ブログ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 

2018年 12月 9日 私が担任助手になったわけ~黒田先生~

ついに我が家のリビングにはコタツが登場しました、黒田です!

幸せな気持ちもありつつ、コタツから出たくない気持ちと奮闘しなきゃいけないので大変です。

 

さて、今日はこれまでのブログの流れに乗って、私が担任助手を志望した理由について書こうと思います。

 

理由①:自分の経験を活かしたい

まず1つ目は、自分の受験生時代に経験したことを活かして、後輩である皆さんを導いていきたいと思ったからです!

私は当時中高一貫校に通っており、部活や委員会が忙しいのを理由にして中学3年生の頃あたりから勉強を疎かにしてしまい、いわゆる「なかだるみ」の状態になっていました。

勉強をしないせいで苦手科目だった英語がさらに苦手になり、そのせいで勉強が嫌いになり…という負のループに陥り、「このままじゃダメだ」と思いつつも、何もしない日々が続きました。

しかし、高校二年生になってさすがにそれはまずいと思い、たまたま学校の前で配っていた東進のチラシをきっかけに、東進に足を運び、夏期招待講習を受講することを決めました。

「私みたいにもともと勉強しない人が塾に通ったところで何も変わらないだろうなぁ」という感じでダメ元で受講したのですが、実際に受講してみると、とても面白く、そしてとても分かりやすく、90分があっという間に感じる授業でした。

この招待講習を通して、英語に対する苦手意識が和らぎ、そのおかげで勉強することの楽しさを感じることができたのをきっかけに、そのまま秋に東進に入学しました。

その後、模試の成績も順々に伸びていったため、この選択は大学生になった今も間違えではなかったなと思います。

 

しかし、受験生活は嬉しいことばかりではなく、辛いことも多かったです。

模試の成績が伸び悩む時期もあり落ち込むことがありましたが、何より辛かったのはセンター試験本番で大失敗してしまったことです。

センター試験の演習を十分に重ねたつもりだったので、自己採点をしたときには頭が真っ白になり何も考えられませんでした。

しかし、そのまま落ち込んでいても結果は変わらないし、幸い私は私立大学志望だったので、一般入試で逆転することが可能だったため、悲しみを引きずることなく、すぐに切り替えて一般入試に挑み、そこで挽回することができました

これらの他にも嬉しいこと悲しいことは沢山ありましたが、それら全てを思い出として終わらせることなく、次の代に受験に挑む皆さんの役に立てたい思いました。

 

理由②:将来の糧にしたい

私の将来の夢は、「様々な人々が過ごしやすい社会をつくる」ことです。

そのために、社会で困っている人々を助けるというのは必要不可欠なことです。

形は違うとはいえど、担任助手として後輩の皆さんのサポートに携わるというのは、「誰かを助ける」という点で私の夢と繋がっているところがあり、きっとこの経験が私の将来の糧にもなると思いました。

 

理由③:担任助手の方々への憧れ

そして3つ目が、担任助手を志望した最大の理由である、担任助手の先生方への憧れです!

私は東進に入学してから約1年半の間、多くの担任助手の先生方にお世話になりました。

 

そのなかでも、私が受験生の頃にお世話になった先生は、当時私が第一志望校としていた立教大学に通っている方で、私の目標でもあり、そして大きな支えとして、最後までかけがえのない存在でした。

 

(実は川埜先生も同じグループミーティングのメンバーで、共に励まし合う仲間であり、勉強量などを競い合うライバルでもありました。)

 

そんなお世話になった武蔵小杉校の先生方に、志望校に合格して担任助手として後輩のサポートに携わることで恩返しがしたい考えました。

 

以上が私が担任助手を志望した理由です。

ちなみに、10月末に皆さんの中の多くが提出してくれた「担任助手志望理由書」を、受験生当時の私は8枚書きました。

それだけ担任助手の仕事に憧れがあったのでしょうね…今となっても良い思い出です。

 

約3ヶ月後に受験を終え、同じ担任助手として勤務できる日を楽しみにしています!!

 

法政大学 社会学部 社会学科 2年 黒田英里馨

 

☆明日の開閉館時間☆
 
 11:30~21:45

 

2018年 12月 8日 センターに向けて~相原先生~

皆さんこんにちは!!だんだん寒くなってきましたね。そろそろ雪が降るのが楽しみな担任助手1年の相原です。

 

今日は他の先生と同じように私が担任助手になった理由について書こうと思っていましたが、やめておきます。他の先生と少し違いますが、似たようなことを書いてしまう気がするので、、、(笑)

 

なので今日は40日後にセンター試験を控えている受験生の皆さん向けに書いていきたいと思います。

 

明日は12/16最終センター試験本番レベル模試1週間前です!

この模試の重要性は言うまでもないと思うので書きませんが、皆さんはちゃんとこの模試に向けて勉強できているでしょうか??

二次。・私大の対策も大事ですが、国立大学志望の人は特に、もうセンターに行こうしなければならない時期です。実際に私も去年の今頃に完全にセンター対策に切り替えました。

 

もし冬休みに入ってからでも間に合うと思っている方がいたとしたら危険ですよ!

例をあげると、国立理系の人で古文漢文や社会科目を直前に対策して乗り切ろうという人がいますが、ほぼ不可能です。仮に直前に対策した文系科目で満足のいく結果がでたとしても、センター直前に大事な数学や理科の対策に時間がさけず、失敗してしまうでしょう。

 

そんなことにならないように明日からでもセンター対策重視で勉強していきましょう!!

 

横浜国立大学 理工学部 1年 相原悠大

☆明日の開閉館時間☆
 
 8:30~19:00

 

2018年 12月 7日 新学年ですよ!~大西先生~

こんにちは、大西です。
街中がどんどん一色になっていきますね!って感じがしてとてもわくわくしています。
新井先生は冬が嫌いと言っていましたが、私は冬が大好きです(^_^)
 
さて、みなさん。
学校の新学年4月からスタートですよね?
だがしかし!!!!
東進の新学年12月なのです!!!!
今日はそんな新学年になったばかりのみなさん向けのブログを書かせていただきます。
 
新高3生(現高2生)のみなさん
東進ではもう受験学年ですね。勉強習慣はもうついていますか?
「4月から本気出せばいいでしょ?」とか思っている人、考えが甘すぎます。
人間いきなり100%で頑張れるわけありません。仮に出せたとしてもすぐに集中力が切れます。
実際私がこのタイプで5.6月ごろ地獄を見ました・・・人間慣れないことを急に出来るほど柔軟ではないんですね。
まだ勉強習慣がついている自信がない人、取り返しがつかなくなる前に動き始めましょう!
まずは毎日校舎に来て受講しましょう☆
 
新高2生(現高1生)のみなさん
冬休み間近でうきうきそわそわしている人も多いのではないでしょうか?
しかし、遊びほうけてはいけませんよ!今の時期、みなさんに必要なのは基礎力です。
 土台がない家は簡単に崩れてしまいますよね?基礎力はいわば土台。簡単に崩れないためにも基礎力をつけていきましょう!
高速基礎マスターをバンバン活用していきましょう☆
 
また全員にいえることは、を持つことです!
いきなり抽象的になってしまいましたね。将来の夢ももちろんですが、第一志望校を決定するのも夢を持つことに繋がると思います。
何も目標を持たずに勉強を続けるのはなかなか辛いものがあります。ぜひ時間がある冬休みを利用して考えましょう。
 
 
東京学芸大学 教育学部 1年 大西百合香
 
☆明日の開閉館時間☆
 
11:30~21:45

 

 

2018年 12月 5日 この時期に感じていたこと~新井先生~

お久しぶりです!!新井です!12月にもなって寒さも厳しくなってくる季節になりましたね。。。

寒いの好きじゃないので、早く過ぎないかなと思っている毎日です。運動する気にもなりにくくて、ぼーっとしがちなんですが、老体に鞭打って体動かしています。

 

さて、今日僕が話す内容は、この時期に感じていたことについてです。

少し受験生メインになってしまうので、高1,2生の方すみません!!

受験生の皆さんは、センターが近づく中、不安に感じる人、緊張している人。ワクワクしている人、様々じゃないかと思います。

急にですが、、、

 

不安なのは、悪い事」とかって思っていませんか???

 

 

 

実際は、全然そんなこと無いですよ!ほとんどの方が同じ気持ちだと思います。

自分自身もそわそわしていましたし(笑)

不安な気持ちが続くのが嫌だなと思うこともあるかもしれませんが、今はその気持ちを大事にしてほしいと思います。

自分ってこんな感情あるんだ!と新しい発見になるかもしれないですし。

これから歩んでいく人生の中でもこんな経験ないと思います。

なので、今の気持ちを大事にして、勉強へのモチベーションに変えていってくれればと思っています!!!

メンタル的にも、身体的にもきつくなってくるこの時期ですが、今日1日を全力で頑張る精神で乗り切っていきましょう!!

きっと、いい未来が待っていると思います!

実りのある残りの3か月ちょっとになることを祈っています!

それでは、次のブログで会いましょう!

☆明日の開閉館時間☆
 
11:30~21:45
 
早稲田大学 社会科学部1年 新井陵介
 

2018年 12月 4日 一緒にはたらこーう!~秋山先生~

おはにちこんばんは!コートもヒートテックもどのタイミングで着るのが正解かわかりません。秋の次に冬が好きな秋山です。
 
さてさて、今日も担任助手になった理由について、色々お話ししたいと思います(^^)
 
 
 
私もほかの担任助手と同じように、受験が終わった後の面談で勧められました。
 
正直、高3になってから駆け込みで入学した私が勧められることなんてないだろうと思っていましたね。某コーヒーショップでカフェ店員になる気満々で当時の自分の担当担任助手とお話ししていたのに、気づいたら担任助手になろうよ!と誘われていました(笑)
 
 
当時の自分はやる気も全く無く、自分の受験結果にも自信がなかったので断ろうと思ったのですが。その後色々とお話をして、やってみることに決めました。
 
 
 
そんなこんなでもう1年半、担任助手をやっています。やってみようと思った決め手を、皆さんにもお伝えしますね。
 
 
①経験したこと全てが後輩にとっては財産となるから
 
 
冒頭でも述べたように、私の受験結果はあまり満足のいくものではありませんでした。最終的に、第5志望の大学に進学することになったからです。当初は正しい努力をして第一志望に受かった人達が担任助手になるものだと思っていました。
しかし、志望校に落ちたり努力が実らなかった経験も、受験生にとっては貴重なものです。ガチな危機感をもってサポートにあたれますし、後悔からアドバイスできることもたくさんあるでしょう。
 
勿論皆には第一志望に受かって笑顔で助手をやってほしいですけどね!(^^) 要は、大事なのは結果では無くて日々の勉強で得た経験なんです。それらを活かせる仕事って、なかなかないんですよね。
 
 
②自分の進路について深く考えられるから
 
 
私は高校生の頃から学校の先生になりたい!という夢を持っていました。人に何かを教えるのも、寄り添うのも好きだったからです。
こういった教員系の仕事に少しでも興味がある人は、是非担任助手をやって頂きたいです。実際私は担任助手をやったことによって新たな夢が生まれたりと、自分の将来像について深く向き合う良い機会となりました。
 
 
 
③仲間!!!
 
 
当時の担任助手の先生に特に激推しされたポイントはこれです!
東進の担任助手は、高校の友達とも大学の友達とも、地元の友達とも違う新しいコミュニティです。責任を持って仕事を全うする上で、仲間はとても貴重な、欠かせない存在となります。学生時代から仕事を通じて仲間を得るという経験が出来るのも、担任助手ならではなのではないでしょうか。是非、皆にも私たちの仲間になって欲しいのです(^^)
 
 
 
 
 
大学受験で培った経験を活かして、是非私たちと一緒に働きましょう!!!
 
 
☆明日の開閉館時間☆
 
11:30~21:45
 
 
 
法政大学文学部日本文学科2年
秋山奈菜子