ブログ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 

2020年 12月 3日 高い志を!!~鈴木先生~

 

みなさんこんにちは!鈴木です。

 

私が所属するバレエサークルの作品の撮影が先日撮り終わりました!
モダンバレエには初挑戦でしたが、違うジャンルはとても新鮮で楽しかったです!
他の作品にもどんどん挑戦していきたいと思っている今日この頃です!笑
 
 
 
挑戦!挑戦!?挑戦??? と言えば!
 
 
 
共通テストが来月に迫ってきて、緊張感が高まっているなかですが、もちろんみなさん挑戦することから逃げていませんよね??
ということで今日は!私が受験生のときに妥協しなくて良かったなと感じたことをお話しします。

 

 
それはズバリ!自分が興味のある学部のみを受験したということです!

 

 
つまり、入学したらどのようなことを勉強できるのかをしっかりと調べてから受験校を決定しました。
同じ学部名でも、勉強できることは大学によって全く異なります!
 
社会学に興味があった私は、実際自分がその大学に通うことを想像して本当に勉強したいことを学ぶことができる受験校を選択しました。
 
そして、大学生になった今もこのように選択していて良かったなと感じています!!

 

 
大学受験はあくまでもゴールではなく、通過点に過ぎません。
みなさんも、士気を今一度盛り上げるためにも、を見つめ直してみてはどうでしょうか?

 

 
今日も充実した1日を過ごしましょう!!

 

 
青山学院大学 コミュニティ人間科学部 1年
鈴木紗菜

 

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

2020年 12月 2日 高校生時代のギモン~伏見先生~

こんにちは伏見です。

いよいよ2020年も残り1カ月となりました。これ即ち、共通テスト本番(同日受験も)がすぐそこまで近づいてきているということです。「努力は一瞬の苦しみ、後悔は一生の苦しみ」です、未来の自分のためにラストスパート全力で頑張りましょう!

~本日のちなみに話~ 上の文章で用いた「これ即ち、」というフレーズは自分の一番好きなドラマである「謎〇きはディナーのあとで」に登場する影山という執事がよく使うフレーズなのです。小学生の自分は執事のカッコよさにドはまりして、算数の授業で証明をしていく際に、「これ即ち!三角形ABCとDEFは合同である!」などと連呼していました。今考えるとヤバい奴ですね…

突然ですが私が受験生のころどうしても気になっていたことがありました、

「試験本番でしゃっくりが止まらなくなったらどうしよう…」です笑

x=5y「ひっく!」だから…「ひっく!」えーっとyは…「ひっく!」なんてことに試験本番陥ったら最悪じゃないですか?周りの人にも迷惑かけてしまうし、自分も集中できなくなってしまうしでLOSE-LOSEですよね。そこで今回のブログでは試験中に止まらなくなってしまったしゃっくりを止める方法をお教えします!(需要があるかは不明ですが)

まずしゃっくりの仕組みを説明すると、横隔膜が痙攣する→声帯が閉じる→脳が息を吸わなきゃと錯覚→「ひっく!」です。さて、仕組みがわかったところでしゃっくりを止めるにはどうすれば良いのでしょうか?諸説ありますが、脳に別の刺激を与えることが最も有効だそうです。脳が「息を吸わなきゃ…」と思っているところに別の刺激をぶつけると息を吸え!という指令を止めることができるのです。例えば、甘い飲み物を飲む驚かしてもらうなどです…あれ、試験中にできなくね!?

というわけで自分一人で道具も何もいらずにできる方法を調べたところ、耳に指を突っ込むという方法を発見しました。耳の奥の神経を刺激することで脳が耳の方の神経に集中することでしゃっくりがとまるとのことです。少し恥ずかしいですが試験中にしゃっくりが止まらなくなってしまったら試してみてください。

 

青山学院大学 国際政治経済学部1年 伏見竜馬

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

2020年 12月 1日 12月は新学年の始まり!~向原先生~

こんにちは。今日から12月ということで、2020年も残りわずかになりました。

そろそろ研究室のことも考えないと…と思っている今日この頃です。私の所属する学科では、3年の秋から研究室に配属されるので、本格的に考える時期になりました。興味のある分野が複数あるので悩むことになりそうです。

 


さて、本日12月1日は何の日でしょうか?

 


東進で学年が変わる日です!

 


今日から
高2生は新高3生
高1生は新高2生
になります。


では、学校で学年が変わるのは4月なのに、どうして東進では12月なのでしょうか?


それは、4月では遅すぎるからです。


4月1日になると、もう受験生になったから勉強を頑張らないと!という気持ちになる人が多くいます。

だけど、そこから今までの復習をして、習っていない部分の勉強をし始めるのでは間に合いません。それが終わった後は、共通テストと二次私大の過去問演習や単元ジャンル別演習などやることはたくさんあります。

本当に時間はいくらあっても足りないと感じるほどです。
12月から新学年のモチベーションで勉強すると、4か月早く始められるので

「時間が足りない…!」

と絶望する可能性は格段に下がる訳です。

 


ここで、受験生が一度は口にする言葉ランキング(向原調べ)第1位のセリフを発表しましょう!(私の独断と偏見による調査なので悪しからず。)


受験生が一度は口にする言葉ランキング第1位は、


『あのときちゃんと勉強しておけばよかった』


です。高2・高1の間にどれだけ勉強できるかが大事だということを表している言葉だと思います。(今日からは高3・高2ですね)

 


未来を変えることができるのは、今の自分です。


1年後、「あのときちゃんと勉強しておけばよかった」と思いたいですか?


それとも、「あのときちゃんと勉強しておいてよかった」と思いたいですか?

 

 

慶應義塾大学薬学部薬科学科2年

向原捺美

 

★明日の開閉館時間★

10:00~21:45

 

2020年 11月 29日 受験勉強が疲れた皆さんへ~村本先生~

 

こんにちは、村本です。

突然ですが、最近あることを始めました。

突然ですが問題です、最近始めたこれはなんでしょうか?

 

正解は、『10年日記』です。

2週間前ほど前に友人に勧められて始めました。

10年日記とは、同じ日付に10年分記入する欄があります。そのため、2年目以降は昨年の自分を振り返りつつ、時間の経過を楽しむことができる面白いものとなっています。毎日の生活の質が上がることを期待しています。

 

さて、時間の経過について軽く話したところで。

受験生の皆さん、受験生活が残り僅かとなってきましたね。

「もう疲れた、、、」

なんて考えている人、多いのではないでしょうか?

でも、考え直してください。それはあくまでも感情に基づいた考えではないでしょうか?感情によって思考を左右されることはとても危険です。

では、論理的に考えてみましょう。

受験生活は残り3ヶ月程度です。皆さんの選択肢としては、

感情に左右され3ヶ月を優先して大学生活4年間を棒に振る

理性的な思考から3ヶ月頑張り大学生活4年間を楽しむ

 

皆さんは、どちらを選びますか?きっと、②ですよね?

辛かろうと、のこりたったの3ヶ月頑張れば素晴らしい4年間が待っていると考えれば頑張るべきであると分ると思います。

担任助手一同、精一杯サポートしていきますので、残り3ヶ月一緒に頑張っていきましょう。

 

慶應義塾大学経済学部経済学科 2年 村本健人

 

★明日の開閉館時間★

10:00~21:45

 

 

2020年 11月 28日 教科のスペシャリスト②~北原先生~

こんにちは北原です!

11月も気付けばあと2日で終わり、波乱万丈の2020年もあと1ヶ月で終わりですね…。

自分の通う早稲田大学では、先日、六大学野球で早稲田が優勝したということもあって、高田馬場周辺を歩けばどこに行ってもそのチラシを見ます。

12月にはラグビーやサッカーの試合があるので、自分も一回応援しに行こうと思います。もちろん慶應には負けません。

 

さて、今回は前々回の話に続いて教科のスペシャリスト理社編を紹介しようと思います!扱う教科は①物理・化学②生物③世界史・日本史です。

 

①物理・化学

理系の王道とも言える、この二科目のスペシャリストはやはり”望田先生”です!望田先生は前々回も言ったように東京工業大学の先生で、とりあえず理系でわからない問題があればこの先生に持っていけば大丈夫です。なんとかしてくれます。

文系であっても、物理基礎化学基礎の問題でわからない部分があれば望田先生に聞くのがおすすめです!特にこれからより使うだろう大門別演習は、理科基礎が恐ろしく難しいので絶対に聞くべきです。

 

②生物

生物は、受験者数もそんなに多くないのでなかなか質問しづらいと思いますが、安心してください、武蔵小杉校には”船橋先生”がいます!

船橋先生は、現在大学において看護の勉強をしているので、生物で学んだことをより実践的に活かしている先生です。ですから、生物の質問に関わらず、理科の選択科目で迷っている低学年の生徒も生物について聞いてみるのもいいと思います!

 

③世界史・日本史

世界史・日本史については、とりあえず楠田先生に質問すれば大丈夫です。”楠田先生”は、東大の先生ということもあって、日本史・世界史をともに高いレベルまで勉強していた先生です。

ですから、普通の質問に関わらず、なんでも答えてくれると思います!

 

受験勉強も終盤に近い付いてきて、かなり難しい問題が出てきていると思います。そういった中で、わからない部分があれば今日あげたスペシャリストの先生に質問してみて下さい!

 

 

わからないものを、わからないままにするのが一番やばいです。

受験勉強は、わからないところを埋めていく、パズルのようなものだと言われることがありますが、それは本当です。少しでも、わからないことがあれば質問してどんどんピースを埋めていきましょう!

 

パズルが完成した状態で試験に望むのがベストです!!!

 

早稲田大学 法学部 1年

北原涼

 

★明日の開閉館時間★

10:00~19:00