高校時代のお話 ~いつやるの?~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2014年 6月 13日 高校時代のお話 ~いつやるの?~

おはようございますこんにちはこんばんは!伊藤行秀です!

 

最近の連発で天パに拍車がかかる今日この頃みなさん勉強頑張ってますか?

 

今日は高校時代に僕が所属していた世にも珍しいダーツ部(!?)についてお話ししようかと思います!

 

 

 

 

 

 

 

都内に一つしかない部であることは確実なダーツ部です。

ただ、何も情報が得られないことからおそらく国内唯一かと思っているダーツ部です。

同好会から部への昇格時に顧問が『利き腕の肘から先のみを動かす紳士のスポーツなので運動部だ!』と校長に掛け合いましたが、光の速度で却下され文化部になったダーツ部です。

ちなみにやっていたのはハードダーツという先端が針のダーツです。

 

活動は毎週月曜と木曜の2回で、なんだ忙しくないじゃないかー、と思いますよね?

 

はい!忙しくないです!!キリッ

(ぇー)

 

じゃあ、なんでこんな記事書いた?って話ですけど、こんな部だからこそ気付いたことを伝えたいのです。

 

ダーツ部は4ヶ月おきぐらいのペースで外部の大会に出ていました!

全国大会の20歳以下の部門にも出てます!

 

引退ではありませんが、一応高3の4月で受験生は部活には来なくなるという風潮があったので、最後の大会が高2の2月のでした。

 

そこまでの大会で全くイイとこが無かった僕としてはなんとしても結果出したい!中高一貫で5年間やっていてそれは恥ずかしい!

ということで、大会2ヶ月前から本気で練習して大会に挑み、なんと3位になりました!! 最後の最後でチラッと結果残せてめちゃくちゃ嬉しかったです!

 

その経験から僕が一番伝えたいことは、

 

今しかできないことに全力で挑戦する!!

 

ということです。

 

人生は長いですが、永遠に続く訳でもないし、もう一回ある訳でもありません。

 

今しかできないこと、というのはもちろん

部活生 → 部活

受験生 → 受験勉強

 です。

 

これからの人生で今以上に部活に打ち込み、勉強できる時間なんてありゃしません。そんな今だからこそ僕らは頑張らなければならないのです!

 

実際、僕は5年間週2回とはいえ、そんなに真面目にやらなかったことを本当に後悔しています。

 

なので、みなさんは悔いの残らないように今、自分が何に最も力を注ぐべきかをよく考えて、それに精一杯取り組みましょう!!

もちろん勉強は怠らずに、ね!笑

 

担任助手1年 伊藤行秀