で…

世界史受験の私にとって

ずーっと憧れていたところだったので感動しました!

 

楽しいことばかりではなくて

インドがかかえる様々な問題に直面して

色々と考えさせられる毎日でした。

 

生きるとはなんなのか

 

物乞いを望んでしている人達もいる現実

 

貧富の差。

 

 

汚染問題と宗教問題

 

なにを人生の目標として生きるのか。

 

なにを優先して考えるのか。

 

毎日毎日考えていました。

 

その一方で

物凄い数の人、野犬、牛!

そんな賑やかで生命力にあふれたインドは

何か人を引き付けるものがある。

 

インド人に言われた一言で衝撃だったこと

それは、

 

私が

色んな人が生活しているこの状況をどう思うか?

とを聞いた時に

 

それがインドなんだよ。

色んな宗教の人がいて

色んな生活を送る人がいる

お互いの良い所を認め合うんだ

それがインドのユニークさなんだよ

 

雑多なこの国ますます大好きになった一言でした。

 

海外に行くと自分の価値観が

本当に覆されます。

ぜひみなさんも海外に出てみてください!

 

ちなみにインドはジャパニーズ・ガールモテモテですよ(笑)

 

また詳しくみなさんにお話できる機会があれば良いなーと思います。

 

きっと多分また山本はインドに行くでしょう(笑)

そして次は南米やアフリカにも

行ってみたいと思います。

 

ナマステ~!!

ドンノバート!!(ありがとう!!)

 

 

 

武蔵小杉校担任助手 山本 栞