何周やればいい? ~堀先生~ | 東進ハイスクール 武蔵小杉校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 7月 19日 何周やればいい? ~堀先生~

 

こんにちは!!!!!!!!!!!!

 

 

個人的な話になってしまいますが、私のだいすき球団、横浜DeNAベイスターズが昨日の試合で勝って、単独2位に浮上しました!!!!!ここ最近で一番うれしいニュースですね。本当にうれしいです。

 

7月に入ってからのベイスターズは普通に強いですね。投手は抑えるべきところをしっかり抑え、打者は打つべきタイミングでしっかりと打つことができてます。本当に強いチームの戦い方です。

 

私の激推し選手である佐野選手も絶好調で、打率リーグトップをひた走っております。昨日も決勝点となる逆転ホームランを放ち、ヒーローインタビューを受けていました。素敵です。

 

大学の試験が近づいてきて勉強に追われる日々が続く中で、ベイスターズの勝利がわたしの精神安定剤になっています。この勢いに乗ってさらに勝利を積み重ね、2位の地位を盤石なものにしていって欲しいですね。明日の試合も楽しみです!

 

 

…と、このままではただのプロ野球大好き大学生のブログになってしまうので、ここからはちゃんと勉強の話題について話していきます。

 

 

授業などを受けて内容を理解したあと、演習をたくさん積もうという段階になったときに、問題集を解くことになると思うのですが、たまに生徒から「問題集何周やればいいですか?」と聞かれることがあります。

ですが、その質問は本質から少しずれているのかなとわたしは思います。

 

どうして問題集をやるのかといえば、持っている知識を組み合わせて自力で問題を解けるようになるためです。

 

その目的を達成するために必要な考え方は「何周やる」ではなくて「できるようになるまでやる」が正解だと思います。

できるようになるまでの過程として、結果的に「〇〇周やった」という風な数字が付いてくるだけであって、その数は全く重要ではないのです。

 

世の中で、1回やっただけでできるようになる人間なんていうのはごくわずかしかいなくて、数回やってようやくできるようになる人たちのほうが大多数です。

できるようになるまでの途中のプロセスは、しんどくてとてもつまらないですが、根気よく続けていればいつが必ずできるようになります。

 

重要なのは「何回やるか」ではなくて「できるようになるまでやる」ことです。

毎日こつこつ、地道に続けていきましょう。努力は報われます!

 

横浜国立大学理工学部2年 堀 圭佑

 

夏季特別招待講習 3講座締め切りまであと2日!!

 

★明日の開館時間★

13:00~21:45