東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

2018年 3月 22日 

こんにちは、立教大学理学部の田中峻介です。

花粉症の人にはきつい季節のなってきましたね。

将来、花粉を治す米が開発されるとかされないとか。。。実現すればいいですね。

早速、話に入っていきましょうか。 今回、私が皆に伝えたいことはこの時期にやって良かったこと&後悔したことです。

 

~私がこの時期にやって良かったこと ~

私はこの時期に1800、上級1000、キクタン3000、速読英単語を完璧にしていました。

 単語を早期に固めたため後に学習した文法や構文、英文解釈の学習の費用対効果がかなり高くなりました! やはり単語力は英語の基礎でるので、早期に多くの単語を覚えられたことで、夏前から受験直前まで私大長文を1日1題良くことが出来ました。

 

~私がこの時期にやって後悔したこと~

この時期ではないのですが、単語を早期に固めたため、この時期から単語王、夏後にはリンガメタリカをするなど、少し単語に時間をかけすぎた気がします。 単語は多く覚えている分には損は無いのですが、受験は時間も考えなければいけないので、時間がもったいなくなってしまいました。 そのため、数学に十分な時間が回せなかったため、最後まで数学が合格点に届かず、第一志望は落ちてしまいました。

夏にはセンター演習、9月からは過去問演習に入りたいことを考えても、早期基礎基本の徹底は必要不可欠ですね。

 

~私がこの時期にやっていなくて後悔したこと~

数学ですね。数学は英語などと同じように、点数が伸びにくい科目だと思います。化学や物理はすぐ伸びるんですけどねぇ…

私自身、数学が苦手で苦手科目を後の方に回して夏休みから一気に決めたので、皆さんにはそうなってほしくないですね。

なので、数IIIがある人はこの時期から数学IA.IIBの標準問題を解けるようにしていることがベストだと思います。

 

 

★明日の開閉館時間

8:30~21:45

立教大学理学部化学科 1年 田中峻介