道~川埜先生~ | 東進ハイスクール 武蔵小杉校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2021年 4月 10日 道~川埜先生~

みなさんこんにちは!川埜です。

先日久しぶりに大学に行ってきました。
オンライン授業で学校に行っていない間に、学部共通棟が新築されていてびっくりしました。

 

めちゃめちゃきれいで、3年生にしてキャンパス内の施設に過去1テンションが上がりました。(笑)
そして昨日から新学年での授業が始まりました。
みなさん、新たな学年で頑張っていきましょう~!!

 

さて、みなさん。自分自身の人生の「道」について考えたことはありますか?

えっ??

なに急に?

って感じですよね。

 

今回は武蔵小杉校担任助手として書くのはラストのブログになります。
もしかしたら人生で最後になってしまうかもしれません。
わたしは2019年5月3日に人生で初めてブログを書きました。
本日708日目を迎えついにラストブログとなります。


というわけでラストブログでは私が大きな影響を受けた本からメッセージを伝えようと思います。
の話はここにつながります!!)

 

私はコロナの自粛期間に今までの人生の中で一番多くの本を読みました。
その中で衝撃を受けたのが「道をひらく」という、松下幸之助さんの本です。

その中に「道」について書いてありました。

 

「自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。自分しか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗するときもある。…」

(「道をひらく」 一部抜粋)

 

 

この言葉を今勉強に力を注いでいるみなさんに伝えたいと思いました。
いま全力で取り組むのも、自分に甘えてしまうのも

みなさん次第です。

私はじぶんの人生の道は繋がっているのだと思います。

だからこそ、今の努力は必ず報われる。
松下幸之助さんの言葉を借りれば、

どんなにせまくて、のぼりの道で、かきわけていかなくてはいけなくても、

いつか広い道がやってくる

のだと思うのです。

 

新しく学年が変わり、受験生になり不安を覚えている人も少なからずいるのではないでしょうか。

今の努力は必ず報われる。

自分しか歩めない道だからこそ、

今の自分自身の努力は将来の自分につながる

と思います。

これから新しい学年で頑張っていきましょう。
少しでも不安なことがあればいつでもスタッフに声をかけてくださいね!!!

ブログは最後ですが、まだまだわたしは校舎にいます!!

 

中央大学 川埜真希

★明日の開館時間★

10:00 〜 19:00