Ride, Ride, and Ride !!! 〜楠田先生〜 | 東進ハイスクール 武蔵小杉校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 23日 Ride, Ride, and Ride !!! 〜楠田先生〜

こんにちは。最近自分の金銭感覚に一貫性を見出せない、楠田です。昼食に毎日千円以上かけるのが当たり前の生活を、「とんでもない散財をしている」と二週間ほど前に友人に揶揄されたのを機に突如コストパフォーマンスに執着するようになり、弁当やファミレスのメニューのみならずスナック菓子や菓子パンに至るまで単位量あたりの金額を念入りに考えながら物を購入する、という生活スタイルに切り替えていった、はずでしたが、ここ数日前から「たまには散財するのも悪くはない」という思考になり、昼食に毎日千五百円近くかけたり両親の昼食代を奢ったりしているなど、結局は二週間以上前の生活水準に逆戻りしてしまいました。結論を言うと、私は「気まぐれな人間である」のでしょう。

 

さて、今日の本題に入る前に、私が大学で所属している部活についての話をしたいと思います。

私が所属しているのは「東京大学運動会自転車部旅行班(以下旅行班)」と言うところです。

なんか仰々しい名前になってしまいましたが、要は自転車で旅行をする部活です。そんな旅行班のメインイベントは年3回行われる「合宿(夏・秋・春)」です!

コロナが流行る前は海外に旅立っている先輩もいたのですが、昨年はその影響で一回も実施できず、今年は万全な感染対策の下夏合宿と秋合宿が既に行われました。最近色々な生徒に「よく焼けましたね〜」と言われるのですが、理由はこの二つの合宿に参加していたからです。夏は東北地方を回り、秋は中部地方(長野・山梨とか)を回っていました!

ここで、2種類の数字を見せたいと思います。

 

794km 10164mUP

840km 15496mUP

 

距離とよくわからない数値が2種類書いてありますが、上が夏合宿(8/6~17)で走った総距離と総獲得標高、下が秋合宿(9/5~14)で走った総距離と総獲得標高です。特に秋合宿は期間が夏合宿より2日短いのに46キロ多く、1.5倍近い量の登りをこなしていた点で今でもよく完走したなと思っています。

 

 これをみている皆さんは、私が相当な距離を走っており、かなりきつい体験をしたことに気づくのではないか、と思います。実際私も夏合宿の3日目あたりでは悪天候も重なって、「まだ一週間以上も走んなきゃ行けないのか」「もう帰りたい」「俺もう秋合宿参加できない」などと弱音を吐いていました。しかし気づいてみれば夏合宿も秋合宿もあっという間に終わっていました。

 

 高1・2生の皆さんはそろそろ学年の切り替わりを迎えるところですが、これを機に受験生活について想像するようになるのではないでしょうか。(そうあって欲しいところです。) 受験生活というと、毎日15時間ぐらい勉強したり、好きなテレビやゲームを1年以上封印したり、色々な制約や苦しさの中に身を置かなければならない、という印象を持つと思いますし、実際そういった面はあります。特に高2生の皆さんは受験生活に対する不安をより切実に抱き始めているのではないでしょうか。(私もそうでした。)

「こんなにいっぱい勉強して体が持つのか心配…」「途中で飽きてしまわないか心配…」「でも勉強しないことには合格できない…」

こういう不安を感じている皆さんに、私が合宿中に意識するようにしていた考え方を教えたいと思います。

「目の前の一つの登り・1日をこなしていこう。そうすればゴールに辿り着く。」

私はこのように意識することで、途中で両膝がやられる等の困難はありましたが無事どちらも完走することができました。

皆さんも、受験勉強という長い行程を考えてしまうと気が滅入ると思いますが、一日一日の勉強の積み重ねだ、と思えば案外楽にこなせると思います。最後になりましたが、高1・2生の皆さんに最も目の前にある「登り」を教えてこのブログを閉めようと思います。

 

「9月末までに絶対受講を修了すること。」

 

東京大学前期教養学部文科二類

同じく、後期課程経済学部内定(←9/17 無事進振り内定しました!!) 2年  楠田陽平

 

★明日の開館時間★

13:00 ~ 21:45