向いている人って??~舘田先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2019年 11月 9日 向いている人って??~舘田先生~

 
みなさんこんにちは!舘田です。
 
先日、私が通う立教大学の学園祭、SPF(St.Paul’s Festival)がありました!私が所属している団体はカラフルなジュースを売りました!
私は立教に初めて来たのが一年前のSPFだったのでそれからもう一年経ったのか…となんだか気が遠くなるような……感慨深いような……(笑)
 
立教に入って一年後はこうして自分も学園祭楽しんでるのかなあと当時ぼんやり考えていた想像が大体その通りになりました。
しかし!!!
今の自分の状況において、一年前の私がまったく想定してなかったことが一つあります!!
 
それは、
 
 
東進ハイスクール武蔵小杉校で担任助手をしていること
 
 
です!
 
これだけは断言できるのですが、私は担任助手をやるつもりはこれっぽっちもありませんでした。
というよりも、「担任助手やらない?」と声をかけられるはずがないと思っていました。
 
理由はただ一つ、自分は向いてないと思っていたからです。
 
東進生として武蔵小杉校に通っていた頃の私は、質問に行くこともなく、担任助手の先生たちと大して話すこともなく、喋る友達も全然いませんでした!今振り返ってもめちゃめちゃ消極的!(笑)
 
なので担任助手やらないかと言われた時はただただ驚きました。
ですがやはり今まで沢山お世話になった先生たちにそう言ってもらえるのはとても嬉しかったです。
 
「でもなぁ…やっぱり私向いてないと思うし…」と悩んでいるときに校舎長が言ってくださった言葉が、担任助手をやる決意をするきっかけになりました。
 
 
「仕事ってチームでやるものだから。同じような人だけ集まってもいい仕事はできないんだよ」
 
 
この言葉のおかげで「私にもなにか武蔵小杉校でできることがあるかもしれない」と思うようになり、私は今こうして担任助手をしています。
 
もし担任助手に向いている人がいるとするならば、その条件はただ一つだと私は思います。
 
それは、
 
 
担任助手をすることによって成長したい
 
 
と思っている人です。
 
 
「成長したい」という気持ちがあれば、自分は担任助手に向いてないんじゃないか、と心配する必要はありません!
そしてその気持ちが強ければ強い人ほど、どんどん成長していける仕事だと思います。
 
最後に、武蔵小杉校の担任助手に「あなたの担任助手としてのはなんですか?」という質問をぶつけてみました。
 
 
 
川埜先生は、「自分が東進でお世話になった先生のような担任助手になりたい!!」と思って、担任助手になったそうです。
 
 
 
森先生は、「とにかく熱血な担任助手!!」を目指しているそうです。
 
 
そして私は「受験生が精神的に辛いときに寄り添って、支えてあげられる存在になりたい」というのが担任助手としての志です。
 
 
担任助手仮登録書はGMルームにあります!話を聞きたければ、担当の担任助手もしくは受付までお気軽にどうぞ(^O^)
 
 
立教大学文学部文学科日本文学専修一年
舘田海光
 

★明日の開閉館時間★

10:00~19:00