My High School Life | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2014年 7月 7日 My High School Life

こんにちは!

担任助手2年の吉田真悠です!

今回は私の高校生活について語っていきたいと思います^^

 

皆さん、高校時代私は何部だったと思いますか?

まあ、知らねーよ!って感じだと思うのですが(笑)、

実は私、高校の時は演劇部に所属してました!

意外ですか!よく言われます!

私の学校の演劇部は大会でも上位に食い込むような部活で、最高で関東大会まで進んだことがあります!

その分活動日数が週5と多く、朝練も昼練も放課後練もありとても忙しくて、私の高校生活は部活で成り立っていたと言っても過言ではありません。

活動の様子としてはこんな感じ!

これは私がリーゼントの吸血鬼だった頃の写真です(笑)

高2の冬に上演したもので、中世ヨーロッパを舞台とした愛と贖罪がテーマの悲しい物語でした。

この公演は校内公演だったのですがとても好評で、アンコール公演を希望されるほどでした!

世界観を実現するのが本当に大変で、皆で試行錯誤しながら作り上げたとても思い出深い作品です^^

これは私がサーカス団の座長だった頃の写真です。

ポーズは気にしないで下さい(笑)

重い過去を背負ったサーカス団の一座に1人の不思議な少女が迷い込むというストーリーでした。

この公演は私が高3の秋に大会で上演したもので、 引退公演でした。

公演中、盛り上がりも佳境の感動シーンあまりに役に入り込みすぎて涙が溢れて止まらなくなったのも良い思い出です(笑)

この公演は創作だったのですが、役作りがとても難しく本当に苦労させられました。

部員同士で何度も何度も話し合いを繰り返し、何度も脚本を改変しました。

でも努力した甲斐あり、大会では最優秀賞と私個人で優秀女優賞をいただくことが出来ました!^^

本当に本当に嬉しかった!!!

最高の形で高校時代の大半を占めた部活生としての時間を締めくくることが出来ました。

 

私の高校は大学附属で私も元々は大学受験をする気がなく、

やりたいことが見つかり受験勉強を始めた時にはもう高3の6月半ばでした。

部活は高3の10月末まであって、しかも周りの友達は当たり前ですが受験ムードなんてゼロで、

そんな環境で受験勉強と部活を両立するのは本当に大変でした。

自分で受講の予定を組める東進じゃなかったら続けられなかったと思います。

 

そんな楽しいことも辛いこともある部活生活でしたが、

今一つ言えることがあって、

 

最後まで諦めずに部活をやり切って本当に良かった!!!

 

これに尽きます。

部活を続けようか迷ったときもありましたが、途中で辞めていたら絶対後悔していたと思いますし、

最後まで部活をやり遂げた自信達成感は確実に引退後の私の支えになりました。

おかげさまで、今第一志望の北里大学看護学部に通えています^^

 

これを読んでいる皆さんの中にも受験の為に部活を辞めようか悩んでいる人がいるのではないかと思います。

それも一つの手段だと思います。

もし途中で辞める結果になってしまっても、自分の選択に誇りを持って下さい。

 

でもやはり、部活生の皆さんには出来る限り

部活を最後までやり切った達成感を知ってほしい!!!

 

絶対に皆さんの力になるはずです。

一度きりの高校生活、勉強も部活も思う存分挑戦してみたっていいではないですか!

二兎追う者だって二兎得られます!

これが私からのメッセージです。

 

長くなりましたが、この辺りで終わりにしたいと思います。

部活生の皆さん!!!

みんなガンバレーーーー!!!

 

担任助手2年 吉田真悠

 

 

 

公開授業、はコチラ⇓

招待講習についてはコチラ⇓