ブログ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 

2020年 7月 11日 みなさんはどうしていますか?~鈴木先生~

 

みなさんこんにちは!
 
 
今年はまさにザ・梅雨と感じるお天気が続いていますね~
雨音には集中力をアップさせる力があると知っていますか??
雨が落ちる”しとしと“という音には、集中している時やリラックスしている時に表れる脳波である”アルファ波“にする効果があるそうです!
勉強の合間に耳を澄ましてみるのも良いかもしれませんね。
 
 
 
さて今日は私が実践していた過去問演習においてのポイントをご紹介します!
 
①演習と復習を一つのノートにまとめる
→大学別年度別にまとめているので、自分の苦手分野、間違いやすい分野が把握しやすくなる
 
②本当に重要だと思うところを重点的に復習
→メリハリをつけて取り組むことで復習時間の短縮につながる
 
③苦手分野を大問別演習で徹底的に解きまくる
→過去問演習を経てわかった自分の課題を大問別を用いることで効率的に勉強することができる
 
このようなポイントをもとに過去問に取り組んでいました!
人によってやり方はそれぞれなので、自分に一番合う勉強スタイルを見つけましょう!!
私の方法が少しでも参考になると嬉しいです!
 
 
 
今日も明日もたくさん良いことがありますように!!
 
 
青山学院大学 コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科 1年 鈴木紗菜
 
 
 

★明日の開閉館時間★

10:00~19:00

 
 
 

2020年 7月 10日 授業~神谷先生~

こんにちは、2年担任助手の神谷です。

最近は大学の授業の課題が多くて徹夜ばっかりしているので生活リズムが乱れています。

みなさんは、私みたいにならないように計画を立てて学校の課題や勉強をして下さい。

ところで、よく武蔵小杉校の担任助手の先生がGMやブログで「 最近課題が多くて… 」

と言っているのを聞いたことがあると思うのですが、

みなさんはそんな担任助手の先生が受けている授業やその課題について知っていますか?

知っている人もいると思いますが、知らない人もいると思いますので、

今回は私の履修している授業の1つ「解析学」とその課題について紹介したいと思います。

この授業では微分積分を主に扱っていて、今は多変数関数の微分積分学を習っております。

多変数関数の微分積分学とは高校で習う1変数の微分積分学を多変数へ

拡張したもので、変数が複数ある関数の微分積分を扱うもの分野です。

 

問題 次の関数を与える

      f(x,y) = xy(x^2 – y^2)/(x^2 + y^2)  ((x,y)が(0,0)でないとき)、

                  0          ((x,y) = (0,0)のとき)

 

(1)  fのxとyに関する偏導関数を求めよ。

(2) 2次偏導関数をもとめよ

 

こんな様な問題です。(基礎問題)

興味があったら解いてみてください。

そして、この解析学のオンライン授業の流れなのですが

先生がアップロードした授業の動画を見る

授業で出た課題をやる

課題を期限まで提出する

期末考査や小テストの勉強をする

 

といった流れです。

他の授業もこのような流れです。

これが毎週複数の授業があり、自分は計画をあまりしていなかったので

たくさん課題がたまってしまいました。

他の大学の授業紹介している先生もいるのでそちらの方も見てみてください。

私は計画を立てて課題を終わらせます。

 

東京理科大学2年神谷直樹

 

 

 

★明日の開閉館時間★

10:00~21:45

 


 

2020年 7月 9日 ヒューマニズムについて学ぶ…って何?~河村先生~

 

お久しぶりです、河村です。一か月ぶりのブログです。

ブログのバナーが新しくなっていることに皆さんは気づきましたか?
これは伏見先生が作ってくれたものですが、近未来的で素敵ですよね。
私は写真で笑うのが苦手なので変な顔をしているなあと思っています。どうやったら口角ってあがるんでしょう。
大学の授業でカメラを付けて話をしなくてはならない時に無愛想な顔になってしまうので困っています。

というわけで今日はカメラを使う、ディスカッションがある授業の紹介をしようと思います。

授業名は「ヒューマニズムについて学ぶ」です。

まずヒューマニズムとはなんでしょう。
調べてみると「人間にとって人間が最高で、人間性こそ尊重すべきものだとする、態度・思想傾向・世界観」と出ます。
これだけ聞くと哲学的な授業のように思えますが、実際の授業は先ほど言った通りグループディスカッションをメインとしたものです。

この授業は80分の授業が2コマ、合計160分の授業です。
授業はこのような流れで出来ています。

14:40~16:00 講師の方の話を聞く
16:00~16:20 休憩
16:20~17:00 20程度のグループに分かれディスカッション
17:00~17:20 大きな3つのグループに分かれ代表者が発表
17:20~17:30 3つのグループの代表者が発表
17:30~17:40 講師の方からの総括

では、実際の授業で行われたディスカッションの例をあげましょう。

前回の授業では「AYA世代のがんについて」の講義を聞きました。
AYA世代とはAdolescent and Young Adult(思春期及び若年成人)の略で、15歳から39歳くらいまでの世代のことを指します。
小児がんについてはよくテレビで取り上げられるため、皆さんも知っているかとは思います。
しかし、AYA世代のがんについてはテレビで見たことが無いどころか、そもそもAYA世代という言葉自体を初めて聞いた人もいるのではないでしょうか。

私も授業を受けるまでは全く聞いたことがありませんでした。
これは議論の中でも話に上がり、知名度の低さが社会からの支援の少なさにつながっているという話が出ました。
社会からの支援というと、小児がんであれば募金活動などが目立ちますね。専用の医療機関も多く存在します。
ですがAYA世代のがんはそうではありません。AYA世代の患者向けの機関は少ないのです。
さらに、ある程度の年齢であるため大人と変わらない病棟に入り、周囲に同じ年代の人がいない中で生活しなくてはならない人もいます。

皆さんも考えてみてください。自分の周りには20や30も上の大人しかおらず、入院生活を余儀なくされる生活。
周りに友達がいて、話が出来て、楽しい学校生活が送れる、私たちにとっては当たり前の生活が送れないのです。
そんな患者さんのために専門施設ではビリヤードや卓球台など娯楽のための設備が整っています。
ただ、先ほどにもあげたように数は多くないため、患者さんの多くがその支援を受けられるわけではありません。
施設の充実をせずとも患者さんのために何が出来るのか、まずは知名度を上げてそこからサポートするために講演会があったらいいんじゃないかなど、そのような話を実際に授業内ではしていました。

今この話を聞いて、少しでもAYA世代のために何が出来るのか、将来皆さんの頭の片隅に残っていたら嬉しいです。

少し長くなってしまった上に大学に出すレポートの内容と変わらない文章を書いてしまいました。
息抜きに読んでみて、興味を持てた人は是非自分で調べてみたり、医療系の学部を調べてみたりしてくださいね。

 

昭和薬科大学薬学部薬学科 一年 河村杏

 

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

 


 

2020年 7月 8日 将来の夢~岩村先生~

こんにちは! 岩村です。
今回は私が将来やりたいなと思っていることについて少し話そうと思います。
私は観光学部という少し珍しい学部に所属しています。そして観光学部を受験しようと思ったのは私の将来の夢と関係しています!

私は将来、日本の観光業に携わる仕事に就きたいと思っています!←漠然としてて分かりにくいよ!!と思うかもしれませんが、具体的には旅行代理店や、航空会社ホテルなどの宿泊施設などで働きたいと思っています。

このように思い始めたのは、私自身が旅行が大好きで、好きなことに関われる職業に就きたいと思ったことや、私のように旅行が好きな人に楽しんでもらえるサービスを提供できるような仕事がしたいと考えるようになったことがきっかけです。

そして現時点での夢を実現するために私は今大学で観光業について学んでいます。(具体的に何を勉強できるのか気になる人がいたらぜひ私まで聞きにきて下さい!!)

私もまだまだ色々なことを勉強して知り、自分の将来の夢を見直しながら具体的に固めていく必要があるなと感じています!

皆さんもぜひ少しずつ自分のやりたいこと、将来の夢について考えてみてください!!

立教大学 観光学部 交流文化学科 1年 岩村文

★明日の開閉館時間★

 

13:00~21:45

 

2020年 7月 7日 大学の授業 ~楠田先生~

こんにちは、大学の定期試験が7科目もあり最近受験生時代の生活リズムに戻りつつある楠田です。(せっかく課題減らしたのに…….)

 

 さて、今日の本題に入る前に、前回の私のブログの最後に出題したスペイン語の単語クイズの答えを発表したいと思います。

 

 答えは…….. 「寝室」です。英語で表すと、「The Bedroom」になりますが、別の英単語で「Dormitory(寮)」という単語があるように、英語とスペイン語は語感的にも少なからず関連している部分があります。スペイン語を勉強し始めてまだ3ヶ月弱しか立っていませんが、私はこういった異なる言語間の「繋がり」に多くの場面で気付ける事に非常に面白さを感じて、今ではスペイン語が大好きな科目になりました!(進度がものすごく速いので授業についていくのが大変ですが…..)

 これからも毎回私のブログの最後にはスペイン語の一言クイズを出すので、是非皆さんも勉強の合間の息抜きに少し想像を働かせてみてください!

 

 ではお待たせしました、今日の本題に入ります。今日は、「私が今通っている大学の授業の中から一つ面白い授業を簡潔に紹介したいと思います!

 

 今回は「初年次ゼミナール文科」について紹介したいと思います。

 

 

 初年次ゼミナール、通称「初ゼミ」は1年生が必修単位として履修している科目で、普通の講義とは異なり生徒が主体となって発表を行い、意見を交わし合う形式の授業です。私が取っている授業は主に太平洋戦争後の日本首相の国会での演説について研究するもので、毎週2〜3人が発表していきます。実は私の発表が今日7月7日で(当ブログを書いたのは昨日なので今の段階ではまだ発表していません)、内容は吉田茂元首相の1952年1月の常会における施政方針演説についての考察でした。今後の諸研究・卒論に向けた第一歩ということもあって、私は区内の図書館を徹底的に探して調べました。(中には60年以上前の古い資料も閲覧しました)発表が目前に迫って非常に緊張していますが、自分の考察の成果を存分に発揮できるよう頑張ります!このように、大学の授業は一方的な講義だけでなく双方向型の授業も充実しています。受験生の皆さんも大学入学後にこうした貴重な経験が出来る事に期待して、日々の勉強に励んでください!

 

 いかがだったでしょうか? では最後に今回もスペイン語一言クイズを出したいと思います! 問題は、「La Patata」です。ヒントは食べ物です。皆さんも想像してみてください!

 

東京大学文科二類1年 楠田陽平

 

★明日の開閉館時間★

 

13:00~21:45