ブログ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 

2020年 4月 5日 学習時間~神谷先生~

お久しぶりです。

4月になり大学2年生に上がれて喜んでいたが、よく考えたら大学生活の1/4が終了していたと思うとなんか複雑な気持ちになった神谷です。

自分の大学は入学式中止や授業開始延期となっていますが、多くの高校でも授業延期となっているらしいですね。

ということは、長期休みができたということですね!

しかし今回休校になったということは、夏休みが削られてしまうかもしれません。

(自分の大学は夏休み2週間削られました)

夏休みが減るということは夏の勉強時間が大幅に減るということです。

そしたら共通テスト対策や二次私大対策が遅れてしまい、間に合わなくなってしまいます。

そのような状況にならないためにもこの長期休校でしっかり勉強し勉強時間を確保しましょう。

さて、ここ最近新しい担任助手の紹介が始まっております。今回は2人の紹介です。

 

写真左側の先生が田中萌々香(タナカモモカ)先生です。

写真右側の先生が深水美優(フカミミユウ)先生です。

 

今後のブログで本人たちからの自己紹介を期待してください!

 

東京理科大学2年 神谷直樹

 

 

★明日の開閉館時間★

9:00~18:30

 

 

2020年 4月 4日 自分次第!!~森先生~

こんにちは!です!

早稲田大学では授業開始が延びたのにもかかわらず、すべてオンライン授業になることが発表されました。オンラインならもう始めてもいい気がしますけどね笑。実験科目がどうなるのかなど不安な点もありますが、、、。

こんな状況なので最近は学校に行きたくて仕方がありません笑。ここまで学校に行きたいと思ったのは初めてかもしれません。

オンライン授業というと東進の自宅受講と似たものを感じます。

みなさんは自宅受講を満足にできていますか??

(話のつながりが怪しいですが笑)

家からもあまり出られない状況の今、自宅受講を出来る限り進めましょう。自宅受講を満足に進めるには計画立てが肝心です。グループミーティングに参加していない人もいるかもしれませんが、出来る限りの計画は立てましょう。

自宅受講は、良くも悪くも自分で自由に進めることができるツールです。自由だと集中できなかったりサボったりすることができてしまいます。それをしないようにするのに必要なのが計画立てです。受講を最大限自分の実力に変えるためにも計画をどんな形でも立てていきましょう!!

「自宅受講をしよう」と言っている二見先生です。

さて、ここ最近新しい担任助手の紹介が始まっております。今回は一人だけの紹介です。

相馬睦(そうまむつみ)先生です!今後のブログで本人からの自己紹介を期待してください!

早稲田大学 教育学部 理学科 地球科学専修 2年 森 太一

 

★明日の開閉館時間★

9:00~18:30(3月までと閉館時間が異なります。ご注意ください。)

 

 

2020年 4月 3日 時間は有限!~金田先生~

こんにちは。1年生が入ってきて2年生だなって痛感させられています、金田です。1年って早いですね。

学校が遅くなったところが多いと思います。私の学部も少しですが開始が遅くなりました。

この時間をうまく使わないのと使う人では相当な差が出ると思います。受験生の夏勝負の夏と言われています。夏はおよそ1か月くらいですよね?学校によっては1か月遅れたところもあると思います。時期は違うものの、同じ1か月間という期間を無駄にしないようにしてほしいです

計画立てを立てることが何よりも重要です。

新しく担任助手になる岩村さんの実体験があります。

予定を立てずに受講を進めていたんですね。そんなある日、担任助手に「受講が終わらないんです。」と相談。

そこで気づいてしまいました。予定立てる大切さに!!!

1日2コマで終わると思っていたのに、期限に間に合わないことを知っていしまったのです。

みなさんにはそうなってほしくないので、先を見越した予定を立てて、計画的に頑張っていきましょう!

 

そして、続々と新しい1年生の担任助手が入ってきています。本日はこの二方を紹介します。

写真左→岩村文(いわむらあや) 立教大学 観光学部 

    得意科目:英語、特技:辛い食べ物が得意!

写真右→北原 涼(きたはらりょう)早稲田大学 法学部

    得意科目:英語と世界史、特技:バスケットボール

まだまだ新しい担任助手が入ってきています!たくさん自己紹介していくので、よろしくお願いします。

 

慶應義塾大学 看護医療学部 2年

金田 美玲亜

 

★明日の開閉館時間★

9:00~18:30(3月までと閉館時間が異なります。ご注意ください。)

 

 

2020年 4月 2日 二兎を追うものが二兎をも得る!?~大森先生~

こんにちは、大森です!

最近は家で過ごすことが多いので色んな映画を観てます。オススメがあったら教えてください(^^)

 

 

皆さん進学、進級おめでとうございます!

 

新年度になり新しく東進生になった人も沢山いると思うので、改めて自己紹介させて頂きます!

明治学院大学 経済学部 経済学科 2年 大森未涼(おおもりみすず)です!

 

受験科目は英語国語日本史です!

1年間担任助手として過ごしてきた中で自分の受験を改めて見つめ直すことができました。その中で自分が特に頑張ったことは何だろう、、、と考えてみると、1番に思い浮かんだのは

部活と勉強の両立

です。3年の夏休みにも毎日部活があったり、引退が9月だったりと、周りの受験生と比べ圧倒的に勉強時時間が少なく焦ることも多くありました。きっとこのブログを読んでくれている人の中にも「部活も頑張りたいけど志望校にも合格したい!」「行事が忙しくて両立できるか不安」と思っている人も多いと思います。

ことわざに「二兎を追うものは一兎をも得ず」ものがありますが、私はそんなことはないと思います。たった1回の高校生活でやりたいこと、目指したいものを1つも諦めず、後悔のない3年間を送って欲しいと心から思っています。

もし不安に思うことがあったら(もちろんなくても!)気軽に声をかけて欲しいです!!!

 

そして!

新学期ということで、校舎には大学生なりたてほやほやの新担任助手の先生たちがきています!

髙橋遼太郎先生(左)と望田碧葉先生(右)です!

色んな先生と話してみて下さいね!

 

 

明治学院大学 経済学部 2年 大森未涼

★明日の開閉館時間★

9:00~18:30(3月までと閉館時間が異なります。ご注意ください。)

 

 

2020年 4月 1日 私が明治大学に合格できて第一志望校に合格できなかった理由~鬼塚先生~

こんにちは!

本日から無事、大学4年生になりました!
明治大学理工学部4年鬼塚晃弘です!
いよいよ大学生活ラストイヤーになりました。
過去3年間よりも、学び、成長する1年にしたいと思います。
 
さて、本日は3年前の私の大学受験について、少しだけ紐解いていきたいと思います。
 
え、今さら?
 
そう思った方も多いのではないでしょうか。
 
ですが、3年たった今だからこそ感じていることもあるので、それを少しだけお話させてください。
 
 
私は高2の夏からこの東進ハイスクールに入学して、いわゆる受験勉強をスタートしました。
 
当時は夢・志は特になく、ただ何となく「横浜○立大学」に行きたいなーと思っていました。また、学校の成績は半分より下の方で、勉強することも本当に嫌いでした。今思うと、何のために受験勉強していたのか本当に訳がわからないですね。
 
しかし、そんな私に対しても、予定通り受講してきた時や、模試の点数が伸びるたびに、当時の担任助手の先生は褒めてくれました。
 
そのおかげで、勉強が嫌いなのに、大学行ってやりたいことも何もないのに、なぜか
「校舎に来て」、
「映像授業を受講をして」、
「高速マスターで英単語を覚える」
ことは続けることができていました。
 
そんな調子で勉強を続け、(この間にあったもろもろの出来事は長くなるので割愛)
最終的に、明治大学含め私立大学に5つ合格することができました。しかし、その一方で、第一志望としていた「横浜○立大学」に合格することはできませんでした。
 
 
さて、私は、この体験談について【2つの視点】で考えました。
1つ目、「明治大学含めた私立大学に合格することができた理由」
当時は、自分の実力と思っていましたが、そう思っていた自分がとても恥ずかしく思います。今は、私を担当していた担任・担任助手が私の実力を明治大学レベルまで引き出してくれたと考えています。当時は、少し変わった担任と少し変わった担任助手としか思っていませんでしたが、担任の先生が受験校や学習スケジュールを考えてくれたこと、担任助手の先生が私よりも私の大学受験を真剣に考えてくれていたことにより、今私は明治大学に通えていると思います。
 
もし、私がこの校舎で受験勉強をしなければ、明治大学には合格できていなかったと思います。
 
2つ目、「第一志望校に合格できなかった理由」
これは、「絶対にその大学に行きたいという本気度、覚悟が足りなかったから」これに尽きます。これがなかったがために、自ら進んで勉強せず、辛いときに楽な方に逃げてしまっていました。その大学に入って何を学びたいのか、大学を卒業したらどんな人間になりたいのかを考えることの重要さを担任助手での活動を通して、生徒から学びました。
 
 
環境が人を作るとよく言われます。確かにその通りです。
しかし、結局最後は手に入れたいものを掴めるかどうかは自分の気持ち次第です。
 
本気で手に入れたいものがあるなら、何かを捨てなければなりません。文武両道を目指すなら、なおさら、それ以外のモノは全て捨てなければ、とても両方を手に入れることはできません。
 
 
あなたには、その大学に合格するために、今の自分の全てを懸ける覚悟がありますか?
 
私たち東進ハイスクール武蔵小杉校担任助手一同は、その覚悟に応えるため、今年度も全力でサポートしていきます!!
 

明治大学理工学部4年 鬼塚 晃弘

★明日の開閉館時間★

9:00~18:30(3月までと閉館時間が異なります。ご注意ください。)