今年もこの話をする季節がやってきました!~鬼塚先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2019年 11月 6日 今年もこの話をする季節がやってきました!~鬼塚先生~

こんにちは、担任助手3年の鬼塚です!

ついに、2019年も残り2ヶ月を切りました!あっという間ですね。年をとるごとに一年が早く感じるのは気のせいでしょうか…。

 
そして、センター試験までは今日であと73日となりました!特に、受験生の皆さん、だいぶ実感も出てきたのではないでしょうか。中には、不安が募っている方も多いのではないでしょうか。ただ、ここが踏ん張りどころです!本番が近づいているとは言えど、まだ73日あるんです!
もう本番まで73日しかない」なのか「まだ本番まで73日ある」なのか、考え方次第でまだまだ伸びしろも変わってきます!頑張りましょう!
 
さて、本日のテーマですが、本日のテーマはこちらです!皆さん、何かわかりますでしょうか?
 
 
 
 
そうです!予防接種です!
皆さんわかりましたでしょうか?
毎年受験生に猛威を振るう強敵、インフルエンザ。
 
そして、この強敵に唯一太刀打ちできるのが、「予防接種」です!
もう予防接種を受ける予定は決まっているでしょうか?
実は私もつい昨日、予防接種を受けてきました!
 
しかし、そんな私も受験生時代は予防接種を受けずに受験に臨みました。今日は、予防接種を受けなかった受験生「鬼塚晃弘」のその後をお話したいと思います。
 
まず、高校生の私は健康には自信があり、それまでの人生でインフルエンザにかかったことはありませんでした。
なので、その年もインフルエンザにかかることはないだろうと予防接種を受けませんでした。
 
その後、無事センター試験が終わり、2月から始まる私大の試験に向けて勉強したその時です!
 
 
 
 
鬼塚は「インフルエンザA型」に感染しました。
 
インフルエンザにかかって始めて知りました。インフルエンザ、とても辛いです。
インフルエンザにかかって5日間ほどはほとんど勉強できませんでした。インフルエンザが治ったときには、最初の私大入試は既に5日前。
十分な対策をできないまま本番を迎えざるを得ませんでした。
その後、2月から私大入試が始まり、私は国公立志望だったので、2月下旬に前期入試を受験しました。
前期入試の結果は不合格だったので、その後3月中旬にある国公立の後期入試に臨むことになりました。
そして、後期入試の当日です。事件は起きました。
 
朝起きると体調が悪いのです。
 
ただその日は最後の受験なので、会場に行き、試験を受けました。
 
しかし、当然ですが、体がだるく試験には全く集中できませんでした。
結果はもう言わずもがなです。
 
試験翌日病院行ったところ、何と!!
 
「インフルエンザB型」と診断されました。
 
こうして不完全燃焼のまま鬼塚晃弘の大学受験生活は終わりました。
 結果的に、今までかかったことのなかったインフルエンザにこの年2回かかってしまいました。
 
さて、ここまで鬼塚晃弘という一人の受験生のエピソードをお話してきましたが、なぜこのような結果になってしまったのか、、
答えは1つ、
 
それは「過信」です。
 
自分はインフルエンザに絶対かからないだろうという過信です。
この過信があったことで、私の受験生活は悔いの残るものとなりました。
 
いかがだったでしょうか。このエピソードを知って、皆さんは予防接種を受けないわけがない、ですよね!
予防接種を受けても感染する可能性は0にはならないらしいですが、予防接種を受けると症状は軽くなるみたいですよ。
 
予防接種は時期によっては受けれない病院もあるので、必ず早いうち受けましょう!
 
「備えあれば患いなし」です!
 
 
明治大学理工学部3年 鬼塚 晃弘
 
★明日の開閉館時間★
13:00~21:45