横浜にある多摩高校??~舘田先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 1日 横浜にある多摩高校??~舘田先生~

みなさんこんにちは、舘田です!

最近久しぶりに風邪らしい風邪をひいて喉と鼻をやられました。いまだに治らなくて声が野太いです……(泣)

新学期が始まってしばらく経ち、疲れがたまる頃なのか体調崩してる子もちらほら見かけるので休む時は休む!頑張る時は頑張る!メリハリをつけるようにしていきましょう!

 

さて、今日は私の母校について紹介します!武蔵小杉校では知名度が低いので是非この機会に知ってくれると嬉しいです。

私が通っていた母校は「横浜緑ヶ丘高校」といいます。通称「緑高」です!

校風はみなさんよくご存知の多摩高校と近いものがあるので、ざっくり説明したい時、私はよく「多摩高校の横浜バージョン!」と言っています(笑)

最寄りは横浜中華街の近くの「山手駅」なのですが、この学校の特徴は名前からも分かる通り丘の上にある!ということです。

むしろ丘ではなくて山と言いたいレベルです。最寄り駅から学校まではもはや登校ではなく軽い登山です。駅出てすぐにある坂を「ふぞく坂」というのですが本当にめちゃくちゃ急です……(気になる人は検索してみてね)

地理の先生によると3年間の登下校だけでエベレスト登れちゃうぐらいの高低差だそうです。すごい。

 

そして緑高のもう一つの特徴、それは校則がないということです!!よって生徒手帳もありませんでした。

ここで見ていただきたいのがこの写真です。

お分かりだと思いますが卒業式の日です。にも関わらず制服がバラバラ!!

入学してから卒業までの3年間、学年全員の制服が揃う日が1日もありませんでした。校則がないとこうなります(笑)

また生徒指導もなくなるので先生方もゆとりを持って生徒に接してくれていたような気がします。私は特に様々な先生にお世話になりっぱなしの三年間だったので、親身になって相談に乗ってくださったり励ましてくれた先生方には本当に感謝しています。

大学では教員の方と深く関わることがどうしても難しくなってきてしまいます。なので現在高校生のみんなには、友達なども含めた「人との出会い」を是非大事にしてほしいと思います。

 

話は変わりますが、特に高校三年生の皆さん!夏休みまであとどのくらいか把握してますか??

学校にもよると思いますが、今週末も含めてあと8回ほどの土日を経て夏休みに突入してしまいます!!

毎年多くの受験生が開館から閉館まで校舎で勉強に励んでいます。しかし毎日長時間勉強するという生活を急に始めるのは精神的にも体力的にもなかなかキツイです。そのためにも土日を利用して徐々に慣れていってほしいです。

残り8回という数字をどう捉えるかはあなた次第です!!悔いの無いように週末を活用して夏休みを迎えましょう!

 

立教大学 文学部 文学科 日本文学専修 1年 舘田海光

 

★明日の開閉館時間★

10:00~19:00

 

 

全国高校生テスト申込みやってます! 是非みんなの今の実力を測ろう!!