ブログ | 東進ハイスクール 武蔵小杉校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 

2021年 9月 27日 集中力を高めよう! ~川上先生~

 

こんにちは!本日の担当は最近ボケ始めている川上です!

 

最近自分でも大丈夫かなと思うほどボーッとしていることが多く、この間はお店でレジまで持っていった商品がテスターだったり、商品をもらわずに帰ろうとしたり……

駅の改札で家の鍵、家の玄関で定期を出すことはもはや日常茶飯事です。どうして逆になるのか私にも分かりません。

こう見てみると普通にホラーですよね。

さすがに東進でいる時はなんとかなっていますが、もっと気を引き締めて生活したいと思います……。

 

流石にここまではないと思いますが、勉強中ボーッとしてしまう時がありますよね!(ない人はごめんなさい)

 

私はちょうどこの時期くらいから集中力が欠ける日もあり、余計に焦っていました。その時は思い切って休む場所を変えて勉強するのどちらかを選ぶようにしていました。休む時は飴を舐め終わるまでなどと決めて休憩し、用もないのに歩き回っていました。一度立ち上がることがポイントです!場所を変える時はスナックルームで過去問を解くようにしていました。(混みやすいのでお昼の時間は避けていました)人の目があると寝られないため、少し緊張感をもってひたすら解いていました!

 

このように対処の仕方は人それぞれですが、なるべくボーっとする時間がないように自分で決めた対処法でこの時期を一緒に乗り越えましょう!!

 

立教大学法学部1年 川上友香梨

 

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

 

2021年 9月 25日 11月全国統一高校生テスト!〜北原先生〜

こんにちは、北原です。

昨日から大学が始まり、楽しかった夏休みも終わってしまいました。

 

大学生活の中でも、最も楽しいと言われる大学2年生の夏休み。

自分としてもコロナ禍ながら、今までで一番楽しいと思える夏休みを過ごせたかなと思います!!!

 

また、なんとこの夏休みの間に20歳を迎え、とうとうteenagerを卒業してしまいました。

10代最後の15分は自分の家の近くにある多摩川に行きながら、20歳になる前に聞きたいと思っていた4曲聴きながら20歳を迎えました。

 

今回のブログの冒頭はその曲について紹介したいと思います。

 

丁度、今週はGMでミュージックキャンペーンを行っていると思うので、タイミングもいいですね。

 

まず1曲目はCreepy Nuts「かつて天才だった俺たちへ」です。

この曲はCreepy Nutsの中で最も有名な曲ですし、皆さんも一度は聞いたことがあるかなと思います。

 

音楽自体はヒップホップということもあって、本当に耳から離れません。

 

ただやはりこの歌は歌詞が最高だと思います。

 

「なんでもできると思っていた時代の心を大人になると忘れていってしまうよね。」というのがこの曲のテーマなのですが、最初に聞いた時は本当に感銘を受けました。

20代になっても自分ならなんでもできるという心は忘れずに生きていきたいですね。

ぜひ皆さんも一度聞いて見てください!

 

次に2曲目は、KANA-BOON「シルエット」という曲です。

有名なアニメの主題歌にもなっていたこともあって、この歌も一度は聞いたことがあると思います。

 

自分がこの曲を20になる前に聴きたいなと思った理由は、高校の軽音部のライブですごく印象に残ったからですね。

10代の中でも一番楽しかった高校時代をこの曲を聞くとすぐに思い出せるので、辛い時はなんだかんだこの曲を聞いていることが多いかなと思います。

 

曲自体もみんなで歌える曲ですし、カラオケとかライブとかでは本当に盛り上がる曲だと思います!

 

続いて3曲目と最後の4曲目は大好きなKing Gnuから「McDonald Romance」「Teenager Forever」

 

「McDonald Romance」についてはKing Gnuの中でもかなり古い曲で知らない人もいると思いますが、まじで一回聞いてみてください。

カッコ良すぎて痺れるので。

 

どんなことも楽しいし面白いと思える今は、一瞬の出来事だからそれをしっかりと焼き付けておこうというテーマの曲です。

MVもKing Gnuがアメリカに渡った映像で音楽とマッチしていてとても好きです。

 

そして「Teenager Forever」はもう説明はいらないと思います。

 

自分はこの曲を20歳になるぴったりに終わるように聞きました。

 

本当に10代最後の曲ですね。

 

なんだかんだ20歳になっても、いつまでも10代の精神を持って生きていこうというのが20歳になる前にこの曲を聞いて出た結論でした。

 

めちゃ長くなりましたし、なんで書こうと思ったかわかりませんが、自分が20歳になる前に聞いた曲紹介でした。

 

この曲を30歳になるときも覚えていたらすごいですね。

 

とりあえず全部いい曲なので、聞いてみてください。

 

 

さて勉強に関係ない話はここまでにして、ここからは勉強の話をしていきたいと思います。

 

今回話すのは、皆さんしっかりと11月全統を意識できていますか?

 

地味に迫ってきている11月7日の全国統一高校生テスト、実はどの学年にとってもめちゃくちゃ大事なんです。

 

 

この模試に向けてしっかりと勉強できない人はマジで後悔しますよ。

 

 

まず3年生については、東進生以外の生徒が混ざってくる最後の模試ということが非常に重要です。

 

12月にある共通テスト模試ももちろん大切ですが、それはほとんど東進生のみで構成される模試であり、東進生以外のライバルと戦うことはありません。

 

しかし、今回の模試は無料ということもあって東進生以外の生徒も参加し、かなり実際の共通テストに近い偏差値や順位、判定が出ると思います。

 

だからこそ、真の仮想共通テストといっても過言ではないでしょう。

 

 

1・2年生については校舎長のHRでも言われたと思いますが、共通テスト同日体験受験前に今の自分の実力や同日までに取らなくてはいけない点数、志望校とのギャップを知れる最後の模試です。

だからこそ、この模試に本気で挑まないと同日までにどのような作戦を立てて、どの位勉強しなくてはいけないのかがわからなくなってしまいます。

 

 

 

 

1・2年生の皆さんマジで挑みましょう。

 

 

 

 

あとはこの模試は無料で行われるので、もしお友達に無料で模試をやりたいという生徒がいればぜひ誘ってみてください。

 

通常の模試と同様の帳票が返却されますし、受験についての知識も得られることができると思います!

 

武蔵小杉校全体で11月全統を盛り上げていきましょう!!!

早稲田大学2年 北原涼

 

★明日の開閉館時間★

10:00~19:00

 

2021年 9月 24日 もうちょっと頑張ってみよう!~堀先生~

こんにちは!!

 

もう9月も終わりだというのに、最近また暑くなってきましたね。

 

これ毎年思うんですけど、9月って本当に秋に分類していいんでしょうか?

世間一般、というか私のイメージでは3~5月が春、6~8月が夏、9~11月が秋、12~2月が冬だと思っているんですけど、9月って、秋というには暑いし、夏というには遅すぎる感があってとっても中途半端な気がします。

もう6月の「梅雨」みたいに、9月も全く新しいジャンルとして独立しちゃえばいいんじゃないですかね。

 

なにかいい名前を思いついたら、わたしに教えてください。

 

さて、今週も「努力の天才」のコーナーです!

KMさんのすごいところは「目標に向かって努力し続ける力」の強さです。

上にも書きましたが、夏休み開館の期間中毎日、開館時間の朝8時から20時半の閉館まで校舎で勉強をし続けていました。夏休み期間中の週平均在校時間は11時間ほどでした。恐ろしいほど勉強しています。

KMさんに話を聞いてみると、開館から閉館まで勉強する習慣は、春休みの時点からあったそうです。

早い時期から時間をかけて、この習慣をものにしたのですね。

 

「受験生は毎日1日中して当たり前!」と、口で言うのは簡単でも、実際行動に移してみると難しいものです。

1日間だけ朝から晩まで勉強することはできるかもしれませんが、それを毎日継続することは一筋縄ではいきません。

 

しかし!今からならまだ間に合います。毎日意識して続けていればいつかそれは習慣になり、さらに続けていれば無意識のうちにできるようになります。

「今日はちょっと疲れたから休もうかな~」

というところを、ここが踏ん張りどころ!と少し我慢して、もうちょっと頑張ってみましょう。

それを明日も、明後日も続けていければ、他の受験生と大きく差をつけることができます!

 

「継続は力なり」です。

毎日コツコツ、頑張っていきましょう!

 

横浜国立大学理工学部1年 堀 圭佑

 

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

2021年 9月 23日 Ride, Ride, and Ride !!! 〜楠田先生〜

こんにちは。最近自分の金銭感覚に一貫性を見出せない、楠田です。昼食に毎日千円以上かけるのが当たり前の生活を、「とんでもない散財をしている」と二週間ほど前に友人に揶揄されたのを機に突如コストパフォーマンスに執着するようになり、弁当やファミレスのメニューのみならずスナック菓子や菓子パンに至るまで単位量あたりの金額を念入りに考えながら物を購入する、という生活スタイルに切り替えていった、はずでしたが、ここ数日前から「たまには散財するのも悪くはない」という思考になり、昼食に毎日千五百円近くかけたり両親の昼食代を奢ったりしているなど、結局は二週間以上前の生活水準に逆戻りしてしまいました。結論を言うと、私は「気まぐれな人間である」のでしょう。

 

さて、今日の本題に入る前に、私が大学で所属している部活についての話をしたいと思います。

私が所属しているのは「東京大学運動会自転車部旅行班(以下旅行班)」と言うところです。

なんか仰々しい名前になってしまいましたが、要は自転車で旅行をする部活です。そんな旅行班のメインイベントは年3回行われる「合宿(夏・秋・春)」です!

コロナが流行る前は海外に旅立っている先輩もいたのですが、昨年はその影響で一回も実施できず、今年は万全な感染対策の下夏合宿と秋合宿が既に行われました。最近色々な生徒に「よく焼けましたね〜」と言われるのですが、理由はこの二つの合宿に参加していたからです。夏は東北地方を回り、秋は中部地方(長野・山梨とか)を回っていました!

ここで、2種類の数字を見せたいと思います。

 

794km 10164mUP

840km 15496mUP

 

距離とよくわからない数値が2種類書いてありますが、上が夏合宿(8/6~17)で走った総距離と総獲得標高、下が秋合宿(9/5~14)で走った総距離と総獲得標高です。特に秋合宿は期間が夏合宿より2日短いのに46キロ多く、1.5倍近い量の登りをこなしていた点で今でもよく完走したなと思っています。

 

 これをみている皆さんは、私が相当な距離を走っており、かなりきつい体験をしたことに気づくのではないか、と思います。実際私も夏合宿の3日目あたりでは悪天候も重なって、「まだ一週間以上も走んなきゃ行けないのか」「もう帰りたい」「俺もう秋合宿参加できない」などと弱音を吐いていました。しかし気づいてみれば夏合宿も秋合宿もあっという間に終わっていました。

 

 高1・2生の皆さんはそろそろ学年の切り替わりを迎えるところですが、これを機に受験生活について想像するようになるのではないでしょうか。(そうあって欲しいところです。) 受験生活というと、毎日15時間ぐらい勉強したり、好きなテレビやゲームを1年以上封印したり、色々な制約や苦しさの中に身を置かなければならない、という印象を持つと思いますし、実際そういった面はあります。特に高2生の皆さんは受験生活に対する不安をより切実に抱き始めているのではないでしょうか。(私もそうでした。)

「こんなにいっぱい勉強して体が持つのか心配…」「途中で飽きてしまわないか心配…」「でも勉強しないことには合格できない…」

こういう不安を感じている皆さんに、私が合宿中に意識するようにしていた考え方を教えたいと思います。

「目の前の一つの登り・1日をこなしていこう。そうすればゴールに辿り着く。」

私はこのように意識することで、途中で両膝がやられる等の困難はありましたが無事どちらも完走することができました。

皆さんも、受験勉強という長い行程を考えてしまうと気が滅入ると思いますが、一日一日の勉強の積み重ねだ、と思えば案外楽にこなせると思います。最後になりましたが、高1・2生の皆さんに最も目の前にある「登り」を教えてこのブログを閉めようと思います。

 

「9月末までに絶対受講を修了すること。」

 

東京大学前期教養学部文科二類

同じく、後期課程経済学部内定(←9/17 無事進振り内定しました!!) 2年  楠田陽平

 

★明日の開館時間★

13:00 ~ 21:45

 

 

2021年 9月 22日 早起き ~小野先生~

こんにちは!一年担任助手の小野慎平です!!!

 

 

 

最近夏休みが終わり授業が始まり苦しい日々が続いています。

 

 

 

授業を受けるために早く起きることは苦痛ですが学科の授業のを受けるのは楽しいです!

 

 

 

自分が学びたいことを学ぶために受験を頑張る。

 

 

いいことですね。

 

 

 

ほんとうに学びたいことはなんなのかなど見つめ直す時間も大切だと思います。

 

 

 

志望校について調べ直したりすることでモチベーションにも繋がると思います!!

 

 

 

学校がオンラインで週2登校であったり時差登校であったり普段の生活にもどらず大変な日々を過ごしていると思います。

 

 

 

しっかり起きられていますか??

 

 

 

授業の始まりが遅いから・・・

 

 

 

そんなこと言っている時間がありません

 

 

 

私は受験期毎日時に起きていました!!

 

 

 

自慢です。

 

 

 

つらい。その気持ちもわかります。

 

 

 

しかし早く起きることによって時間に余裕ができ

 

 

 

 

学校に行くまでに勉強していない生徒と二時間近くの差を朝の段階で作ることが出来ます!

 

 

 

それに受験は朝からあります。

 

 

 

朝早く起きる事のデメリットは限りなく0にちかいと思います!

 

 

最初は5時は無理でも徐々に早く起きましょう!!!

 

 

明治大学 理工学部1年 小野慎平

 

★明日の開館時間★

13:00 〜 21:45