モチベーションについて考えてみよう!~秋山先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2017年 9月 29日 モチベーションについて考えてみよう!~秋山先生~

★昨日のブロガーへの質問

 
Q.秋山先生のすきま時間活用法を教えて下さい!
 
 
A.人の多い所では音読をしていました。教室内とかですね!
五月蝿いからこそ人の目を気にせず思いっきり声を出せるし騒がしくても集中できますよp(^_^)q おすすめです!
 
 
 
というわけで、こんにちは!秋山です。
ブログがリニューアルして早5日目。武蔵小杉校のおしゃべりマシーンとしてはお話しできるスペースが増えたということで嬉しい限りです(^O^)♡
 
 
 最近、「今日はやる気が出ないなあ、、」 「もう勉強するの疲れたなあ、、
そんな生徒をちらほら見かけます。
 
夏休みが明けて学校行事も増え、勉強に取れる時間も減少していったり。受
験生は赤本を解き始めたはいいけど、点数が伸び悩み勉強する手が止まってしまったり。
 
このような時に重要視されるのがモチベーションですよね ( ᵕᴗᵕ )
 
「モチベーションってどうやってあげればいいの?」 「最近モチベが下がって来て、、」
そんな声もよく聞く今日この頃。
このような壁にぶち当たった時、大多数の人はどうモチベーションをあげるか考えると思います
(ちなみに私もその1人です)。
 
だがしかし!我が小杉校担任助手の中には自己のモチベーションに左右されずに勉強していた人たちがいたのです。今日はその2人に特別に対談を行ってもらいました (^^) 
 
↓↓↓
 
________________________________________________________
 
 
__それでは、よろしくお願いします。
 
 
 
 
佐藤(以下 佐):今回の議題はモチベーションについて、ということでよろしいでしょうか?
 
__はい!佐藤先生は自分のモチベーションとどう向き合って勉強していたのですか?
 
佐:自分のモチベーションがどんなに高くともどんなに低くとも、「自分は第一志望に絶対に受かると思っていた」のでモチベーションを上げようと考えたりすることはありませんでしたね
 
__なるほど。
 
佐:自分が第一志望の学生じゃない未来なんてありえない!と強く思っていました。もちろんそのような根拠のある自信を身につけるためにたくさんたくさん勉強しましたよ。
 
__畑先生はいかがでしょうか?
 
畑(以下 畑):今振り返って見ると、常にモチベーションは低かったと思います。
 
__そうなんですか!佐藤先生とはまた違ったタイプですね。意外です。
 
畑:自分の周りは大学受験する人が本当に少なかったので、周りが皆遊んでいる中で高いモチベのまま勉強するなんて到底無理だったというか。
 
__その気持ちは分かります。
 
畑:でもどんなモチベであったとしても勉強をすれば受かる、しなければ受からないと考えていたのでただひたすら勉強するのみでしたね。モチベの高さが合格を直接左右するわけではないので。
 
__モチベーションを利用しなかったということですか?
 
畑:はい。モチベが高ければそれを利用すればいいと思いますが、モチベが低いことが悪いことだとは思っていません。低いなら低いなりに勉強すればいいのです。
 
佐:要するに、勉強すればいいということですね。
 
畑:そういうことです。受験生のみなさんも低学年のみなさんも、「自分は勉強しなければならない」ということを心の何処かで分かっているはずです。その想いに向き合い、勉強に励んで欲しいと思います。
 
__ありがとうございました!!
 
________________________________________________________
 
 
みなさん、如何でしたか?
 
普段からモチベをどう上げて勉強していくか、モチベが下がらないようにするにはどうすればいいかということばかり考えていた私からしたらまさに目から鱗!って感じでした。
 
皆さんにも、まずは自分と向き合い自分がどのような気持ちなのか理解してほしい思います。自分の気持ちがわかっていなければ佐藤先生や畑先生のように意志を強く持って勉強することは出来ないからです。
 
大学受験は思いっきり勉強できる機会であると同時に、たくさん自分と向き合うことができる機会でもあります。
この機会を思う存分利用して、成長してほしいなと思います(*^^*)!
 
勿論そんな中で壁にぶち当たったら、私たち担任助手に相談して下さいね。いつでも待ってます!
 
 
★明日のブロガーへの質問
 
Q.大学生活で楽しい!充実してる!とおもった瞬間のエピソードを教えて下さい。
 
 
 
法政大学文学部日本文学科1年
秋山奈菜子