合格体験記 | 東進ハイスクール 武蔵小杉校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

現役合格おめでとう!!
2022年 武蔵小杉校 合格体験記

筑波大学
医学群
医学類

中川佑里子 さん

(白百合学園高等学校)

2022年 現役合格
医学群
 私は高校2年生の夏に東進の無料体験講習を受け、その後 入学しました。当時はまだ数3の勉強を始めていなかったのですが、東進の授業は自分のペースに合わせて進められるので、数3の予習を普段の勉強と並行して負担無く始めることができました。 授業を受けるときに一番大事にしていたのは、考え方のプロセスを学ぶことです。問題文のどこにヒントがあるのかや、どのような順番で考えていくのかを解説して下さるので、それを意識してノートを取るようにしていました。苦手だった二次試験形式の模試でも記述できる量が増え効果を実感できました。受験期を含めた高校3年間、朝型の生活と学校中心の勉強スタイルを続けてきました。演習量を確保したい科目を東進で予習し、学校での授業やテストの度に復習していくことで基礎を短期間で固めることが出来ました。 また、家で勉強することが多かったのですが、モチベーションが下がったときに、ホームルームやチームミーティングで刺激を受けて気持ちを切り替えられたことが支えになりました。自分に足りないことを見つけたり、自分の立てた1週間のスケジュールを守って勉強したりしてきた習慣は、大学に入ってからも役立つと思います。医師になりたいという気持ちが強い原動力になっていた受験期のことを忘れずに過ごしていきたいです。

北海道大学
文学部

多加喜 太輔 くん

(サレジオ学院高等学校)

2022年 現役合格
文学部
 受験において大事なことは、情報収集であると思います。もちろん基礎学力があることが前提ですが、情報収集によって相性の良い入試形態や穴場を発見し、模試の成績以上の偏差値帯の大学に合格したということはしばしば見受けられます。大学入試前に自分の将来を具体的に思い描いている生徒がどれだけいるでしょうか、そうは多くないはずです。とりあえず少しでもレベルの高い大学を目指すという生徒が多いので、有利な方式で受験することにこしたことはないと思います。様々な入試が行われていますが、その存在を認知されていないものが多いです。 模試の成績が良くても不合格という結果に終わる人がいる一方、情報収取を徹底したことで模試の成績以上の結果を残した人も大勢います。よって、大学受験において情報収取は欠かせないことだと思います。これは授業選び、講師選びにも共通します。授業選び、講師選びは合格する確率を上げる重要なものであり、これを失敗すると授業が全く無意味なものになりかねません。ここまで長々と書きましたが、結論としては「東進を活用すべし」ということです。

慶應義塾大学
理工学部

青木陽 くん

(サレジオ学院高等学校)

2022年 現役合格
理工学部
 受験は単なる通過点ですが、それは大学に入学した人から見た視点であり、受験生であるうちは限られた枠を他の受験生と競い合うことにすぎません。つまり、大学での勉強に思いを馳せつつも、いかにほかの受験生よりリードするかが、合格するための至上命題なのです。 僕は早期に基礎を固めたおかげで、数学を多用する物理、化学の理解の助けになり、共通テストの点では英語がほぼ満点をとれるほどに成長しました。それはひとえに、隔月で行われる模試を活用して、ほかの受験生の得意・苦手、私の得意・苦手を分析し、人よりリードを図ることを明確にしたからだと考えています。さらに、添削つきの志望校別単元ジャンル演習講座では徹底的に一点にこだわることで、自分の弱さを克服しました。 結果として、僕の受験の目標は十分に果たせ、そもそも、目標を持たずに過ごしていた僕がいま、高校三年間を振り返ると、何か学んでみて見える景色があると、勉強を毛嫌いする人に伝えたいです。 東進では自分の将来の職業選択や学問の入り口を紹介する仕組みがあります。一度活用してみてはいかがでしょうか。

慶應義塾大学
文学部

秋鹿 幸也 くん

(攻玉社高等学校)

2022年 現役合格
文学部
 僕は高校2年生の11月に、周りの同級生にリードされていることに焦りを感じて東進に入学し、受験勉強に取り組み始めました。僕は英国社すべての教科の基礎が固められておらず、特に英語は偏差値30台と悲惨な状況でした。それでも東進の高速マスター基礎力養成講座や受講を日々こなすことで基礎学力を底上げし、着実に自信をつけていくことができました。 また毎日登校を継続し、担任助手の方々にアドバイスをいただきながら友達と切磋琢磨して、勉強机に向かうことができたのも合格の一因だったと思います。 勿論、長時間やればやるほどいいというわけではないと思います。受験までの時間は限られているので、その中でどれだけ効率の良い勉強ができるかが肝心だと思います。その点、東進では高速マスター基礎力養成講座や志望校別単元ジャンル演習講座、夏には第一志望の過去問を始めたりと、効率的かつ合格へ最短ルートで進むことができるシステムが揃っています。そのおかげで志望大学の傾向をいち早く掴み、自分に足りない部分を補う効率的な勉強をすることができました。

明治大学
政治経済学部

津久井楓 さん

(多摩高等学校)

2022年 現役合格
政治経済学部
 東進は私のモチベーションを上げてくれました。高校に入ってから勉強に一切やる気が出なかった私は、とりあえず東進に入りました。充実した自習室で周りに勉強してる人がたくさんいる環境や受験生に向けたイベントが多くあって、毎日東進に行くことやイベントに参加することで本当にやる気が出るようになりました。 東進の共通テスト対策を行った後の夏の模試ではとても成果が出たので、やってよかったと思いました。志望校別単元ジャンル演習講座は多すぎて終わらないと思ったため、自分に必要なものを優先しました。世界史の記述は詳しく解答してくれるのでとてもよかったです。 私は英語が苦手でしたが映像による授業は発音の良い先生が長文をたくさん読んでくれるため耳が慣れて、英語の楽しさを知れました。しかし、第一志望の入試で戦えるほどできるようにはなれなかったのが悔いです。大学では英語を頑張りたいです、そして将来の幅を広げて4年間でやりたい職業を見つけられるように頑張ります。 最後に、担任の先生たちは最高でした。とても意識が高く、私の夢のまた夢のような志望校を全く否定せず、悩みも親身になって聞いてくれました。校舎長の方、担任の先生たちには本当に感謝しかありません!

校舎情報

武蔵小杉校

武蔵小杉校
地図
川崎市中原区小杉町1-403
武蔵小杉STMビル5F ( 地図 )

電話番号0120-165-104
(または044-738-1455)