ブログ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 

2019年 6月 25日 夏といえば??~田中先生~

こんにちは!

早速ですが、皆さんはときいて何を一番に思い出しますか?

私は盆踊りです!毎年地域の盆踊りで太鼓をたたいているのですが、高校から文化部だったこともあり、

最近は体力的に不安があります…!!毎年筋肉痛で起きるのも辛いくらいです(笑)

と、私の話は置いといて…

このブログを読んでくださっている方の中には「勝負の夏だ」「受験の天王山だ」と思っている方も少なくないのではないでしょうか??

そこで、「勝負の夏」に私が何をしたかについてお話しようと思います!

まず何をしたかについてです。

夏休み前に受講を修了した

②東進の夏合宿に参加した

過去問演習・大問別演習をひたすら繰り返した

主にはこの3つです。

今武蔵小杉校では七月末までに受講を修了しようという方針で進んでいます。

これにはきちんと理由があって、受講を修了した後の過去問演習に費やす時間を確保するためにこのような目標を掲げています。

また、受講の修了とともに過去問演習に取り組むこと。

センターは時間との戦いでもあるのでたくさん演習して形式に慣れておくことが大事です。

また演習↔復習を繰り返すことで自分に足りていなかった知識をインプットすることが出来るという面でも演習は大切になってきます。

またオープンキャンパスに行くことも大事なことです。

私はオープンキャンパスに行かな過ぎて一度も行ったことのない学校に進学することになってしまったので…!

いまのうちに多くの大学を見学し、第一志望校合格へのモチベーションを高めていきましょう!!

國學院大學文学部中国文学科1年 田中千晴

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

 

2019年 6月 24日 復習にも、一工夫を~村本先生~

どうも、大学入ってから行動範囲が30分圏内の村本です。
 
今回は模試から二次私大過去問まで受験期に行なっていた復習法について紹介したいと思います。
 
 
 
まずは、英語から‼︎
文法問題や長文を解いていて、知らない単語・熟語に出会うことはよくありますね。自分はその都度、ルーズリーフにまとめていました
 
 
 
 
ここで重要なのが、2行開けることです!
 
 
 
 
仮に、2行空けないと…
 
 
 
 
 
 
窮屈に見えてしまいますね
実際、1行しか空けていないと他の単語が視界に入ってきて一つ一つの単語に集中できませんでした。
 
次は世界史
 
 
 
 
社会科目って地図問題がよくありますよね…
そこで、ルーズリーフを用いた復習は地図が描きやすいというメリットがあります。
なぜならトレーシングペーパーのように使えるからです。
ノートではできない長所です。
 
ここまで、ルーズリーフを用いた復習方法の良さを紹介してきましたが、
 
1番の良さは、、、
 
 
 
 
 
 
取り外しができることです!
 
 
 
 
 
「え?どういうこと?」と思った方々いるでしょう。
 
 
取り外しができるということは間違えた問題を平均的に勉強できることです‼︎
 
復習するときは、最初のページからやりがちでしょう。
単語帳とかでも最初の方は覚えてるのに後半はあまり覚えていない現象と一緒です。
 
 
しかし、ルーズリーフなら復習した範囲のページを取り外して、後ろに閉じることで全範囲を効率よく復習することが出来ます。
 
 
 
 
 
今回は、ルーズリーフを活用した復習方法を紹介しました。
 
「やってみたい」と思ってくれた人は是非試してみてください!!
 
 
慶應義塾大学 経済学部経済学科 1年 村本 健人
 

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45

 

2019年 6月 23日 そろそろアイツがやってくる~大西先生~

皆さんこんにちは!大西です。最近暑いですね。私は夏生まれなのですが、正直言って夏は嫌いです。圧倒的派です。みなさんはどっち派ですか?

 

今日のタイトルは「そろそろア  ツがやってくる」です。

 

アイツって何???

 

それはです!!!!!!!!!!

恐らく3学期制のみなさんは7月冒頭にヤツがやってくると思います。みなさん、ちゃんと定期テスト対策はしていますか?

ちなみに私は生徒時代、定期テスト直前にバーーーっとやって、テストを受けてバーーーっと忘れていました(笑)正直言って、直前型の勉強は体の負担(夜更かし等々)につながるし記憶の定着にも良くないのでよい子の皆さんは普段からコツコツやりましょう。

しかし、今日言いたいのはこれがメインではありません。私は直前で一気に勉強したとさっき言いました。直後には忘れていましたが、受験勉強を進めていく中で

「あれ、、、、この内容、見覚えあるぞ、、、!」という現象が起こりました。

 

記憶について学ぶ授業が大学であったんですが、どんな人間であっても「忘れる」という現象は、一度覚えたものを全くなかったものにするわけじゃないんです。

記憶を忘れる原因として、

①そもそもちゃんと覚えられていなかった(記銘の失敗)

②記憶を保持するのが出来なかった(保持の失敗)

③思いだすときにうまく思いだすことが出来なかった(再生の失敗)

以上の3つが考えられます。

自分の中で覚えたものは少なくとも脳のどっかしらには記憶として残ります。ただ、時間の経過とともに新しく覚えたものなどに記憶の保持を阻害されちゃったりします。なので定期的な復習は勉強に欠かせないわけなんですね。

 

少し本筋からそれてしまいました。定期テスト直前に頑張った大西は一体今日何を言いたいのか。それはどんなにめんどくさくてもちゃんと学校の定期テスト、対策しようってことです。一度一生懸命頑張って覚えたものは必ずあなたの知識として頭のどこかに貯蔵されます。それがあるのとないのでは、受験勉強を改めて進めていく中で本当に0からのスタートになるのか、1からのスタートになるのかが変わってきてしまうのです。たった1しか変わらないの?って思ったそこのあなた。考えが甘いですよ!受験というのはシビアな世界で、1で笑うものは1で泣くんです。同じ第一志望校を目指しているライバルより少しでも優位な位置にいたいと思うのはごく当たり前な発想ではないのでしょうか。そのちょっとでも優位な位置にたつことが出来るのが、定期テストなんです。

まだテスト勉強を始めていないあなた、今からでも遅くありません。全力で定期テスト対策に取り組みましょう。

 

また、このブログを読んでいる東進生じゃないそこのあなた!

いま東進では定期テスト対策特別招待講習を行っています。こちらは数学の無料体験受講が出来るものになっています。「今回の範囲の2次関数わからないな・・・」「数列やばい!」なんて悩んでいる人はぜひこの招待講習をやってみてくださいね!

ここから申込みできます!申込期限が6月29日(土)までとなっていますのでお早めに!

 

 

 

明日の開閉館時間

13:00~21:45

 

東京学芸大学 教育学部 2年 大西百合香

2019年 6月 22日 「これから」の話~川内先生~

どうもお久しぶりです!担任助手の川内です!

 

最近、実はキングコング西野亮廣さんにすごい

ハマっておりまして、、、彼の本を買って読みあさっています。

西野さんはご存じのとおり、お笑い芸人なんですけども、絵本作家でもあり、国内最大のオンラインサロンの代表でもあります。

この情報だけでも興味湧きますよね!!お笑い芸人が絵本描くの!?

どんな内容なの!?気になりますよね!!

気になる方は、ググってみましょう(笑)

 

 

さて、今日は、模試の復習についてお話ししようと思います!!

先日6/9に全国統一高校生テストがありましたね!

みなさん結果はいかがだったでしょうか?

勉強の成果が出た人、勉強したのに結果が思うように出なかった人、あまり勉強が出来ないまま臨んでしまった人。。。

人によって模試の感想は様々だと思います。

しかし、皆さんのやるべきことが変わるわけではありません。

どんな人でもやるべきことは1つ。

 

復習はしましたか?

 

今回うまく行った人も行かなかった人も、それはもう過去の結果です。これからさらに成績を上げていくには、「これから」に目を向けなくてはなりません。

「これから」の結果を変えていくには、「これから」の行動を変えなくてはいけません。

 

逆に、「これから」の行動を変えることが出来れば、「これから」の結果を変えることもできるのです。

もっと言うと、未来の結果次第で、過去も変えられます。

厳密にいうと、過去を更新できます。

 

例えば、今回模試で自己最低点を出してしまったとしても、「これから」の行動しだいで、次の模試で自己最高点を出すことが出来れば、自己最低点を取ったという過去は更新されて、自己最高点という素晴らしい現在に塗り替えられるのです。

 

そうなったら、「自己最低点を取った過去があったからこそ、今の自分があるんだ」と言えるかもしれません。

この考え方は、先程の西野さんのうけうりですが、なるほどと思ったので紹介しました。

近畿大学の卒業式のスピーチでこのような話をしていました。これだけではなく、もっと面白い話もしているので、気になった方はぜひ見てみてください!

 

さて、だいぶ話がそれてしまいましたが、「これから」の行動を変えていくための第一歩が模試の復習と言うことです!

やり方は人それぞれだと思いますが、とにかくまずはやることが大事です。やっていくうちに、今後の課題が見えてきます。

それを分析することで「これから」の行動の作戦を立てられるからです。

なので、まだ復習を終えていない人はすぐに復習を始めましょう!

早稲田大学法学部 2年 川内優人

 

★明日の開閉館時間★

10:00~19:00

2019年 6月 21日 時間もこつこつ! ~横山先生~

皆さんこんにちは。

最近は海外の俳優がマイブームの横山です!

時間の合間を縫って、マーベル作品を1ヶ月で13本観ることができました。大学の勉強と両立するのが大変ですが、制覇目指して頑張ります。

 

勉強に加えてバイトサークルなど、何かと忙しい大学生。

家に帰ったら〇時までに課題を終わらせて映画を観よう、と考えながら帰宅します。

大学生だから、と思う人もいるかもしれません。実際高校生よりは纏まった時間が取れると思います。

しかし高校生だって、時間を節約すれば余裕は作れるものなんです!

 

映画とは違い、2~3時間続けて時間をとる必要はありせん。分でも10分でも十分な勉強ができます。

 

例えば、通学時間

時間は人によりけりですが、私の場合は家から高校まで30分ほど。

部活が終わって、駅前で友達とお喋りしていた30分。

寝る前にスマホを触っている30分。などなど。

もし、今まで勉強に使っていなかったこれらの時間を利用できれば、余裕を持ってやるべき事を終わらせることができる気がしませんか?

受講や先生と約束した高マスの期限に追われることなく、丸1日オープンキャンパスに行ってみるくらいの時間も取れるような気がしませんか?

 

毎日コツコツ時間を貯めること。

それが上手な勉強方法を身につける第一歩です!

 

余った時間で予定の前倒し受講をするも良し。高マスを極めるも良し。2回目の復習をするも良し。オープンキャンパスに行くもよし。

オープンキャンパスに参加するメリットは6月18日の大森先生のブログにも載っているので、まだ読んでいない人はぜひ読んでみてくださいね。

上手な時間の使い方をマスターしましょう!

 

明日の開閉館時間

10:00~21:45

 

早稲田大学教育学部 横山千咲