6月 | 2018 | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 2018年06月の記事一覧

2018年 6月 30日 もう7月に入りますよ!~小川先生~

 
7月を目の前に気温も日差しも夏らしくなってきましたがみなさんいかがおすごしでしょうか?千葉大学工学部医工学コースの小川です!
 
過去のブログ↓
 (コピーして貼り付けてください)
 
 
本日のの東進ブログは二本だてでお送りします!!
 
 
・広尾学園②この時期と言えばスポフェ!
 
・夏と勉強と参考書
 
 
 
という感じです。
 
前回の更新は一ヶ月ほど前ですが、前回に引き続き広尾学園の行事についてご紹介します!
この時期体育祭が開催される学校が多いのではないでしょうか。広尾学園でも約一年前のこの時期にスポーツフェスティバルと呼ばれる体育祭がありました。通称:スポフェはほぼ毎年等々力アリーナで行われました。とどろきアリーナは東進ハイスクール武蔵小杉校から近いですね。
 
広尾学園のスポフェはクラスごとの七つの色に分かれていてそれぞれの色のTシャツを着ます。競技は体育祭で定番のリレーや大縄、棒とり、大玉ころがし、応援合戦、部活発表に部活対抗リレーなどがありますが一番の目玉は高校三年生の集団演技です!
集団演技は三月から体育の授業でふりを入れ始めて、スポフェまぢかになると昼休みなども練習します。毎年学年によってどのような集団演技にするかは変わりますが、去年の私たちの代は 旗を振る集団演技と、サイリウムを使っての集団演技でした。
 
最初はバラバラだったクラス、学年も練習を重ねるにつれて、全員で一つの大きなものを作り上げるという意識が芽生えていき なんとか発表をすることが出来ました。
一年前ですがあの何とも言えない達成感 は得難く貴重な経験でした。また、全員でオリジナルTシャツを着て演技したのですが今では宝物になっています(笑)
こんな感じです!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
またこれから夏が始まっていくと思いますが、夏の準備はできていますか??
東進生の方ならもう受講が終わりそうな人も多いのではないでしょうか。
 
 
これからの勉強について少しだけ話していきます。
 
 
夏になると毎日十時間以上勉強していきますが、その際に気を付けてほしいのは最大限集中できているかと言うことです
 
 
だらだらとやっていてはいくら同じ勉強時間でもライバルと差が開いてしまいます。
工夫の仕方は人それぞれで良いと思いますが、私の場合は
①普段から参考書や問題集で一番集中しているときに、その問題を解くのにどれくらいの時間がかかるのかを把握して
②大まかに学習の計画を立てて
③常に最大限に集中して問題集を進めていき
④一日が終わったら各科目何時間勉強したかを書く
のようにやっていました。
 ③のポイントは好きな科目からやって飽きてきたら他の科目に移るようにしていました。計画をもとにどの科目かが割合が多くなってしまったら、微調整をしていくという感じにしていました。
 
私のように勉強する必要はありませんが、参考にして自分なりに工夫して集中力を高めていってください!!!!!
 
★明日の開閉館時間★
 
8:30~19:00
朝登校してくださいね!
 
 
 
 
 
千葉大学工学部医工学コース 小川日鶴

2018年 6月 29日 ~成功者はみんなやっているPOCAとは~田中先生

こんにちは、シンプルに田中峻介です!?
シンプル!?って何って思った人、昨日のブログ見てください。僕も分かりません。。。
 
先日の全国統一テストもおわったので、今回はPDCAサイクルの話をさせて頂きます。
皆さんPDCAサイクル知っていますか!?
仕事ができる人はだいたい皆さんPOCDしているといわれています。
受験勉強でももちろんPDCAは有効なのでお話させていただきます。
POCD=Plan(計画),Do(実行),Check(評価),Action(改善実行)です。
 
計画とは勉強プランのことです。
実行とは計画を実行することです。
評価とは何がよかったのか、悪かったのかを明らかにすることです。
改善実行とは、よかったものを継続し、悪かったものを改善し再計画、再実行することです。
これが1つでもかけると点数が伸びづらいですね。
計画なしにひたすら勉強するのは非効率です。
実行しないのはバカ野郎です。
評価しないのは自己分析ができていないということです。
改善実行しない人は同じ過ちを繰り返します
どれが欠けても点数が伸びにくくなることはわかりますよね?
 
これの具体的な方法を書きます。
まず、手帳にいつまでに自分が何をしなければならないのか書き出します。(計画
次に、手帳を1日にこまめに見ながら計画を確実に実行します。(実行)
次に、今回受けた模試の帳票を見て、自分の得意、不得意、なぜ点数が伸びたのか、点数が伸びなかったのか原因をを明らかにします。(評価)
次に、原因をつぶすための改善策を考えます。(改善実行)
そして、再び改善策を盛り込んだ計画を立てます。(計画)
このように計画を東進模試ごと(2か月に一回)やりましょう。
このサイクルをしていれば点数が伸びる予感しかしないでしょ!?
皆さん自分で絶対にしましょう。
 
内部性は評価する場が模試後面談だということを意識しましょう。
模試後面談は自分で出来ない部分を担任助手の人が評価、改善を手伝ってくれる場なので、無駄にしないように有意義な時間にしましょう!
 

立教大学 理学部 2年 田中峻介

 
 
★明日の開閉館時間★
 
11:30~21:45
 

 
 

2018年 6月 28日 耳にたこ~濱野先生~

こんにちは!シンプルに濱野です!

 

毎日ブログを見てくださってる方々はお気づきだと思いますが、このブログには頻繁に模試復習や高速基礎マスター、計画立てというワードが出てきていますよね?

 

何度も何度も言われていて、「もう聞き飽きたよ。」と思う人もいるかもしれません。

多くのスタッフがこのワードを出す理由は分かりますか?

 

それはもちろん大切だからです。

 

受験勉強には人それぞれのやり方があって、人によって合う勉強法と合わない勉強法があります。

それにもかかわらず高速基礎マスター、計画立て、模試復習などはいろんな人がおすすめしていますよね。

誰にでも当てはまるものだからです。

もう終わってるというひとは次のステップへ。まだできていない人は確実におさえていきましょう。

 

ちなみに私の生物オススメ勉強方法は

流れ学習です!1つのことを覚えたら、どうしてそうなるの?どういう時にそうなるの?と疑問を自分で見つけていろんなところから派生させて覚えていました!時間はかかりますが、記憶に残り易くとても覚え易いので是非やってみてください!

 

北里大学 看護学部 2年 濱野奈月

 
 
★明日の開閉館時間★
 
11:30~21:45
 

 
 

2018年 6月 27日 夏までにするべき3つのこと!~黒田先生~

こんにちは、黒田です!

あっという間に梅雨が明けて一気に暑くなり、すっかり夏らしくなってきましたね。
 
 
夏といえば、昨日部活の先輩からお腹に貼るだけで腹筋を鍛えられるマシンを頂いたので、筋トレもしつつ夏までに腹筋を割りたいなぁと考えてます。
 
皆さんも夏に向けてやるべきこと、あるのではないでしょうか??
 
パッと思いついた方、本当にそれで大丈夫ですか??また、何も思いつかなかった方は要注意です!
 
 
そんなわけで、今日は高1・2生受験生に分けて、「夏までにするべき3つのこと」をご紹介したいと思います!
 
 
~高1・2生編~
 
①志望校、志望学部を決める!
 
志望校や志望学部を決めることは、今後の受験勉強の計画立てやモチベーションの維持に大きく関わります。
 
まだ志望校が固まっていない人もある程度決まっている人も、パンフレットを取り寄せたり、オープンキャンパスに行ってみるなどして、きちんと決めていきましょう!
 
志望校が決まったら、受験科目や配点を調べるのも忘れずに。
 
これからの勉強の大まかな方針を決めるのに必要です!
 
 
②勉強習慣をつくる!
 
高1・2生の夏休みは、部活や宿題やその他いろいろな予定があって忙しいですよね。
 
しかし!それは勉強をしない理由にはなりません!
 
一日中予定が入ってしまっている日も、電車に乗っている間や寝る前の時間などを活用して、どんなに短い時間でも毎日勉強する習慣をつけていきましょう。
 
今のうちからスケジュール帳などに予定を全て書いて、空いている時間を把握して、細かく勉強計画を立てていきましょう。
 
計画を立てるのが苦手な方は「〇曜日は英語を絶対やろう!」「この週は数学の問題集を終わらせよう!」といった感じで、ざっくり決めてみるのがオススメです。
 
 
③苦手科目の克服&基礎の徹底!
 
高1・2生の間は無理に難しい問題に挑戦したり、難しい単語や細かい知識を覚えるよりも、苦手科目の克服基礎の徹底に力を入れましょう。
 
模試の結果をもとに苦手科目や各科目の苦手分野を見つけて、基本部分をしっかり固められると、受験生になったときに痛い目を見ずに済みます!
 
 
~受験生編~
 
①受講を終わらせる!
 
GMなどで担任助手が何度も伝えているかと思いますが、受験生の受講期限は今月末までです
 
それはなぜか…?
 
7月からはセンター演習に本格的に取り組むための時間を確保しなくてはいけないからです。
 
 
受講コマがまだ残っている方は、合格設計図も活用して「残りコマ数はどれくらいなのか」「1日何コマやればやらなければならないのか」をしっかり確認して実行していきましょう!
 
また、受講はただ終わらせるだけでは全く意味がありません。
 
授業後の確認テストと修了判定テストも全てSSにして、一つ一つの理解度を高めましょう!
 
 
②高速基礎マスターを完璧にする!
 
高速基礎マスターの英語三冠(英単語1800、英熟語750、英文法750)はもう全て完修していますか??
 
完修していない方は急ぎましょう!受講と同じく6月中に全て完修していないと、今後の勉強計画が崩れていってしまいます…。
 
また、3つとも完修している方はそれで安心してはいけません。
 
完修した後もしっかりトレーニングできていますか??
 
単語や熟語はしばらく離れているだけで一気に忘れてしまいますので、反復練習に力を入れると定着します
 
範囲の中から何が出題されても絶対に95%以上正解できるようになるまで、毎日触れるようにしましょう!
 
全て完璧と言う方のなかで、有名大志望の方は上級英単語1000、難関大志望の方はさらに上級英熟語500もどんどん進めていきましょう。
 
 
③センター演習の量を増やしていく!
 
夏休み中ももちろんセンター試験に向けて実践演習をしていきますが、夏休みから急にたくさん演習する自信はありますか?
 
演習量を増やすだけではなく、演習そのものに慣れるためにも今からしっかりセンター対策を行っていきましょう!!
 
 
 
いかかでしょうか。
 
夏休みはとても長いですがやるべきことが決まっているので、夏休みがあれば何でもできると思ったら大間違えです
 
夏休みに計画通りに勉強できるよう、今から準備していくことが大切です。
 
ちなみに東進の夏休みは7月20日からで、夏休み期間中は、開閉館時間が7:00~20:30になります!!
 
受験生が夏休みにするべき勉強時間の目安1日15時間とされていますので、少なくともこの13時間半は確保しないと合格が遠のいてしまいます
 
夏休みを最大限活用できるように、勉強面の準備だけではなく、生活リズムを整えたりもして頑張っていきましょう!
 
それでは!
 
 
法政大学 社会学部 社会学科 2年 黒田英里馨
 
 
★明日の開閉館時間★
 
11:30~21:45
 

 
 

2018年 6月 26日 あと60日で~秋山先生~

 

 

 

おはにちこんばんは!秋山です(^^)

タイトルにもあったように、あと60日である大事な何かがやってきます。さてそれは何でしょう。

 

…そうです大正解!8月模試です。

え、この間6月模試(全国統一高校生テスト)終わったばっかやん。と思ったそこの貴方。

そうです、終わったと思ったらまた次の模試がやってくるのです!

しかも、受験生にとってはかなり重要とされている8月模試。

ではどんなことをやるべきなのでしょう??

今日は私が実際に8月模試に向けてやっていたこと・やるべきだったことを紹介していきたいと思います♪

 

①センター過去問演習講座

この話、聞き飽きた人もいるかもしれません。ですが聞き飽きるくらい皆が口をそろえて言う=超大事!っていうことです。

具体的に何をしていたかと言うと、

・英語大問2を1日5セットずつ

・英語大問5・6を1セットずつ

を必ず。大問2は間違えた問題にでてくるフレーズを音読室で何度も読み上げ暗記しました。

 

②高速基礎マスター

え、基本中の基本でしょと思ったそこの貴方。英単語1800、熟語750、英文法750、毎日全て演習出来ていますか?

この時期から、3講座全て毎日100問以上は触れるようにしましょう。毎日続けることで、安心して本番を迎えられますよ。

 

60日間、全てを無駄にせぬよう、絶ゆまぬ努力をしていただきたいと思います。

がんばっていきましょう。

★明日の開閉館時間★

11:30~21:45

 

法政大学文学部日本文学科2年

秋山奈菜子