形からでも ~横山先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2019年 3月 4日 形からでも ~横山先生~

こんにちは!大学の成績発表があり、ほっと一息ついている横山です。

私は一息ついてしまっていますが、高校生のみなさんは新学年ということで受験に向けて意気込んで欲しいところです。

 

★昨日の質問★

自分の「受験生化」の一歩はなんですか?

 

私の「受験生化」の一歩は、部活を引退したことです。

私に限らず、部活の引退を機に行動を切り替える人はかなり多いのではないでしょうか。

私が部活を引退したのは3月なので気持ちの切り替えとしては遅いですが、実際に勉強に時間を割くことが出来るようになったのはこの時期でした。

私の通っていた高校は付属校のため受験する人は半数ほどしかおらず、さらに私の部は毎年夏の大会まで出場してから引退でした。しかし私の代はたまたま受験する部員が多く、夏の退会への出場は任意になりました。そこでやっと「もう部活ばかりしてる場合じゃないのか・・・!」と気付いたんです。何度も言いますが遅いです(笑)

気持ちがどうあれ、多くの時間を自由に使えるようになることは大きいです。引退に限らずこれから来る春休みなど、たくさん時間を使える時にしっかり勉強していくことが「受験生化」の第一歩です。なかなか受験生になる実感が湧かない人、気持ちが切り替わらない人は形から入ってみるのもいいのではないでしょうか。行動を変えることで、自然と受験生らしい習慣と気持ちが身につくと思いますよ!

 

さて、その「行動を切り替える」ということに関して、私が一番大切だと思っていることが一つあります。

それは後回しにしないこと!

「部活があるから」「テストが近いから」「学校のイベントがあるから」・・・。そんなこんなでやろうと思っていたことが全然進んでいない、そんなこと、よくありませんか?

早くから勉強を始めることはとても大事ですが、せっかく早くから勉強している人に限ってありがちなのが目標をズルズルと先延ばしにしていくこと。確かに時間は沢山あるかもしれませんが、遅くから始めた人につけられたはずの差はなくなってしまいますよね。どんどん先延ばしにしていった結果、自分より遅くから始めた人に抜かされてしまうなんてことも珍しくはないです。

東進生の人は担任助手の先生に言われて高マスや受講の目標を決めている人が多いと思いますが、一度決めた予定は絶対に守ることを肝に銘じましょう!

しっかり進めようとしていたとしても、部活、テスト等々で崩れがちな予定。あると思っていた余裕なんてすぐなくなってしまいます。

早め早めの行動を意識して勉強を積み重ねていきましょう!

 

 

★明日のブロガーへの質問★

勉強が手につかないとき、何から始めていましたか?

 

 

☆明日の開閉館時間☆

11:30~21:45

 

早稲田大学教育学部 横山千咲