ブログ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 

2018年 9月 23日 模試の前って緊張しますよね。~黒田先生~

こんにちは!一昨日、誕生日を迎えて20歳になった黒田です!!

成人したことで出来ることの幅が広がることに嬉しさは感じつつ、10代ではなくなることに寂しさを感じる…そんな複雑な年ですね。

20歳として、大人らしい行動をとれるように精進します!

 

さて、今日は校舎で有名大・難関大本番レベル記述模試が行われますね。

国立二次・私大一般レベルの難易度であり、1科目あたりの解答時間も長く、さらに記述問題が出題される模試ということもあって、センターレベル模試とは違った形で緊張する模試ではないでしょうか。

 

そんなわけで今回は、個人的に模試(入試)の当日にするとオススメのことを紹介します!

 

①早寝早起き

試験に万全のコンディションで挑むために、前日はぐっすり寝ましょう!当たり前ですね。

また、朝起きてから脳がしっかり活動するようになるまで2~3時間かかると言われています。

そのためにも早起きは大切です

ただ、必要以上に早く起きたりするなど、いつものルーティーンを崩すようなことは危険です。

いい意味で「いつも通り」の自分でいられるよう、自然体で過ごしましょう!

 

②参考書をたくさん持っていかない

ギリギリまで知識を詰めよう!休み時間に突然気になったものを調べられるようにしよう!と思い、参考書をたくさん会場に持って行ったりしていませんか??

直前まで知識の吸収を諦めないということが悪いわけではありませんが、自分が覚えていない部分がどんどん現れて不安になってきては元も子もありません。

持っていくとしても、自分の苦手分野以前間違えた問題のまとめノートなど、重点的に学べるものがおすすめです!

 

③占いや迷信に左右されない!

これは個人的な話ですが、私は受験期にかなりナイーブになっており、朝のニュース番組の占いの結果で一喜一憂していました。

しかも、良い結果は喜びながらもあまり信用せず、悪い結果はとことん信じ込んでしまうという最悪の精神状態?でした…。

今考えれば占いの結果や迷信など大したことなかったと思いますが(笑)

ゲンを担いだり、良い迷信(茶柱が立つなど)に喜ぶというのは、メンタルを良い状態にするという意味では全然いいと思います!

しかし、悪い結果はいちいち信じなくていいです。

そもそも占いを見ない、迷信を信じない、というのが一番いいのかもしれませんね。

 

こんな感じです!

これはあくまで一例ですので、自分なりのルーティーンを見つけられるといいですね!

 

法政大学 社会学部 社会学科 2年 黒田英里馨

 

★明日の開閉館時間★

11:30~21:45

 

2018年 9月 22日 心・知・体 三拍子を大切に~鬼塚先生~

 みなさん、こんにちは。秋になりましたね。秋が好きです。鬼塚です。私も昨日から学校が始まりました!大学2年残りの半年も頑張りたいと思います。

 さて、今日は、高3のこの時期に意識していたこと、また昨年受験生見ていて感じたことを少しだけお話したいと思います。

それは、学力があるだけでは合格はできないということです。

そんな中で、受験生の皆さんには「心・知・体」の3拍子を意識してほしいと思います。

・・・これに関しては、皆さんはすでに頑張っていると思います。学力の部分です。

 

・・・私はここが一番大事だと思います。「心」の中でも、第一志望に合格したい、という気持ち、自分の勉強が上手くいかないときでも、めげずに努力し続ける気持ち、などなど。そういった「気持ち」がここぞという時に、自分の力になります。そして、いくら実力があっても、その実力が本番で発揮できなければ、受験で勝つことはできません。どんな難問が来ても、焦らず、落ち着いて問題を解くということを、模試や普段の学習で意識していきましょう。

 

・・・受験における「体」とは。1つ目は「体調」です。これから寒くなり、体調の崩しやすい季節がやってきます。学力を伸ばすために、毎日健康でいることは絶対条件だと思います。体調の悪い時に勉強なんてできません。そして、体調を1回崩せば、そのやらない間、学力を維持するのは難しく、体調が戻ったあと、それを戻すことから始めなければいけません。これは大きなロスになります。健康でいることが合格への近道です!食事や睡眠など、体調管理にも気を使っていきましょう!

 

どうしてもこの時期は勉強ばかりに目が行きがちですが、私生活にも気を配っていきましょう。普段の行動は良くも悪くも大事な時に形としてでます。

 

明日は、有名大・難関大本番レベル模試です!高3生頑張りましょう!

★明日の開閉館時間★

有名大・難関大本番レベル模試のため、終日利用不可

(高1・2生は気をつけて!)

2018年 9月 21日 充実した大学生活に!!~鷲田先生~

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは。

立教大学は昨日で夏休みが終わり、今日から授業が始まりました。後期も頑張ろうと意気込んでいます。

どうも、鷲田です。

 

先日、高橋先生が大学の授業のことを書いていましたので、僕も書きたいと思います!

大学には学部・学科によって定められて必修の授業の他に、全学部の生徒が履修することが出来る授業があります。

立教大学ではこの授業のことを「全カリ」と言ったりします。

自分の学部・学科ではやらないけど、「興味あるな~」とか「たのしそうだな~」と思った授業を取ることが出来るのです!

 

僕自身は、教育学科に通っていますが、スポーツ人間の身体・心理などに興味があったのでこれらに関する授業を履修しています。

せっかくの大学生活ですから自分の興味のあることを学べる場であるに越したことはありません。

 

推薦で大学・学部が決まっている人やモチベーションが下がっているときなどに、「〇〇大学 シラバス」「〇〇大学 履修」と言った感じで調べると、どんな授業があるか見ることが出来るので、ぜひ!!!

ではまた。

 

立教大学 文学部 2年 鷲田修一

 

★明日の開閉館時間★

10:00~21:45

 

 

 

 

2018年 9月 19日 模試活用法!~川内先生~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!川内です。

えー今回は何を話すかを迷ったのですが、模試の話をしようかなと思います。

皆さんはたいていの場合、

模試を受ける⇒その日に復習する⇒結果が返ってくる⇒得点や判定を見て喜んだり落ち込んだりする

の流れで毎回模試を受けているのかなと思います。

しかし、これだけではまだ何か足りませんよね?なんでしょう?

そう、帳票の分析です。先日、平松先生のブログで過去問の分析の話がされていましたが、今回僕は模試の分析の話をしたいと思います。

まず帳票が返ってきて皆さんが見るのは自分の得点と志望校の判定だと思います。しかし、これだけでは模試をしっかり分析したことにはなりません。

特に志望校判定は見てもあまり気にしなくていいです。なぜならあくまであの判定は指標だから。

 

では、何を見て欲しいかと言うと、科目別の詳細ページです。そこには、その科目の大門別の得点が数値やグラフで示されていて、またどの問題で自分が間違えたかがわかるようになっています。このページを吟味すれば自分の弱点がどこなのか、逆にストロングポイントがどこなのかがはっきりとわかります。

なので、模試の帳票が返ってきたらこのページは必ずチェックしましょう。

模試を受ける目的は今後の勉強の方針を立てるための指標を自分で確認することにあると思います。なのでただ受けるだけではもったいない!今後も10月12月とセンターレベル模試は続きます。しっかり分析して、自分の勉強に活かしていきましょう!

早稲田大学 法学部 1年 川内優人

★明日の開閉館時間★

11:30~21:45

 

 

2018年 9月 18日 自分好みにカスタマイズ★~高橋先生~

 

 

 

 

 

 

こんにちは、少しずつ涼しくなってきましたね。

気温の変化で体調を崩さないように気を付けてください。

さてさて、今日はいつもと趣向を変えて、大学生活のお話をしたいと思います。

私の大学、学部では本日から秋学期の科目登録が始まります。

科目登録というのは、自分が受ける授業を選択し、インターネット上で登録を行うことです。

大学では高校までとは異なり、自分の興味のある授業を好きなように選択して履修することができます。

授業についてはその授業の教授が内容や授業計画についてまとめたシラバスというサイトで確認したり、早稲田大学の場合はマイルストーンという学生によって作られた授業の口コミ冊子(他の大学でもこのようなものがあるところが多い)を参考にしながら調べ、履修を組んでいきます。

必修科目という、各学部学科ごとに必ず履修しなければならない授業は決まっているため、それ以外の時間に興味のある授業を入れていきます。

一例として私の時間割を載せますが、今学期はこんな感じの履修登録を行おうかと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

青色で示したのが専門科目で、自分の興味のある分野の授業になります。私は地理学が専門(になる予定)なので自然地理や文化地理などの授業を履修しようと考えています。

黄色で示したのは教員免許取得に必要な授業になります。2年生になったので、本格的に模擬授業などを行う授業も始まりました。

科目を申請しても、人気の授業は抽選になることも多く、すべての履修が完全に決まるのは秋学期の授業が始まってからになります。

自分が興味のある授業を受けたり、ライフスタイルに合わせて時間割を組むことが出来るのは、高校までとは違う大学の大きな特徴であり、魅力だと思います。

大学の生徒でなくても、各大学のサイトからどんな授業が開講されているのか調べることができます

自分の行きたい大学でどんな授業が受けられるのか、自分が学びたい学問どんな大学で受けられるのか、調べてみると大学選びはもちろん受験校に対するモチベーションにもつながりますよ!

早稲田大学 教育学部 2年 高橋美貴

★明日の開閉館時間★

11:30~21:45