7月 | 2019 | 東進ハイスクール武蔵小杉校|神奈川県

ブログ 2019年07月の記事一覧

2019年 7月 31日 夏がきた~!!~川埜先生~

こんにちは!!!!梅雨も明け、最近は暑すぎる日が続いていますね!!夏は好きですが人一倍汗かきなので大変です、、川埜です!!

昨日ついに携帯できる扇風機を買いました!!これで暑い夏も乗り切れそうです、、!

 

 

大学も夏休みに入りました!大学は受けられる授業が基本的に夏休みを挟む前期と後期で変わります!ちなみに私に前期の授業は16コマ、後期の授業は11コマあります!受けたい授業を自分で組み立てるんです!そんな大学の授業を今から受けることができるチャンスがあるんです!!!それは、、、?

 

 

オープンキャンパスです!!私が通う中央大学は83&84です!!!実際に大学の教授の授業が受けられます!!また説明会に参加することで新しくやりたいと思えること興味のあることに出会えるかもしれません!私も実際大学のオープンキャンパスで新しくやりたいと思えることに出会いました!そして来年その内容のもっと専門的な授業を取りたいと思っています!!やりたいことがある人も、何をやりたいかまだ決まっていない人もぜひ参加してみてください!!

またオープンキャンパスでもう1つの楽しみは学食ですね!中央大学で1番のオススメはテレビにも登場したことがある“キムラ君”です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キムチとラー油でキムラ君です!ぜひ覚えてくださいね!!ちなみに人気ですぐに売り切れてしまうんです、、

 

毎日暑いから、、少しでも暑くない時間に東進に行きたくありませんか??8月いっぱいまで東進は8時開館です!!!暑くなる前に!みんなが勉強を始める時間より早く!東進に来て頑張りましょう!!!!

 

中央大学 総合政策学部1年 川埜真希

★明日の開閉館時間★

8:00~20:30

 

 

2019年 7月 30日 自分の学びたい事を学べる場所~森先生~

こんにちは!金曜日にテストが終わって夏休みに突入しました、森です。
早稲田大学 教育学部 理学科 地球科学専修ときいて、みなさんは何をするところだと思いますか?名前だけだとイマイチ分からないという人が多いと思います。そこで今回は地球科学専修の授業について話していきます!
地球科学専修では主に地学を専門として学ぶ専修です。教科としては地学は「惑星地球科学入門」「地質学入門」があります。

「惑星地球科学入門」は名前の通り惑星の事や地震について等をやっています。大きな地震が起こった次の日などは、すぐに詳細なデータが授業で出てきます。僕は元々環境などにも興味があったため、タイムリーな授業でとても楽しく学べています。

「地質学区入門」は鉱物の構成元素についてやマグマの成り立ちについて等をやっています。高校時代に化学をやっていなかったので結構苦戦しています笑。大学受験に使わない科目もある程度やっておくと大学に入ってからも強いかもしれません。

このように大学は自分が学びたい事を専門的に学べる場所です!

行ってから後悔しないように本当に自分が学びたい事を見つけて、志望校を決定しましょう。そのためには、オープンキャンパスなどを活用することが大切です。この夏を有意義に使って自分の志望校・夢を発見しましょう!

早稲田大学 教育学部 理学科 地球科学専修 1年 森 太一

★明日の開閉館時間★

8:00~20:30

 

 

2019年 7月 29日 めいじろうに会いに来よう!!~寺田先生~

こんにちは!!!寺田です(^^)

梅雨もあけて暑い暑い夏がやってきてしまいましたね… 

私は冬生まれなので夏は苦手です。アイス食べてばっか、冷たい飲み物飲んでばっかだと夏バテになってしまいますので皆さん気をつけましょう!!

私はそんな時は梅干し食べて回復します。オススメです。

 

そんな夏に、各大学ではオープンキャンパスが行われていますね!

皆さん行く予定は立てていますか??

オープンキャンパスは

ぜっっっっっっっっっったいに行くべきです!!!

オープンキャンパスにいく意義①

モチベーションの向上

⇒第一志望の画工に自分の足で向かう事で、「この学校に行きたい」と言う気持ちが明確になります。

そして勉強を頑張ろうという気にもなります。

オープンキャンパスにいく意義②

視野を広げる

⇒志望が決まってない状態で行ってみて、実際に抗議を受けたりすることで、足りたい事が見つかったり、やりたいことを更に深める事に繋がります。

オープンキャンパスにいく意義③

気分転換

⇒ずっと勉強ばっかりで勉強を投げだす前にまずオープンキャンパスに行って気分転換をしましょう。

 

わたしは早稲田大学のオープンキャンパスに行きましたが、学食のから揚げがそれはそれはおいしくて感動したのを覚えています。

そこから、やっぱり早稲田に行きたいと思い勉強に励んだのを覚えています。

少なくとも第一志望は必ず行って下さいね!!

 

私の通う明治大学でも、オープンキャンパスを実施しています。

文系は駿河台キャンパスでやっているので、是非きてくださいね!!

みんなの人気者、★めいじろう★も待ってます。

< 待ってるよ!!

明治大学 文学部 英米文学科 1年 寺田千春

 

★明日の開閉館時間★

8:00~20:30

 

 

2019年 7月 28日 オープンキャンパス~神谷先生~

 テスト期間に入って焦っている神谷です。

7月26日から自分の通っている大学では学期末テスト期間に入ったのですがなかなか勉強に集中できていなくてその理由の一つが前回も書いたんですがゲームにはまっているからです。最近自分の中で一番はまっていつのがポケモンGOです。

 そろそろ本題に行きたいと思いますが、皆さんは今年の夏、オープンキャンパスに行く予定はありますか?行くよ」って思っている人もいると思いますし「オープンキャンパスなんて行く必要なんてあるの?」とか「受験生じゃないからまだ…」って

思っている人もいると思いますので今回はオープンキャンパスの必要性などをお伝えしたいと思います。 まず、オープンキャンパスとは学校の施設を公開

し、学校に関心のある学生やその家族に学校のことを知ってもらうためのものです。そのため、オープンキャンパスに行く事によって普段では入れない校舎内

に入れたりしたりその大学に通う学生から色んな情報を得ることができ、その大学についてより知る事ができます。大学のことなんてインターネットで調べれ

ばいいじゃんと思うかもしれませんか、大学の雰囲気などは実際に行ってみないと分からないですし、自分が通い始めてから雰囲気が合わないとかなると勿体

無いと思うのでインターネットだけではなく実際に大学に行ってみるべきだと思います。 大学によっては申し込みが必要なところもあるので気をつけてくだ

さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京理科大学 1年 神谷直樹

★明日の開閉館時間★

8:00~20:30

2019年 7月 26日 中学生になりきって~横山先生~

みなさんこんにちは!

今日大学のテストが終わった横山です!あとはレポートを6本書けば夏休み到来です。ワクワクしてます。

 

さて、大学の授業紹介ということで、私の通う

早稲田大学 教育学部 国語国文学科 についてお話します。

 

その名の通り、教育国語について学べる学科です。

そんな私の時間割がこちら↓

青が教育関連の授業、赤が国語(文学)関連の授業です。(黄色は語学です)

 

なるほど名前の通りだな!教育と国語ね!と理解して頂けたと思います。

 

ところがどっこい。

 

なんと教育学部を名乗りながら、教育関連の授業は取らなくても卒業できちゃうシステムなんです!

なので文学を学ぶためだけに入学した人もたくさんいます。

文学部と似た授業が多いとも言われていますよ!

 

さてさて、授業の中身ですが、教育国文ならではの「国語科教育法」という授業について少し紹介します。

 

この授業では、国語の先生になりたい学生がクラスメイト相手に模擬授業をします。私は芥川の「羅生門」をやりました。

この授業では基本的に中学生や高校生を想定して授業を作っていきます。

なので

 

先生役「皆さんは公立中学校の1年生を想定してください」

いい年した大学生「はぁーい!」

先生役「まずはみんなで教科書を読んでみましょう!」

20歳前後の大学生「はぁーい!」

先生役「この主人公のセリフは何を表していますか?」

夢から覚めた大学生「贖罪」

 

みたいな感じです。色々な意味で面白いです。

 

国語科教育法で授業のやり方について教えてくれる先生は、実際に中学や高校で国語を教えている・教えていた先生が多いです。

なのでリアルな現場の話をしてくれたり、的確なアドバイスをくれたり、駄々をこねる中学生に足止めされて授業に汗だくで来たりします。

 

ひとえに「教育学部」と言っても、学ぶ分野によって全く違う授業が開講されているので、気になった方はぜひ調べてみてくださいね!

 

早稲田大学教育学部 2年 横山千咲

 

 

★明日の開閉館時間★

8:00~20:30