9月以降の勉強法 ~日本史(世界史)~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2015年 8月 25日 9月以降の勉強法 ~日本史(世界史)~

お久しぶりです。

 少し気温は落ち着きましたが、気持ちは激アツの松井です。
自らを武蔵小杉校の火の玉ストレートと命名したいと思います。笑
批評は直接でのみ受け付けます。笑

ここからはマジメに

 
今回は自分の得意科目であった日本史に重点をおいた話をさせていただきます!
あくまで個人的な見解ですが、

センターでの80点前後というのが大きな勉強のやり方の転換点だと思っています。

そんな皆さんに向けて(まだの人も後の今後の参考に)紹介します!

それはズバリ、問題を解きまくるという方法です。=アウトプット

今までは、授業のノートやテキストを暗記するというのが、多くの人の勉強の仕方だったのではと思います。=インプット

自分は 、この転換期に

センター過去問のみならず、受験有無に関係なく校舎に置いてある大学の過去問を解きあさりました。

演習をして

①知っていながら間違えた場合は 間違えだけでなく周辺の知識を洗いながら復習する。
②全く知らなかったら、近くの範囲をまとめてるノートに書き足して、覚える。
そうすることで
様々な形式の問題に多く触れることができ、理解や暗記度を多角的に点検することができます。

なので
 自分は通期内容は問題中心の勉強=アウトプット
+文化史、テーマ史、苦手範囲は 引き続き暗記勉強=インプット
という二本立てで勉強進めていました!

他教科でも、応用できることはあると思います。ぜひ、参考にしてみてください。
校舎でも直接聞いてみたください。

最後に一言!
結果には必ず原因がある
これからの勉強は、復習分析がいかにできるかが大切です!
自分で自分のことを最大限考えて頑張りましょう!

 

 

担任助手二年 松井

 

 

お問い合わせは東進ハイスクール武蔵小杉校まで!↓

フリーダイヤル

電話番号0120-165-104

【開館時間】夏休み特別時間割実施中

平日・土曜 7:00~20:30  休日・祝日 7:00~19:00