明治大学が川崎にもあるって知ってますか?~鬼塚先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2018年 11月 24日 明治大学が川崎にもあるって知ってますか?~鬼塚先生~

こんにちは!鬼塚です。ブログ更新するの久しぶりだなーと思いつつ、今までのブログを遡っていくと、何と前回の更新は2ヶ月ぶりでした。皆さん、お久しぶりです。
 
さて、久しぶりのブログで何を話すかといいますと、我らが明治大学生田キャンパスの特徴についてご紹介したいと思います。
 
明治大学生田キャンパスは川崎市多摩区にあり、理工学部、農学部の大学1〜4年生、及びその大学院生が通っています。ちなみに私は理工学部です。
 
 
①大学進学→就職まで
 
上のフローチャートは私の所属する電気電子生命学科生命理工学専攻の場合です。文系の学生にはゼミというものがあるように、理系の学生は上級生になると研究室に配属されます。学科によっては2年生から配属されることもあるそうで、この研究室で、1、2年で学んだことを活かして、自分の研究をしていくそうです。卒業後は、就職する人もいますが、4年間ではとても専門的な知識を学ぶのは大変なので、より深く学びたい人は大学院に進学し、そのまま研究をしていきます。就職する人と大学院進学する人は半々くらいだそうです。
 
②大学での一日
 
 
 
これは上が1年春学期の時間割、下が今、2年秋学期の時間割です。赤色になっているのが、学科の専門科目です。こんな感じで学年が上がるに連れて、専門科目が増えていきます。3年生にはほぼ全て専門科目になります。さらに、3年生からは研究室にも配属されるので、授業以外でも、研究等の活動が増えていきます。授業の後はサークル活動や、アルバイト等、学生それぞれが自由に過ごしてます。
 
③ここは他大学、他キャンパスに負けてない!
2つあります。1つ目は、図書館です。生田キャンパスは理系のキャンパスなので、理系の専門書が豊富です。研究や調べものをするのにとても便利です。自習できる場所がたくさんあって、Wi-Fiも使えるので、とても便利です!
2つ目は広大な敷地を活かしたです!農学部エリアには広大な畑があります。詳しいことはわかりませんが、いろいろ育ててるみたいです。たまに生協にも売ってます。これは都会の大学にはまずないでしょう。
 
このブログだけでは紹介できないくらいまだまだ魅力がたくさんあるので、興味のある方はぜひ来てみてくださいね!
 
★明日の開閉館時間★
8:30~19:00
 
明治大学理工学部2年
鬼塚 晃弘