可能性を広げよう~大西先生~ | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ

2019年 9月 17日 可能性を広げよう~大西先生~

皆さんこんにちは!大西です。

先日、人生初の海外旅行・台湾に行ってきました。

↓写真は、「千と千尋の神隠し」の舞台として有名な九份という町で撮った写真です。↓

高校生までの私は「海外なんて怖いから行きたくない。国内旅行だけで十分だ」と思い海外旅行に抵抗感を感じていましたが、いざ海外に行ってみると日本との文化の違いが目に見えてわかる環境が新鮮で楽しかったです。

 

ところで東進生の皆さん。9月27日(金)に何があるかご存知ですか?

正解は、サイエンスセミナーです!

こちらのイベントでは、科学分野においてしい発想で分野を開拓する若手研究者に贈られる、“永瀬賞”を受賞した先生方に講演していただきます。

今年講演してくださる先生は、武部 貴則先生林 悠先生です。

武部先生が専門とされるのは、再生医療広告医学という2つの分野です。

再生医療とは簡単に説明すると、人間が持っている再生能力をうまく利用して、障害を受けた組織や臓器を正常な状態に回復させることにより、病気の治癒へ導こうとすることです。この研究の中には人工臓器作製も含まれています。武部先生はヒトiPS細胞から、ミニ肝臓を作ることに世界でめて成功した先生です。

次に広告医学とは、人を動かす広告の手法を活用し、不健康な人たちが病気になる前に介入し、病気を予防する学問です。これまでの医学は発病した人に対する処置を考えるものでしたが、この学問においては発病していない人が病気にならないようにすることに焦点を当てているのです。これを武部先生は”医学の再定義”と呼んでいます。

では、二人目の林先生が専門とされている分野は何でしょうか。

正解は睡眠です。

生物が生きていくうえで欠かすことが出来ない睡眠。しかし、睡眠という行動は意識が低下するので生命の死へのリスクが上がってしまいます。一見不利益に見えるこの行動。なぜこのような生理現象を生物は所有しているのか、具体的なところまでわかっていないのが現状です。林先生はまだ分からないことが多くある睡眠と分野を研究されています。

個人的には人はなぜ睡眠を必要とするのかというテーマを研究されている林先生のお話はとても興味があります。

現にこのイベントに行こう!と担任助手から声を掛けられている人も多いと思います。

「でもなあ…あまり興味ない話だし…行きたくないなあ…」なんて思っているそこの君。

ちょっと待ってください!!!

さっき私が最初にはなしたことを覚えていますか?海外旅行に抵抗を感じていた私ですが、いざ行ってみると新しい発見が多くあり自分の視野が広くなったという話をしました。

こういうイベントに対して消極的な思いを抱いていても、実際行ってみないとその回が面白いかどうかなんて誰もわかりません。

サイエンスセミナーで講演してくださる先生方は、二人とも自分が学びたいこと・やりたいことを研究されている方たちです。そのような先生に話を聞くことで自分の将来について考える良い機会ともなります。

自分の将来の可能性が広がるし、面白い話を聞けるなんて一石二鳥ですね!

このイベントは定員になり次第締め切りとなります。

東進生のみなさんは早めに担任助手の先生に申込みしてくださいね!

 

東京学芸大学 教育学部 2年 大西百合香

★明日の開閉館時間★

13:00~21:45